自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A

自然素材の家に関するQ&A

質問集!自然素材の家を建てるために必要なこと

人気の自然素材を使った家づくりとはいったいどういうものなのでしょうか?自然素材を使用するメリットやデメリットなど気になる情報も含め、これから自然素材の家を建てるために必要なことをまとめましたので参考にして下さい。

建てるときの費用はどのくらいかかるの?

近年の社会情勢により原材料や物価の高騰が避けられず、一般の建売住宅でも販売価格の値上げをする物件が増えてきました。残念ながら自然素材を使用した注文住宅も価格の上昇は避けられないでしょう。現在、ローコスト住宅の坪単価が30万円から50万円台が多いことに対して自然素材で建てる家は50万円から70万円台、また、TV広告を流している大手ハウスメーカーの坪単価80万円台や90万円台以上などと比べると決して高いとは言えない価格でしょう。坪単価から算出しても自然素材で建てる家は2500万円から3000万円台くらいということになるようです。

建てる費用を安く済ませたい

テレビCMなどのメディアでも有名な大手ハウスメーカーなどでは、販売促進費や宣伝広告費、また、人件費など会社を維持するためにも必要な経費が多く掛かっています。そのコストは販売している住宅の建築費用に上乗せして請求されています。これは大きな組織を維持する為には仕方の無いことであります。しかし、同じような材料や素材を使って家を建てても、少数精鋭で企業の規模をやたらとは広げず、地元で業績を積み重ねた業者とでは既にスタートの時点から販売できる金額が違うということは一目瞭然です。

メンテナンス費用が高くなったりしない?

日本人に愛され古くから使われ続けている自然素材ですが、それには当然理由があります。自然素材は既製の建材などに比べて最初の費用こそ高いものの、こまめにお手入れさえ行えば合成素材に比べてメンテナンスの費用などもそれほどかかりません。紫外線や環境の変化に弱い石油化学製品やそれを含む製品などに比べて、自然素材は本来自然環境の中にあるものなので劣化スピードが遅く、また、耐久性が高く長持ちをするので実は将来的にお得になります。

家づくりは何から始めるべき?

いざ、家づくりをするとなると、人によっては一生に一度の大きな買い物になるために色々と不安になります。とりあえずは気軽にインターネットを活用し、家を建てる地域に対応している工務店やハウスメーカーのホームページを閲覧してみましょう。各業者の得意とする住宅建築工法や企業情報・家を建てた人のクチコミなど、ある程度の情報が得られるはずです。気になる建物や業者が見つかれば、実際に問合せや相談をしてみると良いでしょう。大切な家づくりのパートナーを決める相談ですから、まずは信頼できる業者を探しましょう。

土地探しは工務店やハウスメーカーが対応してくれるの?

先に家を建てる土地が見つかっているならば話は早いのですが、土地が見つかっていない場合、建築に適した場所(土地)を探さなければなりません。家を建てたい地域の不動産屋をまわって自分で土地探しをすることもおおいに結構ですが、建築業者の選定をした後であれば、その建築業者に土地の相談をしてみても良いでしょう。建築業者のなかには建売用や建築条件付き販売用として土地を保有している場合もありますし、また、懇意にしている不動産業者を紹介してくれる場合もあります。

実際、メンテナンスは大変なの?

大変と思われている自然素材のメンテナンスですが、実は通常のお手入れとあまり変わりがありません。多くのご家庭が壁や床などの埃や汚れを掃除するのと同じで、衝撃を加えたとか液体をこぼし放置したりしない限り、大きなダメージになることはありません。例えばDIYなどをたしなむ方ならご存じだと思いますが、合板の方が反りや剥がれをおこし易く、無垢素材の板の方が丈夫で見た目にも長持ちします。ただし、その素材に合わせたお手入れ方法が大切だということは、合成木材でも自然素材でも変わりがありません。

まだ新しいのにヒビ割れが…!

自然素材でも合成木材でも実際に起こりうる現象ですが、それが元々あったのか、たまたま起こったのか、何らかのちからが加わった結果なのかなどにもよりますが、当然ながら建築材料にも全く劣化しない物や完全に無傷の物などはありません。自然素材も人と同じく呼吸を行い齢をとり、そのうちにひび割れや、反り、表面の色味の変化などの経年変化をおこします。それは合成木材に比べると朗かに穏やかで落ち着いた良い変化の進み方です。使いこまれた革製品のように、時と共に暮らしに馴染んでいくのが自然素材の醍醐味であり良さだと思います。

塗り壁のボロボロ感は大変では?

