自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 後悔しない自然素材の家を建てるには

後悔しない自然素材の家を建てるには

自然素材の家だとのちのち後悔するって本当?

自然素材の家を建てたあと中には「すぐ建て替えが必要になった」「思っていたよりも快適ではない」など、後悔する方もいます。口コミや後悔しない家を建てるためのポイントをまとめているので、快適で住みよい住宅づくりの参考にしてみてください。

なぜ後悔するのか?

建ててから後悔した方に話を聞いてみると、以下のような理由が多いようです。

自然素材は万能なわけではなく、コンクリートやビニールクロスなどの素材と同じように長所・短所があります。それらを踏まえたうえで使わないと、納得いかない仕上がりになってしまう可能性も。だからこそ、建てる前にしっかりチェックする必要があります。

自然素材の家を建ててから後悔しないためには

せっかく素材にこだわった家を建てるなら、後悔したくないもの。快適に暮らせる住宅を建てるためにも、5つのポイントを押さえておきましょう。

素材選びは入念に行う

いくら住みやすい設計で子どもや老人に配慮されている建物でも、周りの環境に合わない素材を使うとすぐに劣化します。家は長期間住む場所。「住んでよかった」と思うためにも、調湿性や断熱性、換気などを考えたうえで、適した素材を選ぶことが大切です。

また、子どもがいる家庭では、物を落としたりこぼしたりすることも視野に入れておくと良いでしょう。汚れにくい素材や塗装を使うことで、その後のメンテナンスがしやすくなります。

性能に関わる部分はしっかり検討する

気に入った素材を使いたいと考えるのも、家を建てる際の醍醐味です。ただし、費用と性能が釣り合うのか、この素材で建てて快適に過ごせるかは考えておく必要があります。

たとえば浴室に調湿性の高い無垢材を使ったり、キッチン近くに消臭効果のある漆喰を塗ったりなど。適した場所に適した素材を使うことで、家の寿命も延びます。ずっと住みたいと思える性能の良い家なら、建てた後で後悔することもないでしょう。

手間を惜しまない

自然素材の家を建てるうえで考えておくべきことは、細かな手間をかけられるかです。施工から日常のお手入れ、定期メンテナンスなど、自然素材は合成素材に比べて維持が難しいといわれています。だからこそ、細かな手間を惜しまず付き合っていけるかが大切。とはいえ、最近ではお手入れの仕方も簡単になってきているので、そこまで難しく考えることはありません。重要なのは、自分の住む場所にどれだけ愛着を持てるかです。

ポジティブに、おおらかに考える

どんなこともネガティブに考えると、マイナス面しか見えなくなります。どの建材もメリット・デメリットがあって当然。素材の特徴として、プラスに捉えましょう。素材について把握していれば、その素材の良さを最大限に引き出せます。

また、おおらかに考えることも大事。ハウスメーカーによっては割れや反りなどのデメリットを強く説明されることもありますが、修理で直せます。割れや反りなどは木が湿気を吸って伸び縮みすることが原因なので、逆に言えば調湿性が高いという証明といえなくもありません。デメリットがあるからと悩むのではなく、長所として考えることで後悔せずに暮らせます。

素材の見た目のばらつきに神経質にならない

自然素材は工業用製品ではないので、同じ素材でも色味や見た目にばらつきが生じてしまいます。工業用製品であれば色味や見た目に関して品質が保障されていますが、無垢材は生き物なので全てが同じというようにはいきません。

例えば、1本の木から切り出した無垢材であっても、木のどの部分に該当するのかによって見た目が異なるのです。1本の木の内側である心材を使用した場合には赤味を帯びた木材に、外側である辺材を使用した場合には白味を帯びた木材になります。

また、フローリングに使用した木材のロッドが異なっていると、木目の出方も異なるのが特徴です。自然素材のフローリングは工業用製品のように木目のバランスがキレイに整ってはいないので、見た目のばらつきにすら愛着がわくぐらいの気持ちでいるのが良いでしょう。

素材の見た目のばらつきに神経質にならずに、バラバラな見た目の方が味があると思える方が快適に暮らせます。

傷や汚れを気にしない

木材や漆喰、珪藻土などの自然素材は経年変化が起こります。コンクリートや金属に比べてやわらかいこともあり、傷や汚れが付きやすいのも特徴です。傷も汚れもいつかは馴染んで味わいのある見た目になるもの。そのため、少しの傷や汚れを気にしないことが楽しく暮らすための第一歩です。

