自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » カラマツの家 » カラマツが使用されている家

カラマツが使用されている家

北海道産のカラマツ無垢材として建てられた家

北海道産のカラマツを使用した釧路の家

家の吹抜けが特徴的なお家が北海道釧路に建てられました。北海道ならではの広々とした土地を利用した大きな外観がインパクトを与えるお家です。

また屋根が独特で、光を吸収しやすいようなデザインに仕上げた近未来的なスタイル。家の中にからまつをふんだんに使用し、からまつの木のもつ自然で優しい色合いが心地よさを感じさせてくれます。

また、大きな窓をたくさん採用したことで、光を取り入れやすく家全体が明るく温かい印象に。2階部分となる窓も大きな窓を採用し、上からの光を取り入れ、吹抜けのメインスペースを穏やかで優しい印象にしてくれます。

カラマツの現しがダイナミックな優しい住宅

カラマツの木の優しい印象が家中に溢れた住環境

住宅オーナーの好みで選んだミッキーの壁飾りがポイントとなった外観のお家。太陽光発電を取り入れた屋根とブラウンカラーでシックな印象のある住宅デザインとなっています。

家の入り口となる玄関は、カラマツの木の優しい印象が溢れ、ほっとできる雰囲気が魅力。リビングは、カラマツの柱や梁を現しにしたことで常に木のぬくもりを感じられ、日本の伝統を感じさせてくれます。

階段部分だけではなく、大容量のウォークインクローゼットにもカラマツを使用。木のもつ優しい印象が家全体に広がり、リラックスできる空間として調和しています。掘り炬燵と引出収納がある畳の和スペースは、来客がきても喜ばれる風情ある空間です。

山の中に建てられた自然と馴染むカラマツのお家

八ヶ岳が見渡せる自然の中にあるカラマツ設計

八ヶ岳の麓のすばらしいロケーションに自由設計で建てられた完全オリジナルなお家です。周りは山ばかりの自然に囲まれた場所で、ライフラインから工事が開始され完成しています。

カラマツをふんだんに使用した家の場所からは、八ヶ岳がくっきり見える贅沢な景色を拝むことができます。外壁の仕上げも信州カラマツ板を張り、家全体とのバランスが考えられています。床ももちろん、カラマツが使用され、優しい色合いが清々しさを演出。

自然の中に建てられた家ですが、家の中にはシステムキッチンを配備、リビングには蒔ストーブも。カラマツがたくさん使用された家と照明のバランスも配慮され、穏やかな居心地のよい空間が完成しています。

カラマツのもつ印象でナチュラルな自然素材を感じる空間

シンプルで穏やかな暮らしが実現できる

外観は黒茶色の板張り外壁と折り重なる屋根がポイントとなった住宅です。家の中は、奥行感のある落ち着いた佇まいで、カラマツの木のデザイン性が活かされた設計が魅力。2階に設けた窓からは、光がたくさん差込み、家全体を美しく輝かしてくれます。

余計なものを置かなくても、木の温もりが家中に広がり、シンプルで穏やかな暮らしが実現できるような印象さえ感じさせてくれます。

また、階段下の余分なスペースを活かし、書斎スペースを完備。誰もが利用できるちょっとしたカフェスペースにもなります。床のフローリングにもカラマツが使われており、床からも温かみのある印象を感じることができます。

山子感がテーマの木の温もり溢れる解放的な住宅空間

小さいスペースでも開放的で居心地の良い空間を再現

玄関を開けると、仕切りのないリビング空間。頭上には2階の天井まで吹き抜けとなっており、スペース以上の広さを実感できます。カラマツ無垢材で構成された開放的な空間からは十分すぎるほどの木の温もり。

味わいを増していく地元産無垢材を使った山小屋のような家がテーマであり、工務店のアイデアで、玄関土間に薪ストーブを設置するプランが採用。そのおかげで、山小屋感が増し、カラマツとも調和され、家族が満足できるお家が完成しています。

建物は小さくても開放的な空間を表現したいというオーナーの願いもあり、木の素材を十分に活かした心地よい設計となっています。

床や壁にたくさんのカラマツが使用された自然素材

ユニークなパズルのような壁が魅力のリビングスペース

外壁は主にダークブラウンのガルバリウム鋼板で重厚感あり、外観のインパクトとなっています。家の中に入るとたくさんのカラマツが使用され、リビングは、、床も天井もカラマツの木が採用。

サイズや色の異なる板を張った壁がそれぞれの木を設置することで、オシャレな壁紙の効果もあります。対面となったキッチン側からみると小ホールのような見通しの良さで解放感を感じさせてくれます。

そして、主寝室でも、無垢のカラマツ床を使用。木に囲まれた空間設計を実現できており、穏やかな気持ちで過ごすことのできる住宅スペースとなっています。

まとめ

カラマツは、主に北海道、東北地方、長野県などの寒冷地で植林され、強度があり、耐久性があり、腐りにくいことなどが特徴。経年変化により味わいのある赤みを帯びることも魅力とされ、フローリングや壁材、デッキ材などにも需要があります。

シンプルな木の内装、自然素材のある穏やかな空間には、カラマツの木が合い、優しい印象を演出。また、カラマツは北欧の木材とは微妙に匂いが違い安心感や愛着を感じさせてくれることも。少し色味の濃いインテリアを置くと調和しやすく、それだけでオシャレな空間が完成します。