自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A

自然素材の家に関するQ&A

質問集!自然素材の家を建てるために必要なこと

一般住宅に比べて自然素材の家は、魅力も多いぶんメンテナンスや補修が必要になり、分からないことも多いもの。そこで、自然素材の家に関する質問をまとめましたので、お応えしていきますね!

建てるときの費用はどのくらいかかるの?

自然素材の家は、基本的に上物(建物)価格だけで2000万円~3000万円が相場といわれています。自然素材の家はコストがかかるというイメージが強く、建てようと思っても足踏みしてしまう場合も。

確かに自然素材は新建材に比べて価格が高くなるものの、値段が倍以上するわけではありません。特に国産材は近年価格が下がってきているため、1500万円ほどで建てられる住宅も増えています。RC造や鉄筋でつくられた家に比べて、かなり高いと感じることはないでしょう。

建てる費用を安く済ませたい

同じ自然素材を使っているのだから、できるだけ安く済ませたい…そう考えるのは自然なことです。しかし、そこには思わぬ落とし穴が。家づくりにかかる費用は、建材や大工さんに支払われる人件費に広告費、販促費が上乗せされています。

かかる費用が相場と比べてかなり安いのであれば、建材の量や大工の人数を減らしている可能性もあるため、注意しましょう。どうせ建てるなら、同じ予算でも性能の良い家をつくる工務店にお願いしたいものです。

メンテナンス費用が高くなったりしない?

無垢材をそのまま使うことから、傷が付きやすいのではないかと心配する方も多い自然素材の家。しかし、自然素材は塩化ビニルや合板などよりもはるかに丈夫。物を落としたり何かをこぼしたりしても、壊れることはほとんどありません。

対して合成素材でできた家は、10~15年ごとにクロスの貼り替えや壁の塗り替えが必要。長い目で見れば、メンテナンス費用は比べ物にならないくらい安くなります。

家づくりは何から始めるべき?

家づくりでまずやるべきことは、工務店やハウスメーカーへの相談、事前の情報収集です。何をしていいかわからないときこそ、住宅建築のプロを活用しましょう。無料見積りを行っている業者も多くありますし、プロの目に見てもらうことでより建てたい家のイメージがつかめるはずです。

最近はホームページで家づくりの流れを説明している会社がほとんどなので、店舗に直接行かなくても必要な情報を得られます。

土地探しは工務店やハウスメーカーが対応してくれるの?

家を建てる業者が見つかれば、あとは土地探し。自分で探す方もいますが、工務店やハウスメーカーが土地探しから対応してくれるケースもあります。

しかし、良い土地は人脈やコネがないと見つけにくいもの。自分で探してみて見つからないなら、施工をお願いする会社にお願いしても良いでしょう。近頃は対応してくれる会社も増えているので、一度相談してみるのをすすめます。

実際、メンテナンスは大変なの?

「無垢素材のフローリングを取り入れると、時間とともに割れたり反ったりと、大変だからやめたほうがいい」なんて言う業者がいるそうです。もしかしたら、そういった業者が多いからこそ、自然素材=メンテナンスが大変というイメージがついてしまっているのかもしれません。

しかし、実際はそんなことはありません。自然素材を取り入れないようにしたい業者の真っ赤な嘘。

洋服でも、綿や麻、シルクなど、さまざまな素材がありますが、それぞれに合ったケアが必要なだけで、どれかだけが特別大変な手間がかかるわけではありませんよね。それぞれに合ったメンテナンスがあるというだけで、無垢材のフローリングが合板フローリングよりずっと手間がかかって大変だというわけではないのです。

まだ新しいのにヒビ割れが…!

なにも知識がない状態で、突然ひび割れなどが起こったらどうでしょうか?やっぱり自然素材は大変だ!やめとけばよかった!となりますよね。しかし、事前に「自然素材に起こりうること」を知っていれば、たいしたことではないはずです。

自然素材は、呼吸を続ける素材ですので、経年とともにどんどん乾燥していきます。しっかり乾燥させてある無垢材を使用したとしても、より一層乾燥していきますから、反りやひび割れが100%起こらないということはありません。どんなに品質の高い無垢材でも、反りやひび割れのリスクはあるのです。

基本的には業者のメンテナンスをお願いすればいいですし、多少の反りやひび割れは、あくまで味と思い、それを楽しむ心を持つことも大切です。自然素材は色も変わっていきます。それを嫌だと感じるのであれば、自然素材は避けたほうが良いでしょう。

時間とともに徐々に深い飴色に変わっていく様は、非常に感慨深く、家に表情を持たせてくれます。こうした変化は自然素材の「メリット」だと言えます。

塗り壁のボロボロ感は大変では?

漆喰や珪藻土などを使用すると、ボロボロするし、洋服がすれると白くなるし大変!という意見を聞くこともありますよね。確かにそうした性質はあります。そうした素材感が嫌だと感じるのであれば、ボロボロしない塗り壁材を選べばいいのです。

あくまで、その素材との相性が悪いだけで、全ての自然素材を否定する必要はありません。自分と相性の良い自然素材を見つければいいのです。そのためには、事前にその素材の特徴を知るとともに、デメリットを受け入れられるか確認しておきましょう。

自然素材の家だと換気はいらない?

