自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 檜の家

檜の家

檜っていったいどんな素材?

檜は古くから建築材として使われてきた素材で、清水寺や歌舞伎舞台の素材として知られています。切られてからも曲げたり圧縮したりといった工程を経ることで、強度が高まるのが特徴。そのため、耐久度の高さや性能が評価されています。

千年前から住宅・寺社仏閣の素材として用いられたという記録もあり、築何百年を誇る建築物がいくつも残っている檜。数世紀も姿を保っていることから高い強度がうかがえます。現在でも伊勢神宮の建て替えには、高品質な木曽ひのきが使用されているそうです。

メリット・デメリット

お寺や歌舞伎などの舞台に使われるほど頑丈な檜は、耐久性の高さや調湿・断熱などの効果を持つ木材として住宅にも用いられます。また、含まれる精油成分には防蟻効果やリラックス効果といったメリットも多く、建材としてかなりおすすめの木だといえるでしょう。

しかし、そんな檜にももちろんデメリットはあります。知らずに住宅を建ててしまうと後々のメンテナンスが大変になるため、事前にチェックしておくのが◎。ここでは檜のメリット・デメリットをわかりやすく紹介しているので、家づくりの参考にしてみてください。

檜の家のメリット・デメリットを見る

メンテナンス

檜は水に強く汚れが浸みこむことはほぼ無い木材です。そのため、他の木材と同じように、普段から特別なメンテナンスを行う必要はありません。少しの汚れなら掃除機や雑巾での乾拭きで十分です。それでも汚れが気になる場合のケアとして、日常の掃除方法や手垢・油性ペン・傷などの対策をまとめました。覚えておくと便利な小ワザやツヤ出しの仕方などもご紹介。こだわった自然素材だからこそ大切にお手入れしたい!という方にもおすすめです。

檜の家のメンテナンス方法を見る

価格帯

檜に限らず、木材をふんだんに使った住宅は値が張るイメージがあるもの。無垢材となればなおさらです。しかし香りや肌触りなど、檜独特の要素に囲まれて生活したいという方もいるでしょう。そこで、檜を使った住宅はどのくらいの予算がかかるのか、いくつかの施工事例をリサーチしました。価格や敷地面積、間取りなどを踏まえた具体的な事例を紹介しているので、檜の家を検討中の方はチェックしてみてください。どのくらいのコストでどんな家が建てられるのか知っておくと、自分で家を建てる際に役立ちますよ。

檜の家の価格帯を見る

サイト運営

家づくり55年

石田工務店

石田工務店キャプチャ

私たち石田工務店は、檜を中心とする国産無垢材を取り入れた家づくりを得意としています。ここ数年、自然素材の家の人気が高まっていることを受け、住宅を検討している方が正しい情報をもとに判断できるように、サイトを通して情報提供をしています。家づくりに関するご相談は、お気軽にお問合せください。

なぜ檜は日本の住まいに使われるのか?

檜材

伐採されてからも強度が高まる

檜は他の木材と同じように、伐採してからきちんと乾燥させて使うと徐々に強度が高くなります。年月を経るごとにどんどん頑丈になり、10年もたつと新築に比べて30%ほど強度が高まるそう。200年を超えると強度はピーク時より下がりますが、それでも1000年以上、新材と同様の耐久性を保てます。台風や地震など災害が比較的多い日本では、丈夫さという点において檜はうってつけの自然素材だといえるでしょう。

法律でも高い性能が評価されている檜

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)に基づく制度のひとつが「住宅性能表示制度」です。この制度は建築住宅の性能を測るものさしで、「構造の安定」「劣化の軽減」など10分野の基準が設定されています。その評価を高めるうえで、大きく貢献できる素材が檜です。[注1]特に木造住宅の劣化対策において、檜の耐久性は重要な役割を果たしてくれます。[注2]

[注1]新築住宅の場合 | 一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

[注2]財)神奈川県建築安全協会 構造躯体などの劣化対策

千年以上前から建築材として使われていた

檜は日本で古くから住宅や寺社仏閣などの建築に用いられてきた素材です。木材の中でも耐久性が高く、独特の光沢や香りを持つ檜。檜を用いた建築には築何百年を誇るものが多く残っています。720年に発表された『日本書紀』にも檜を建築材として使った話があることから、檜は8世紀の時点で使い勝手の良い建築材として認められていたようです。

特に7世紀後半に檜を主材として建てられた法隆寺は千年以上その姿を保っていることから、建築材としての強度の高さがうかがえます。また現在でも、伊勢神宮の社殿の立替えには、木曽で採れた檜が使用されています。

実は健康にもいい檜の家!