自自然素材の家でも多く造られている和室ですが、壁材の種類によっては、経年劣化のために壁の表面が少しずつパラパラと崩れてきたり、まわりに粉が付着したりする場合があります。しかし、珪藻土や漆喰、または昔から使われている素材を盛り込んだ壁土など、目的や好みに合わせた自然素材や工法を選ぶことで、落ちにくい壁をつくることは可能です。それぞれの材料や工法のメリット・デメリットをしっかりと把握し、よく考えた上で理想の壁材を選べば良いでしょう。

自然素材の家だと換気はいらない?

自然素材である無垢材や漆喰・珪藻土・障子紙などは湿度の調整や温度の調節を行い、住まいを快適にする効果があると言われています。しかし、当然のことながらそれぞれの素材に備わっている効果にも容量(キャパ)や限界があるため、通気や換気が必要となります。通常の日常生活では自然素材の家にお任せで良いのですが、梅雨時の湿気や洗濯物の室内干し・風呂のドアを開けたままにするなどの状態を続けるとキャパオーバーをおこして、カビや結露の原因となります。何事においても、適切な使用の方法を行うことが大切です。

快適な家をつくるポイント

広辞苑辞書によると「快適」とは、具合が良くて気持ちのよいことだそうです。快適な家とはどのような家でしょうか?例えば、落ち着いて気持ちよく過ごすことのできる居心地の良い家、何ごとにも何ものにも邪魔されることなく、リラックスして暮らせる家。外界から遮断された屋内で、自分と家族だけの時間をゆっくり楽しめる家。時には静かに一人でのんびりと考えごとをすることができる空間も必要かも知れません。自分と家族に合った快適を考えて、快適に過ごせる理想の家をつくりましょう。

燻煙乾燥木材とは

日本の昔ながらの藁ぶき住宅で自然に行われていた木材の燻しから着想された燻煙乾燥木材。構造材のそりや割れが少ないのが特徴です。木材を燻すことで防カビ・防腐の効果をもたらし、より建材としての性能を高めています。

また、低温で燻すことで人工乾燥の木材よりもひび割れしにくく、長持ちするのもメリット。まだまだ研究の余地が多い木材で、自然乾燥木材のように効果や性能についての評価が少ない点には注意しておきましょう。

燻煙乾燥木材について
より詳しく見る

自然素材の家づくりにおける注意点4つ

自然素材の家に対して、「とても住みやすい家、心地のいい家」というイメージを持つ人は多いでしょう。実際に体験談などを見ても、自然素材だからこそ実感できるぬくもり感などを高く評価する声が目立ちます。しかし、自然素材は「加工して同一規格に仕上げた素材ではない」というものだからこそ、それぞれにクセや個性があります。そして、そうした特性・クセ・個性に対して気をつけなければならない点もあります。ここでは、そんな注意点についてお伝えします。

自然素材の家づくりにおける注意点4つを
より詳しく見る

自然素材の家に使われる天然石

天然石を住宅用の建材として使用すると、重厚感があり落ち着いた家に仕上げることができます。天然石は耐久性や耐火性に優れ、家自体を丈夫にするだけでなく、その美しさからデザイン性の高い住宅にもなるでしょう。初期コストが高いといえますが、アクセントとして使用することも考えられます。ここでは、天然石を住宅建材に用いることについてまとめました。

天然石を用いた自然素材の家について
より詳しく見る

畳を用いた自然素材の家

イ草や藁などでつくられた天然畳は保温・断熱性や弾力性、吸音性などに優れており、どこか懐かしい香りに癒されます。ただ、天然畳は自然素材の家と相性が良いものの、近年では人工素材を使った畳もあるため素材選びが重要です。ここでは、畳の構造や素材、住宅で使われる種類のほか、畳のもつメリット・デメリットなどを紹介します。

畳を用いた自然素材の家を
より詳しく見る

自然素材のナチュラルインテリア

自然素材を活かしたシンプルでナチュラルなデザインが魅力のナチュラルインテリア。無垢材はもちろん北欧テイストの家具とも相性が良く、おしゃれで心地よい空間を実現できます。また、ナチュラルインテリアは流行に影響されず飽きがこないのも魅力的。ここでは、ナチュラルインテリアにするコツを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

自然素材のナチュラルインテリアを
より詳しく見る

自然素材の家の塩害対策

海沿いの地域にある家では、塩害対策が必要です。塩害を受けると金属などが錆びて腐食してしまい、大規模な修繕が必要になってしまうことも。そのため、屋根や外壁には塩害に強い素材を選びましょう。ここでは、塩害に強い素材や塩害対策におすすめの屋根や外壁材を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