自然素材には調湿作用があるとして知られています。湿度を一定に保ってくれるのであれば、その働きに任せて換気は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、調湿作用にも限界があります。

吸い込んだ湿気をそのままこもらせてしまっておくと、カビの原因になってしまう恐れもありますので、適度な換気は必要となります。

快適な家をつくるポイント

そもそも、「快適」とは何を指すのでしょうか。他の人の失敗談を確認すると、自ずと「快適」な環境が見えてきます。家はそうそう簡単に建て直せるものではありませんし、ましてやリセットボタンなどありません。だからこそ、建てる前から「何が快適なのか」を理解し、その後何十年と住むことになるマイホームの快適性を追求することが大切です。

自然素材の家の工法を解説

自然素材はあくまでも素材です。どのように使われるのかは、工法次第で変わります。そこで、自然素材を用いた工法にはどのようなものがあるのかを紹介します。素材をどのように生かすのかは、目的次第です。どのような工法があるのかを覚えておくことで、自然素材の活かし方や自分たちの求めるマイホームにマッチしているのかも見えてきます。

自然素材で二世帯住宅を建てるなら

二世帯住宅は細かい部分まで煮詰めなければならない構造です。自然素材を活用するとなれば、何に気を付けるべきなのでしょうか。自然素材がもたらすメリットと二世帯住宅の相性や注意点などについても覚えておきましょう。二世帯住宅の場合、自然素材以外の部分でも気を使わなければならない点が多々あります。様々な角度からの声に耳を傾けておくことも、住まいを造る際に重要なポイントです。

自然素材の家は冬も快適?

「春夏秋冬」と呼ばれるように、日本には四季があります。夏は暑く冬は涼しい日本の気候は、マイホーム環境でも重視しなければならない部分です。自然素材は冬に対してどれほどの効果があるのかについても覚えておきましょう。

自然素材の家は火事に強い?

マイホームには様々なトラブルが起こるものですが、火事もその一つです。いつ起きるか分からない問題とあって、用心しなければならない点は言うまでもありません。では、自然素材は火事に関してはどのような性質を持っているのか。そちらもチェックしておきましょう。

自然素材の家でペットと暮らす

自然素材の家でペットと暮らすことはできるのでしょうか?自然素材は人間には優しいものですが、ではペットにはどうでしょうか?ペットを飼っている人にとって、ペットの存在は家族同然です。そんな「家族」ともいうべきペットにとって、自然素材の家は相性の良いものなのかを紹介します。

自然素材と人工素材の違いとは

自然素材を理解するためには、人工素材についての理解も不可欠です。人工素材に関しては、自然素材が注目を集めるほどにどこか「悪いもの」な印象を与えていますが、本当にそうなのか正しい知識を身につけることが大切です。

住宅瑕疵担保責任保険とは?

マイホームには住宅瑕疵担保責任保険が義務付けられています。名前は知っていても、中身はよく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。マイホームとは長い付き合いになりますので、住宅瑕疵担保責任保険はとても大切です。どのような保険なのか、中身くらいは覚えておいて損はないでしょう。

虫除け効果を発揮する自然素材とは

自然素材は虫よけ効果を発揮するものもあります。虫はマイホームにとって文字通り「天敵」です。虫によってマイホームの価値が下げられることも珍しくないだけに、虫よけ効果が気になる方も多いのではないでしょうか。

自然素材の家の失敗談と対策方法

これから自然素材の家を検討している人にとって、ぜひ見てもらいたいのが失敗談。失敗談を知ることで、「なぜ失敗したのか」を知ることができます。そして、なぜ失敗したのかを知れば対策を講じることもできるのがメリットです。成功談だけではなく、失敗談もチェックして良い家づくりを目指しましょう。

自然素材の家づくりにおける注意点4つ

自然素材には様々な魅力がある一方で、覚えておかなければならない点や注意点がいくつかあります。どこを注意してプランを進めていくのか知っておけば、実際に自然素材の家を検討する際に見えてくることも多いのではないでしょうか。

あるいは、その注意点を活かす家造りを考えてみるのもいいかもしれません。

日本住宅保証検査機構とは

日本住宅保証検査機構(JIO)というものをご存知でしょうか?家屋を調査する第三者機関として知られている機構ですが、しっかりとした家を建ててもらえるか不安な際、心強い味方となってくれます。検査機関であるJIOについても知っておくことで、より安全性について意識しやすくなるはずです。

自然素材の偽物に注意

自然素材は素晴らしい素材である一方、残念ながら偽物も出回っています。そして、素人の目では自然素材が本物なのか偽物なのか、簡単に判断できません。完成したマイホームを見ただけでは気付かないものですが、気を付けておかないと後にトラブルに発展する恐れもあります。自然素材の家を建てるのであれば、偽物はどのような特徴を持っているのか知っておくべきでしょう。

工務店の選び方

工務店選びこそ、マイホームづくりの肝と言っても過言ではありません。どの工務店に依頼するかで理想の家の実現度が決まりますし、工務店によって得手不得手が異なります。どのような工務店に依頼すれば良いのか、細かいポイントを把握しておけば円満に話を進めやすくなるでしょう。

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る