新築の間は家じゅうピカピカで、細かな傷も気になるかもしれません。その場合は、やすりをかけたり水を含ませたりすることで、ある程度回復します。傷を付けてしまったからといって、そう気負うことはないのです。傷も汚れも、10年以上経てば思い出として味わい深い住まいを形作ってくれます。

自然素材に対してアレルギーがないかを確認しておく

健康に良いと言われる自然素材ですが、中には自然素材に対してアレルギーを持つ方々もいます。自然素材の家を建てる前に、自然素材に対してアレルギーがないかを確認しておくことが大切です。

一般的に無垢材は一枚板を加工しており、接着剤を使用していないためアレルギーを起こしにくい素材であると言われています。しかし、アレルゲンの種類は数多く、杉材や松材など特定の木材を使用した無垢材に対してアレルギーを起こしてしまう可能性があるのです。

木材に対してアレルギーを持つ方が自然素材の家で暮らす場合、皮膚に炎症を起こしたり、アレルギー性鼻炎になったりと体調に支障をきたすこともあるでしょう。

この他にも、住宅に使われる自然素材に含まれるアレルゲンにはミルクや卵などがあります。自然素材の家を建てるためによく使用される素材に珪藻土がありますが、珪藻土の中にはミルクから得られたタンパク質を含むものがあるため覚えておきましょう。

また、食品工場から出た廃棄物である、卵の殻を再利用して作られたエッグウォールという素材の珪藻土も存在しています。ミルクや卵に対してアレルギーを持っている方は、自然素材に注意しなければなりません。

自然素材の家を建ててから後悔しないためにも、アレルギー体質の方は使用する素材にアレルゲンが含まれていないかを事前に確認しておきましょう。

全ての方にとって自然素材の家が心地よいとは限らない

自然素材の家は木が自分で呼吸しているので、過剰な冷暖房を必要とせずエコであり、自然の空気清浄効果によるクリーンな環境の中で暮らせます。ですが、全ての方に対してこのような環境が心地よいとは限りません。

あまり掃除の行き届いていない場所や清潔感のない場所に体が慣れている場合、自然素材の家で暮らすと「なんだか気持ち悪い」というように違和感を感じることがあるようです。

住む人によっては、自然素材の家は心地よく暮らせる場所ではない可能性があるので注意してください。

家鳴りをクレーム対象と考えない

自然素材の家を建てたとき、含水率の高い無垢材を使用している場合には頻繁に家鳴りが起こります。家鳴りは木造住宅では珍しいことではありませんが、突然「ミシッ」「パキッ」と家の中から音が聞こえてくることに不快感を覚える方もいるでしょう。

しかし、家鳴りは無垢材が呼吸をしている証拠です。無垢材には乾燥するにつれて強度を増す性質があり、湿度などの環境に慣れる過程で音がなっています。

自然素材の家を建てると家鳴りが起こる可能性が高いのですが、欠陥住宅だから音が鳴っているわけではありません。家鳴りによって家の強度が増しているので、音が鳴ってもクレーム対象と考えないようにしましょう。

自然素材の家にして後悔する人のタイプ

良い部分だけしか調べない

自然素材の良い部分だけで判断してしまう人は、後悔することになるかもしれません。自然素材は様々なメリットがある一方で、覚えておくべき注意点もあります。環境、素材、費用。様々な点をトータルで考慮すれば、後悔も防げるでしょう。

しかし、良い面だけを見て導入してしまうと、住み始めてから「こんなはずじゃなかった」「まさかこんなことになるとは」という後悔をしてしまうケースも珍しくありません。自然素材の導入にあたっては、専門家にしっかりと相談して、「導入したらどうようなメリット・デメリットがあるのか」を判断する必要があります。

計画性がない

自然素材の家は、後々メンテナンスが必要になります。事前にメンテナンスがあることを覚えておく点はもちろん、そのための費用の確保も大切です。

しかし、計画性がなかったり、あるいはメンテナンスが必要であることを忘れていたりすると、メンテナンスが必要な局面に直面した際、「そんなお金はない」「自然素材にするんじゃなかった」と後悔するかもしれません。自然素材によってメンテナンス周期・費用は異なるので、その点を考慮したうえで資金計画を立てておきましょう。

費用面を考慮しない

自然素材の家は、他の家と比べると費用が高い傾向にあります。自然素材にこだわると、当初予定していた予算では収まらない可能性が出てくるかもしれません。それでも「良いものだから」と採用すると、メンテナンス費用が予算オーバーしたりライフバランスが崩れたりする可能性があります。