自然素材の家の塩害対策を
詳しく見る

自然素材の家の和室

近年では和室をもたない家も増えているため、「自然素材の家に和室は必要?」と迷っている方も多いでしょう。和室は汎用性が高く、小さい子どもからお年寄りまで幅広い年齢層が活用できるメリットがあります。デザイン次第では洋風住宅にもマッチするため、和室の汎用性に魅力を感じる場合は和室を設置するのがおすすめです。

自然素材の家の和室を
より詳しく見る

複合フローリングとは

複合フローリングとは、集成材や合板などの上に薄い木材や化粧シートを貼ったフローリングのこと。傷や汚れ、温度や湿度の変化に強い点が特徴です。無垢フローリングよりも低価格でメンテナンスもしやすいですが、木のぬくもりは感じにくく安っぽくなってしまうこともあります。

複合フローリングを
より詳しく見る

自然素材の家でも考慮すべき擁壁について

高低差のある土地に自然素材の家を建てる場合は、擁壁について注意を払う必要があります。擁壁は高低差のある土地で、斜面の崩壊を防止するのと土砂崩れから建物を保護するための構造物です。安全を確保するための重要な要素の一つになるため、正しい知識と情報を得ておく必要があります。ここでは、擁壁に関して知っておくべきポイントをまとめていますので、チェックしてみてください。

自然素材の家で考慮すべき擁壁から
より詳しく見る

自然素材の家でも重要な住宅の騒音対策とは

「自然素材の家でいつまでも快適に健康的に暮らしたい!」と思っている方も多いかもしれません。それを実現するためには、騒音対策を行うことがマストなポイントです。騒音は放置すれば近隣とのトラブルを招くだけでなく、本人にとってもストレスが高じるなどデメリットがあります。ここでは、自然素材の家で騒音対策をする場合のコツを紹介していますので、参考にしてみてください。

自然素材の家でも重要な住宅の騒音対策について
より詳しく見る

住宅見学会のメリット・デメリット・チェックポイントは?

住宅見学会は、開催する側にも参加する側にも双方にメリット・デメリットがあります。わざわざ時間と手間を割いて開催する見学会を有意義なものにするには、事前の準備と確認が必要です。参加者は守るべきマナーとチェックポイントを整理しておきましょう。開催者は納得できる条件で開催することが重要です。こちらでは、住宅見学会のメリット・デメリット、マナー、チェックポイントを紹介していますので参考にしてください。

住宅見学会のメリット・デメリット・チェックポイントを
より詳しく見る

住宅資金としてローンを借りるには?

住宅を建てるときには住宅ローンを契約する方が多いのではないでしょうか。住宅を建てる際に土地を購入する場合は、金融機関が提供する「分割融資」や「つなぎ融資」を活用することになります。分割融資とは複数回に分けて融資を受ける方法のことで、つなぎ融資とは住宅ローンを契約するまでの「つなぎ」として融資を受ける方法です。

また、住宅ローンの金利タイプには大きく分けて固定金利タイプと変動金利タイプの2種類があり、それぞれ「全期間固定金利型」と「固定金利期間選択型」「変動金利型」が代表例となります。金利タイプや返済方法の特徴を踏まえて、資金計画を立てるようにしましょう。

住宅資金ローンについて詳しく見る

土地購入する場合の予算設定について

住宅を建てるためには、土地代と建築費が必要です。土地と建物の予算のどちらを先に決めるかよりも、全体の総予算をどのように配分するかを考えることをオススメします。総予算から逆算して各費用に振り分けていくことが大切です。総予算は頭金や年齢、年収によって異なります。建築費の相場は平均で3,500万円ほどです。

諸費用には不動産会社への仲介手数料や各種工事費、保険代、登記費用、利息などが含まれます。とくに諸費用は積み重ねていくと大きなコストになりますのでリストアップを忘れないようにしましょう。

事前に予算を明確にしてから家づくりの打ち合わせを進めることをオススメします。

土地購入する場合の予算設定について詳しく見る

建築業者のなりすまし営業とは

なりすまし営業とは、その会社の従業員ではないにもかかわらず、従業員のふりをして商品やサービスを売り込むことです。なりすまし営業は特定商取引法や特定電子メール法に違反することになります。建築業者がなりすまし営業をすると顧客の信頼を損なうだけでなく、法違反に対する行政指導や刑事罰が課されるかもしれません。

電話営業においては、なりすまし営業のほかにも、一度断った相手に再度電話営業することや事実と異なる説明をすること、相手を脅迫すること、契約の申し込み後に書面を渡さないことは違法行為となります。

建築業者のなりすまし営業について詳しく見る

LCCM住宅について

LCCM住宅は建築から廃棄といった住まいの一生において、CO2排出量をマイナスにする住宅のことです。ZEH住宅では「居住中」のCO2削減を主眼としているのに対し、LCCM住宅では「建築・運用・廃業時」のCO2排出量にも配慮しているのがZEH住宅とは異なる点です。

