自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 家づくりでハザードマップを
活用しよう

家づくりでハザードマップを
活用しよう

家づくりで大切なのは、家の性能やデザインだけではありません。土地や周辺環境など、暮らしを支えるものにも意識を向けましょう。家を建てる土地にどんな自然災害のリスクがあるのか。万が一の際はどのように行動するか把握しておくと、安心して日々を送れます。このページでは、家づくりで活用すべきハザードマップについてまとめました。

家を建てる前にハザードマップを
確認すべき理由

ハザードマップは、国土交通省や市町村などが作成した、土地の自然災害のリスクを示した地図です。たとえば洪水や土砂災害・津波・冠水・落石による通行規制が発生する可能性のある地域を示しておけば、災害のリスクや避難ルートを確認できます。

日本は自然災害の多い国であり、家づくりにおいても台風や地震、豪雨などは無視できないものです。高耐震・高耐久の家が増えていますが、家を建てる土地そのものの安全性にも注意が必要です。家を建てたい土地にはどんな自然災害リスクがあるのか、またどんな対策が必要なのかを把握しておきましょう。

ハザードマップで
確認できること

以前に起こった災害や今後想定される災害をもとに、ハザードマップでは以下のような情報を確認可能です。自然災害発生時のリスクだけでなく、避難場所や避難経路も把握できます。

土砂災害

土砂災害ハザードマップにより、土石流やがけ崩れの危険性がある地域をチェック可能。日本では土砂災害防止法が施行されており、都道府県知事によって指定された土砂災害警戒区域を示した地図が作成されています。

河川浸水・洪水

洪水ハザードマップにより、河川の氾濫による浸水や洪水といった水害の危険性がある地域を確認できます。浸水想定区域図は水防法に基づいて作成されており、堤防が決壊した際に浸水する想定区域と水深が示されたものです。また内水ハザードマップでは、大量の雨水が下水設備の処理容量を超えた場合に内水氾濫が予想される地域を示しています。

地震災害

地震防災マップにより、大きな地震が発生した際に液状化現象や大規模火災が起こる可能性のある地域を確認可能。また予想される震度のほか、想定される被害の程度や範囲も示されています。

津波浸水・高潮

津波災害予想図により、津波や高潮発生時に浸水する地域を確認可能。また高波時に通行止めを行う地域も示されています。

ハザードマップを活用した
土地選び

家を建てたい土地にどのような自然災害リスクがあるのかをハザードマップで調べられます。日本では残念ながら「自然災害リスクがゼロ」という地域は存在しません。川や海、山間部は自然災害リスクが高いことが知られていますが、ほかの地域でも地形や環境によってさまざまなリスクが考えられます。そのため家づくりはハザードマップを活用して土地選びを行い、設計段階からできる範囲で対策をするのが大切です。

ハザードマップはどこで確認できる?

ハザードマップは「ハザードマップポータルサイト」で確認できます。ポータルサイトでは国土交通省が作成した「重ねるハザードマップ」と市町村が作成した「わがまちハザードマップ」があり、場所を指定すれば、確認したい地域の情報が閲覧可能。ハザードマップは随時更新されているので、住み始めた後も確認するようにしましょう。

古地図の活用もおすすめ

古地図には以前の地形や何があったかが示されています。たとえば以前は沼地であった土地の場合、地盤が弱いと考えられます。他にも海や川を埋め立ててつくられた土地もわかるので、ぜひ古地図も参考にしましょう。

家づくりの前に災害対策も
踏まえた土地選びを

家づくりでは、利便性やデザイン、性能などどうしても建物にばかりに目が行きがちです。しかし、検討している家がどのような土地に建ち、自然災害に備えてどのような対策が必要なのかを理解するのが大切。ハザードマップを参考に住む場所を慎重に選び、災害対策を万全に行いましょう。