自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » メリット

メリット

自然素材のメリットとは

環境・家主の健康に配慮した住まいづくりができる

自然素材には化学物質が含まれていないため、シックハウス症候群や化学物質過敏症を引き起こすことがなく、安全な住まいに仕上げられます。 無垢材は国産素材を用いることが多いため輸送しやすく、林業の発展にも貢献。他に太陽熱や木質ペレットなどの自然エネルギーを使った素材もあり、環境負荷をなるべく減らせるのがメリットです。

性能の良い家を建てられる

自然素材の良さは、断熱性や耐久性といった性能面にも現れます。自然素材の代表格である無垢材は切り出されてからも呼吸を続け、年々強度が増すのが強み。鉄やコンクリートの硬さには及ばないものの、柔軟性があるため耐久性の高い家をつくるのに役立ちます。 コンクリートや合板フローリングよりも断熱性が良く部屋ごとの温度差も小さいので、ヒートショックの予防になるのも魅力です。

調湿性能が高い素材も

自然素材の中でも無垢材、珪藻土は調湿性に優れている素材です。無垢材は水分を吸収・放出する働きがあるため、ある程度の湿気なら対策可能。湿気が多い地域なら、塗り材として珪藻土を使うことで、壁の結露を防いだり快適な湿度を維持したりできます。結果、防カビやダニの繁殖を防ぐことにもつながるのです。

リラックス・癒し効果を得られる

無垢材に含まれる精油成分は、リラックスや抗菌、防カビ、防虫などいろいろな効果を持っています。1種類につき10数種類の成分が含まれていて、建てる際の目的に合わせて使い分けることで効果を発揮。抗菌や防蟻、防ダニを目的とするなら檜やヒバ、サワラなど、防虫目的ならクスやセンダンを使うと良いでしょう。

長期的なコストは化学素材よりも安い

自然素材は高いというイメージがありますが、耐久性や断熱性などを考えるとコストは抑えられます。その理由は、コンクリートや化学合成素材でつくられた住宅よりも寿命が長く、建て替えやリフォームの回数が少なくなるため。無駄なエネルギーを使うことなく快適な環境を保てるので、光熱費も一般的な住宅と比べて安くなる場合があります。

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る