自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 気密性

気密性

自然素材の家の気密性とは?

「高気密・高断熱」という言葉をよく聞きますよね。高気密高断熱の家が良しとされていますが、高気密だと空気が滞って結露になり、カビにより健康被害が気になるところですよね。自然素材の家はどうなのでしょうか。詳しくご紹介します。

高気密というのは、気密性が高いため、空気の抜ける穴が少なく、暖房や冷房などが効きやすく、省エネにつながります。断熱性も高くなるため、一年中寒さや暑さに悩むことなく、快適に過ごすことができます。空気の出入りが少ないということで、遮音効果もあり、さらに虫も入ってきづらくなります。ただし、デメリットとしては、外の空気を入れづらくなるので、24時間換気する必要があります。

結露しない、カビも生えない

無垢材や漆喰といった自然素材は、目に見えない小さな穴がたくさんあるような低気密性の素材です。自然素材は通気性が良いので、気密性に特化した素材ではないのです。この無数の穴は、水分を蓄えたり、蓄えた水分を放出したりする働きがあります。私たちの肌もそうですよね。

低気密だからこそ、家の中に水蒸気がたまらず、結露ができづらくなります。結露ができなければ、カビも生えず、健康被害の心配もありません。最近はアレルギーで悩まされている人も増えているようですので、少しでも安全な環境で暮らせるのはうれしいことですよね。

夏はサラッと、冬は暖かい

自然素材は気密性が低く、断熱作用が低いのは確かです。なぜなら、断熱性と高気密はセットだからです。しかし、だから自然素材の家は夏が暑くて、冬が寒いわけではありません。たとえば、無垢材のフローリングは夏でもサラッとしていて、冬も冷えないため、快適に過ごせます。自然素材の、それぞれの良さを取り入れれば、心地よい住み心地になるのです。

自然素材の多くが、調湿作用を持ちますが、特に優れているのが珪藻土です。塗り壁なら漆喰のほうが、調湿作用が高いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、実は珪藻土のほうが優秀です。調湿性能のある建材はJIS規格の数値を満たさなくてはいけないのですが、これは70g/m2/24hです。残念ながら漆喰はそれを満たしておらず、珪藻土は満たしていないものはほとんどありません。

結露対策なら珪藻土が一番

調湿性能による結露対策を考えると、珪藻土を採用するのが一番です。その際は、一部分に塗るよりも、壁と天井など、広い範囲に塗るとより高い効果が期待できます。その際には、珪藻土を固めるために混ぜている成分も確認し、自然素材を採用しているものを選ぶ必要があります。

そうでないと、せっかくの穴をふさいでしまって、通気性や調湿性が失われてしまうからです。自然素材を採用する際には、その品質をきちんと確認しましょう。もちろん、高気密にも良い面はあります。そして、低気密の自然素材の家にも良さがあります。それぞれの良さを理解したうえで、どちらを選ぶか考えてみてくださいね。

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る