自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 特徴に合わせた自然素材の使い方

特徴に合わせた自然素材の使い方

天然素材の種類と選び方

ひとくちに自然素材といっても、無垢材や珪藻土、漆喰、和紙などさまざまな種類があります。また、無垢材のなかにも樹種によって特性が異なります。そのため、自然素材の家を建てるうえで「どの箇所にどの自然素材を使うのか」は重要なポイントです。
そこで、まずは各自然素材がもつ特性を簡単に紹介します。

エリアごとにおすすめの自然素材を紹介

各自然素材の特性を踏まえたうえで、エリアごとにおすすめの自然素材を紹介します。

フローリング・内装

フローリングや内装では丈夫さはもちろん、見た目や肌触りにもこだわりたいもの。
たとえば檜は強度があるだけではなく光沢のある木肌と独特の香りが魅力的。また、重厚感のあるオーク(ナラ)や時間経過とともに飴色へと変化していくチーク材、柔らかくあたたかみがあるパイン材なども人気です。
なお、丈夫さにこだわるのであればオーク(ナラ)やチーク、メープル、バーチなどがおすすめ。あたたかみのある素材にこだわるのなら杉やパイン材などが良いでしょう。

浴室・トイレ

浴室やトイレといった水回りのあるエリアでは、湿気に強く調湿機能をもった自然素材がおすすめです。
調湿効果の高い珪藻土や消臭能力もある漆喰、湿気に強く朽ちにくい檜などが適しているでしょう。また、サワラは水や湿気に強いうえ、防ダニ効果もあるため水回りに適した木材として知られています。

キッチン

水回りのあるキッチンでは、調湿機能のある檜や漆喰、珪藻土などがおすすめ。また、床材には傷に強いオーク(ナラ)材や水に強いチーク材などがおすすめです。

断熱材

断熱材には断熱性能や防音性、調湿性能などが優れている自然素材がおすすめです。
断熱性能が高い炭化コルクや吸音性に優れたグラスウール、調湿性能や脱臭効果の高いサーモウールなどが挙げられます。

構造材・下地材

構造材や下地材に求められるのは、強度や耐久性、耐湿性など。強度の高い檜のほか、比較的安価である杉などもおすすめです。

自然素材を使った内装・設備の事例

キッチンには調湿性能の高い珪藻土を採用

珪藻土の家の施工事例4

自然素材のぬくもりのあるキッチンの壁に珪藻土を採用した施工事例です。少し淡色がかった色味の珪藻土の壁は、調湿性能に優れているため水回りのあるキッチンにぴったり。機能性はもちろんのこと、珪藻土の壁の優しい雰囲気に木のぬくもりを感じさせるデザインが合っていますね。

なお、床材には杉を使用しているのだそう。杉にも調湿作用が期待できますから、湿気のこもりがちなキッチンに適していますね。

高価な檜を和室の座卓に採用し、空間をグレードアップ

無垢の家の施工事例4

無垢材をふんだんに使った自然素材の家の施工事例です。落ち着きとぬくもりのある和室には、丈夫で佇まいが美しい檜の座卓を設置。檜は比較的高価な素材ですから、座卓やダイニングテーブルなど空間のポイントとして取り入れる方法もおすすめです。

また、直線的な要素が多い和室には、天然杉を採用しているのだそう。真っすぐ育つ杉の特性を活かした味わいが楽しめます。

憧れの檜風呂は湿気に強く朽ちにくいのもメリット

檜の家の施工事例2

「檜風呂を設置して自宅で毎日温泉気分を味わいたい」という施主の願いのもとつくられた檜風呂。一般的な浴室よりも大きめに設計されたこだわりの浴室には、壁や天井いっぱいに檜が。もちろん浴槽にも檜を採用しており、何とも贅沢なつくりになっています。檜独特の香りが毎日の疲れを癒してくれそうですね。

なお、檜は強度が高いうえ湿気に強く朽ちにくいという特性があるため、湿気の多い浴室にぴったりの素材です。お風呂にはこだわりたい!という方は、檜風呂を取り入れてみてはいかがでしょうか。

脱臭効果もある漆喰の壁がペットとの暮らしを快適にする

漆喰の家の施工事例1

ペットの愛犬と快適に暮らすため、リビングの壁一面に漆喰を採用した事例です。漆喰には調湿性能のほか消臭・脱臭効果も期待できますから、「ペットの臭いが気になる…」という悩みを解消してくれそうです。リビングにはキッチンも併設されていますから、漆喰によってペットの臭い対策を行えるのは嬉しいですよね。

また、風合いが美しい床には無垢材をふんだんに使用しています。天然木のぬくもりがあたたかく、ワンちゃんはもちろん小さな子どもも裸足で遊べます。

適材適所で快適な自然素材の家を建てよう

自然素材の家を建てるとき、どのエリアにどんな自然素材を選ぶかは重要なポイントです。自然素材さえ使用してよれば良い!というわけではなく、それぞれのエリアがもつ特徴にあった自然素材を選びましょう。
たとえば強度が必要なエリアにおいて、強度の強い自然素材を選ぶことで安定性を確保できます。また、水回りのあるエリアでは調湿性能をもつ自然素材が結露やカビの発生を抑えてくれるでしょう。
エリアに合った自然素材を選ぶことで、より快適で長持ちする家づくりを行えるのです。