「家でお金を使ってしまったから」と、常に切り詰めた生活を強いられてストレスが蓄積していくのは避けたいところです。「自然素材の家にする必要はなかったかもしれない」「もっと予算を抑えた家にすれば良かった」と、次第に自然素材の家に対しての後悔が強まるかもしれません。購入時、建設費用だけではなく、固定資産税まで含めた金銭プランが求められることも覚えておきましょう。

分かっていたけど想像以上だった

自然素材の家に関してデメリットもある程度調べていたものの、実際に住み始めたら「想像以上」と感じて後悔してしまうケースも多いようです。その1つに、音が挙げられます。自然住宅では、家鳴りが起こるのがポイントです。吸水率の高い自然素材を用いている場合に起きます。

実際に寝静まった夜に家鳴りを聞いて「うるさい」「気になって眠れない」という思いから、「聞いていた家鳴りと全然違う…」という後悔を抱くケースもあります。

自然素材の家で後悔しないために

自然素材の家は、良い面もあれば注意点もあります。そして、実際に住んでみなければ分からない点も多々あるのがポイントです。自然素材の家を建てるのであれば、実際に自然素材の家を建てた人々の声に耳を傾けてみるのも良いでしょう。宣伝・広告ではなく、自然素材の家の住人の感想は、住んでみなければ分からないとても貴重な判断材料です。

多くの体験談を見ることで、「自分が自然素材の家に住んだら」を想像しやすくなります。

素材選びからこだわることで後悔せずに暮らせる

自然素材の家で後悔しないためのポイントや後悔した理由などを紹介しましたが、いかがでしょうか。

どんな家でも、考え方や素材の選び方、過ごし方で大きく変わってきます。建てた後に後悔しないためにも、建てる前の素材選びからしっかり考えるべき。ポイントを押さえることで、後悔しない理想のマイホームが手に入るでしょう。

自然素材のお手入れ方法を把握しておく

自然素材の家は自分でしっかりとお手入れをする必要があります。家の中の汚れや傷が目立ってきたというときに、お手入れの方法を知らなければ家を長持ちさせることができず、間違った方法であれば家の寿命を縮めてしまうかもしれません。

無垢材を使用したフローリングのお手入れは基本的に乾拭きで行います。汚れがひどい場合には固く絞った雑巾で水拭きしますが、水気が多いと逆にフローリングを痛めるので注意しましょう。

珪藻土の壁は消しゴムやメラミンスポンジで擦ることで汚れを落とせます。漆喰の壁は、サンドペーパーで軽く表面を削れば汚れが目立ちません。フローリングの凹みには布を当てて上からスチームアイロンをかけると、木が膨張して凹みが改善されます。

家の汚れや傷を放置して後悔する前に、正しいお手入れ方法を把握しておくことが大切です。

自然素材の家の施工事例

事例1:家族のこだわりが詰まった自由なデザイン

石田工務店の施工事例1

引用元:石田工務店(https://ishidakoumuten.net/custom/5180/)

1Fのリビングは家族みんなが集まる場所だから、どんな家具にでも合わせられるようにシンプルなデザインに。2F部分は家族それぞれの好みに合わせたデザインで個性豊かな表情を見せています。

家族の希望を存分に詰め込んだ住宅ですが、それぞれの部屋に共通しているのは自然素材がふんだんに使用されていることです。床や天井、壁などに自然素材を使用することで、シンプルモダンなデザインでありながら素材のあたたかみも上手に表現しています。

また、各部屋には大きな窓や高い位置に設置された採光窓があるので、優しい自然光の中で生活できるのも◎。

事例2:土地を上手に利用したシンプルモダンな住宅

石田工務店の施工事例2

引用元:石田工務店(https://ishidakoumuten.net/custom/644/)

地下付き2階建てから3階建てへとプランを変更した結果、横幅の狭さを感じさせないモダンな住宅が誕生しました。各部屋の床や天井、ドアなどには自然素材が使用されています。

生活のメインとなるリビングを2階にしたことで採光性が良く、生活していて外からの視線を感じることもありません。横幅の狭いリビングに対して、圧迫感のないスケルトン階段を選択したところにセンスの良さが感じられます。

階段横にあえて大きなガラス窓をはめ込んだことで奥行きが生まれ、広いと感じさせられる空間に仕上がっているデザインも魅力です。日の光を感じながら、気持ちの良い朝を迎えられます。