自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 檜の家

檜の家

家を建てるにあたって自然の力が感じられるような木を使った家を建てたい方は多いはず。木造住宅を建てたい方に特に人気があるのが「檜(ヒノキ)の家」です。

耐久性の高さや香り・風合いの良さから家づくりに好んで用いられる檜ですが、その実際のところについてしっかりと知識を持っている方は、意外と少ないはず。そこでこの記事では檜がいったんどんな素材なのか、メリット・デメリットなどの基本から住まいと檜の関係、檜を使って実際に家を建てた方の感想まで気になる点を一から十までまとめました。

檜っていったいどんな素材?

檜は古くから建築材として使われてきた素材で、清水寺や歌舞伎舞台の素材として知られています。切られてからも曲げたり圧縮したりといった工程を経ることで、強度が高まるのが特徴。そのため、耐久度の高さや性能が評価されています。

千年前から住宅・寺社仏閣の素材として用いられたという記録もあり、築何百年を誇る建築物がいくつも残っている檜。数世紀も姿を保っていることから高い強度がうかがえます。現在でも伊勢神宮の建て替えには、高品質な木曽ひのきが使用されているそうです。

檜の家のメリット・デメリット

建築素材として人気の高い檜。その理由はもちろんたくさんのメリットがあるからです。また、その反対にどうしてもデメリットも存在するのが実際のところ。ここでは、メリット、デメリットを端的にまとめます。

メリット

檜の建築材としてのメリットは以下のようなものです。

檜には硬い性質があるため、まず劣化の問題が起こりにくいです。その点が家づくりに選ばれる一番の理由でしょう。さらに過ごしやすい住居環境を実現してくれるのも檜の重要なポイント。檜のような無垢材には家の中の湿気を吸収し、住居内外の熱を遮断してくれる調湿・断熱作用があるのです。さらに檜からふわっと漂うあの独特の香り。それは人にリラックスを与え、反対に蟻にはストレスを与えます。そのため、人間だけが快適に過ごせるマイホームづくりに寄与してくれるのです。

デメリット

檜にはデメリットもあります。その内容は以下の通りです。