豊富な精油成分がシロアリやダニを防ぐ

ダニはアレルギーや病気を引き起こす原因になるため、ダニが嫌う成分を含有する檜は健康的に過ごしたい人にも最適。また、シロアリを寄せ付けないα-ピネン、ヒノキオールなどの精油成分を十数種類含んでいて、檜材でつくられた家はシロアリの被害を受けにくいのが特徴。そのため、構造体がむしばまれることなく、長く暮らせる家になるのです。

高い抗菌作用で細菌の発生を抑える

檜の香り成分であるテルペン類には、細菌の発生を阻止する働きがあります。医療研究では、院内感染が起こりやすいMRSA(食中毒を起こすブドウ球菌の仲間)の成長を抑える作用も報告されました。寿司屋で使われる寿司桶やまな板、ネタを入れる箱などはほとんどが檜製で、雑菌が増えにくいことがわかっています。

気候の変化にも対応できる木材

日本は四季があり、特に高温多湿な夏や乾燥した冬は健康に悪影響を与える可能性があります。そのため空気中の水分を吸収・放出する木材は、快適な環境を維持するために欠かせません。

ただし調湿機能を過信してはいけません。木材の骨組みは水分が多くなると菌が繁殖して腐りやすくなります。だからこそ、骨組みには木の中でも湿気に強い素材を使うことが大切。骨組みが腐ると湿度の調節がうまくいかなくなり、住んでいる方が体調を崩すケースも見られます。

檜は浴槽やまな板に使われる湿気に強い木材です。加えて檜に含まれる精油成分は木材を腐らせるオオウズラタケやカワラタケの繁殖を抑え、木材を腐朽から守る働きがあります。そのため、檜を使うことで家を快適な状態に保てるのです。

総檜の家

自然素材の家の中には、檜をふんだんに使った「総檜住宅」があります。木造住宅で木が多く使われるのは当たり前ですが、総檜住宅では土台や構造から内装まで檜を採用。そのため、檜を部分的にしか使っていない住宅と比べると、香りの強さや傷みにくさなどに差があります。木材の割合が多いことから、和風テイストの住宅になることがほとんどです。以下ではメリット・デメリットや費用についてまとめました。

総檜で家を建てるメリット・デメリット

メリット

デメリット

総檜の家だと費用が高くなってしまう?

檜材は他の木材に比べて価格が高いイメージがあり、総檜で家を建てる場合は費用もかなり高くなるのでは…と考える方が多いかもしれません。

しかし、総檜の家といっても乾燥材・未乾燥材で値段はまったく違います。未乾燥材を多く使えば安くなり、逆に乾燥材が多ければ高くなるのです。それは檜だけでなく、他の木材でも同じ。予算に合わせて使う建材を選べば、総檜の家だとしても予算オーバーになることはありません。

ただし、未乾燥だと反りや割れなど変形のリスクが上がることも覚えておきましょう。

檜のKD材(人工乾燥材)とは

檜をはじめとする木材は、体積の1.5倍ほどの水分を含んでいます。そのため、切り出してすぐの水分を含んだものを使用すると、乾燥したときに曲がったり縮んだりして家が傾く原因に。だからこそ、建築では乾燥させた木材を使う工務店・ハウスメーカーがほとんどです。中でも、KD材と呼ばれる乾燥材が多く使われています。

KD材について

KD材(人工乾燥材)とは、木材を機械で乾燥させて水分を飛ばした木材のこと。内部の水分量が15%以下なので割れや反り、曲がりが起きにくく施工後の不具合を減らせるのが特徴です。乾燥期間も2週間~1ヵ月とAD材(天然乾燥材)に比べて短くなっています。

木材を乾かす機械も、最新のものは割れが起こりにくく、キレイな木材に仕上げることが可能。見栄えにこだわった檜の家を建てられるでしょう。

天然乾燥の檜材とはどこが違う?