国はこれまでにいくつもの省エネ対策や省CO2対策を行ってきましたが、これまでの政策をさらに強化した対策として推進されているのがLCCM住宅と言えます。

LCCM住宅について詳しく見る

自然素材の家の保険について

自然素材の家の保険には、火災保険や地震保険、住宅瑕疵保険があります。火災保険は加入必須な保険で、火災だけでなく落雷や水害など幅広い損害に対応しています。地震保険は任意の保険で、加入する場合は火災保険のセットとして加入しなければなりません。住宅瑕疵保険は、住宅の瑕疵があった場合に補修費用を補償する保険です。

火災保険料は建物の構造によって金額が異なり、地震保険を抑えるには割引制度を利用したり長期契約したりする方法があります。

自然素材の家の保険について詳しく見る

天然乾燥材と人工乾燥材の違いについて

山から伐採したばかりの木は内部にたくさんの水を蓄えているため、無垢材として使用するには乾燥の工程が必要です。自然の力を利用して乾燥させた木材を「天然乾燥材」と言い、機械を使って強制的に乾燥させた木材は「人工乾燥材」と呼ばれます。

天然乾燥材と人工乾燥材にはそれぞれメリット・デメリットがあり、建てたい家の仕様に合わせて選ぶのがおすすめです。天然乾燥材と人工乾燥材の違いやメリット・デメリット、注意点について解説します。

天然乾燥材と人工乾燥材の違いについて詳しく見る

日本住宅保証検査機構とは

日本住宅保証検査機構は東京都内に本社があり、LIXILや損保ジャパン・東京海上日動火災保険・三井住友海上火災保険などが出資をしている企業です。国土交通大臣指定住宅瑕疵担保責任保険法人・国土交通大臣登録住宅性能評価機関・住宅金融支援機構適合証明業務協定機関・住宅性能評価表示協会 BELS評価機関などに指定されており、法律に基づいた新築住宅や既存中古住宅の性能評価や優良住宅の適合証明などの住宅審査業務及び、建築・建設事業者等への住宅瑕疵保険を取り扱っています。

日本住宅保証検査機構について詳しく見る

自然素材の偽物に注意

世間には自然素材仕様を売りにした住宅業者が数多くあります。しかし、気を付けなければならないのは、その中に自然素材の良さを生かせていない建材や自然素材風(ふう)の建材を使っている業者が少なからずあることです。例えば、自然素材のデメリット部分を解消させる為に仕方なくメリットである部分を半減させてしまう等の加工建材の使用はよくある話ですが、表面や見た目だけ取り繕った自然素材風の建材では自然素材の素晴らしい恩恵にあずかることができないので注意が必要です。

自然素材の偽物について詳しく見る

自然素材の家でペットと暮らす

自然素材を使用した家は、人にもペットにも優しい家です。子供や家族であるペットの小動物は人の大人に比べて環境耐性が低く、体調や精神状態にとても影響を受けやすいと言われています。自然素材の家では、無垢材や漆喰・珪藻土、柿渋や竹炭などの自然の素材が部屋の温度や湿度の調節を行い、さらには消臭の効果や素材が持つ香りによるリラックスの効果、そして、アレルギーの予防効果なども高く評価されている為、人にもペットにも健全で心地のよい住環境を造ることが可能です。

自然素材の家でペットと暮らすについて詳しく見る

自然素材と有害物質の関係

住まいの問題のひとつに、化学物質によるアレルギーなどがあります。シックハウス症候群や喘息・アトピーなど引き起す原因となる為、特にお子さんがいる家庭では注意が必要です。建築材料に含まれる化学物質の中には人体に有害と言われるものも数多くあり、一定量を体内に摂取してしまうと心身に悪影響を及ぼすことが分かっています。化学物質を多用した従来の住宅建材の使用を極力避け自然素材の建材を選ぶ事によって、より身体に優しく快適な生活に近づくことができます。

自然素材と有害物質の関係について詳しく見る

自然素材で平屋を建てる

自然素材を使用した平屋建築は、平屋が持つ贅沢な外観を楽しめるということもさることながら、ヒノキの無垢材等選ばれた自然素材を使うことなどによって、大切な住まいと永く付き合うことが可能です。大切な住まいを見て触れることにより造形の美しさや造りの良さを感じ、嗅覚では自然の木の香が楽しめます。更に家が自ら呼吸することにより湿度調整や室温調整が行われる為、住む人が一年を通し気持ちよく過ごせる住環境が作られます。しかし、建築のコスト増や広い土地が必要になってしまうことなども考慮しなければなりません。

自然素材で平屋を建てるについて詳しく見る

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る