自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家づくりにおける注意点4つ

自然素材の家づくりにおける注意点4つ

木造建築

自然素材の家を建て、住むことを考えた際、注意すべきポイントとしてはおもに以下の4つが挙げられます。

  1. 無垢材は年月とともに変化する
  2. 珪藻土は素材の特性のクセが特に強い
  3. 漆喰の調湿機能はそれほど期待できない
  4. 自然素材の家は熟練の技が必要

これら4つのポイントについて、詳しく説明しましょう。

1.無垢材は年月とともに変化する

無垢材の柱は、集成材の柱と比べて木材の乾燥にともなう反りや割れ、ゆがみなどが生じやすくなります。「反りや割れなどが出る」ということに不安を感じる人もいるでしょう。

とはいえ、実は無垢材は天然乾燥の中で強度を増していくため、築年数が経つ中で無垢材に多少の反りや割れ・ゆがみなどが出たからといって、構造上に問題が出るわけではありません。むしろ新築時よりも頑丈になっているといえますので、この点は安心して大丈夫です。

また、無垢材のフローリングは、結露を抑えたり湿度を調整したりという調湿機能が期待できますが、この機能は無垢材の膨張と収縮といった現象をもたらします。その膨張と収縮の繰り返しが「フローリング板が少し膨らむ」「わずかな隙間ができる」などといった現象を引き起こすこともあります。

また、無垢材は年月が経つほどに色が飴色っぽく濃く変化していきますが、これを味わいと考えるか、「古びた感じで嫌だ」と思うかは、人それぞれです。ですから、「何年たっても変化の少ない見た目」を望む人にとっては、無垢材は不向きな部分があるかもしれません。

2.珪藻土は素材の特性のクセが特に強い

自然素材の壁材として近年は珪藻土の需要が高まってきていますが、珪藻土は素材の特性のクセが特に強い、というところが大きな注意点となります。とりわけ注意すべきなのは、「手触りがザラザラ・ゴツゴツとしている」という点です。

たとえば、小さなお子さんが家の中で走り回るなどして珪藻土の壁で強く肌をこすってしまうと、擦り傷ができてしまう恐れがあります。また、引っかいたりすると珪藻土自体がボロボロと粉になって落ちたり、服にもついてしまいやすいので「壁に服をかけたり、もたれかかったりできない」という不便さを感じる人も少なくありません。

また、珪藻土は素材的に「焼成をし、さらに接着剤や糊を混ぜなければ、壁材として使えない」という弱点もあります。特に気をつけなければならないのは、接着剤の品質です。せっかくホルムアルデヒドなどの化学物質の心配がない珪藻土を使っていても、接着剤の化学物質リスクが高ければ意味がありません。

3.漆喰の調湿機能はそれほど期待できない

漆喰は、自然素材の壁材の中でも高い人気を誇っています。「珪藻土のようにザラザラ感がなく手触りがいい」「強アルカリ性なのでカビなどの予防ができる」といった強みが知られていますが、珪藻土と混同して「調湿機能が高い」と期待している人も少なくありません。

しかし、漆喰は多少の調湿機能はあるものの、珪藻土と比べると、この点でははるかに劣ります。「漆喰に調湿機能がある」といえるのは、あくまで壁の下地が土壁だった時代の話です。土壁込みで考えれば、確かにそれなりの調湿機能は期待できるのですが、今のような石膏ボードの下地との組み合わせでは、漆喰自身の「珪藻土よりも弱いわずかな調湿機能」しか得られないというのが実情です。

そのため、漆喰に対しては調湿機能をあまり期待するべきではありません。そちらを一番に優先したいなら、珪藻土を選ぶことをおすすめします。

4.自然素材の家は熟練の技が必要

誰でも扱いやすいように規格が整えられた集成材や合板・壁クロスなどと違って、自然素材は素材そのものに強い個性やクセがあります。

だからこそ、家づくりに自然素材を使う場合は、大工などの職人がそれぞれの素材の個性やクセをしっかりと理解しておく必要があります。

たとえば「木材ひとつひとつを見て、将来的な伸縮・変形がどうなりそうかの予想を立てた上で施工する」などといった見立てができるかできないかで、仕上がりに大きな差が出てきます。

そのため、「自然素材の家づくりは、自然素材の扱いに手馴れた熟練の職人を抱えているところを選ぶ」ということがとても重要です。