乾燥材にはKD材のほかにも、自然に乾燥させたAD材があります。木材は自然に乾燥するのを待つ場合、製材されてから半年~1年の期間が必要。ただし、含水率はKD材以上に下がることはありません。家が建ってからも呼吸を続け、徐々に乾燥していくからです。

AD材はKD材に比べて狂いが出やすいので、木の特徴や扱いをきちんと知っている工務店でないと、満足いく仕上がりにならないといわれています。

高級ブランド「木曽ひのき」について

木曽ひのきとは

檜の中でも値が張る素材としてブランド化されているのが「木曽ひのき」です。木曽ひのきは長野県木曽郡の御嶽山に広がる檜の森林から採れる建築材で、厳しい環境で生育するため、育つまでに他地域の年数を必要とします。その分年輪が細かくなり、高い耐久性と狂いの少なさを生かした高級材に仕上がるのです。なめらかな肌触りや美しい木目、香り高い木曽ひのきは人気が高い建築材の1つ。伊勢神宮や姫路城などの歴史的建造物にも使われており、性能の良さがうかがえます。

木曽ひのきの歴史

平安時代から木曽ひのきは、建材として用いられていました。しかし、江戸時代に大火や築城があったことにより、大部分は伐採されました。残ったのはわずか数本の親木だけで、樹齢300年以上の木はほぼなくなっています。

現在流通している木曽ひのきは、江戸時代に尾張藩主の徳川義直が伐採を禁止してから育ったものが大半。この木々も明治から大正までは国有林として守られていましたが、昭和になると戦争からの復興や台風による被害で多くが倒れました。

しかし、厳しい環境でも森を守り、整備や植樹、間伐を欠かさず行ってきた現地の方の努力により、現在まで希少価値の高い木材として残っています。

木曽ひのきの希少性

木曽ひのきのほとんどは国有林で育つので、住宅や家具に使う量が1年間の生産量を超えないよう、木曽森林管理署が管理しています。100~200年のサイクルで採る・植えるを繰り返し、未来につなげられる循環型林業を実施。そのため、木曽ひのきを使った住まいは少なく、希少価値の高い物件となっているのです。

檜の家の効果とオーナーの声まとめ

檜の家は丈夫で気候の変動にも対応できるほか、虫よけやリラクゼーション効果を得られるメリットがあります。抗菌作用も高く、病気の原因となる細菌を寄せ付けないのも嬉しいところ。長く住める家を建てるなら、檜はおすすめの木材といえます。ただし檜は建築材として使える木が限られる分、費用が高くなりがち。費用を抑えたいなら、他の素材との組み合わせを検討しましょう。

オーナーの声

檜の家に引っ越したオーナーの声をまとめています。檜を建築材として使った住宅での効果や、過ごしやすさなどが知りたい人はチェックしてみてください。

今までよりゆっくり眠れるように

引っ越す前まで賃貸の軽量鉄骨アパートに住んでいましたが、安眠できないこともありました。そのためか疲れもとれにくかったのですが、新しく檜で家を作ったところ、ぐっすり眠れるようになったんです。やっぱり鉄やコンクリートよりも木の家がリラックスしやすいのかもと思いましたね。

子どものアトピーが良くなりました

家を建てる際に檜の無垢材と柱をリビングと和室に設置しました。子どもがアトピーだったのですが、家を建ててから症状が軽くなり、アトピーがかなり改善されました。

ジメジメしていた部屋から快適な新居へ

新居に移る前はコンクリートの団地に住んでおり、いつも窓に結露が出てジメジメしていました。新居では壁に檜版を張り、心地よい空間に。引っ越してからは窓に結露が出ることもなく、快適に過ごせています。