自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » 虫除け効果を発揮する自然素材とは

虫除け効果を発揮する自然素材とは

自然素材の家で虫除けはできる?

無添加の素材を使うことで出てくる問題が虫です。自然素材は虫が付きやすいというイメージもあり、虫除けができるのか気になるもの。ここでは自然素材の特徴を踏まえ、虫除けができる自然素材やグッズなどを紹介。虫が苦手な方はチェックしておくと良いでしょう。

虫が嫌がる自然素材とは

自然素材の中には、人間に害を与えず虫除け効果を発揮するものも存在します。代表的なものは、日本家屋で昔から使われている一部の木材。これらの木には虫の嫌がる芳香成分が含まれており、抗菌や防虫に役立つことがわかっています。

他にもハーブや精油などを用いることで、虫の侵入や繁殖を防ぐことができると報告されています。[注1][注2]

[注1]蚊を撃退する香り|第47回静岡県高等学校生徒理科研究発表

[注2]蚊を撃退する香りⅡ ~Mosquito Killer~|第48 回静岡県高等学校生徒理科研究発表

虫除け効果を持つ木材

木材の中でも虫除け効果をもつことが知られているのは、檜やヒバ、クスノキなどの種類です。防虫効果を発揮する芳香成分はフィトンチッドと呼ばれ、家の建材だけでなく家具や小物、防虫剤として使用されるケースも多くあります。国産材だけでなく、レッドシダー(米杉)やダグラスファー(米松)といった海外の木材にも防ダニ効果が。

ただし、海外から輸入する木材は殺虫のために薬剤を塗布していることが多いようです。人体には問題がない量だとされていますが、健康面を考えるなら国産材を使うのが良いでしょう。

建材+ハーブグッズの組み合わせで虫除け!

虫除け効果をもつ木材を使う以外にも、小物や精油で虫除け効果をアップすることが可能。虫の嫌がる香りをもつハーブを置いたり、精油を塗ったりすることで窓や玄関から虫が入ってくるリスクを下げられます。

蚊除けにはシトロネラやゼラニウム、一般的な防虫効果を得たいならラベンダーや月桃などがおすすめ。また、スペアミントやハッカなどは日本農薬学会誌に実験結果が掲載されており、ゴキブリに対して忌避効果が認められたことがわかっています。

薬剤の代わりとしてハーブや精油を使えば、建材の機能性はそのままに虫除け効果を向上させることができるでしょう。家を建てる際は虫除け効果のある建材を使うだけでなく、建ててからの対策として虫除け効果のある天然素材を取り入れても良いかもしれません。

過ごしやすい自然素材の家は虫も繁殖しやすい

自然素材の家は化学物質がほとんど出なくて安全、快適で過ごしやすいといわれていますが、自然素材は万能な建材ではありません。たとえば人が暮らしやすい無垢材の住まいは、使う木材によっては虫が寄ってきやすいという難点も。基本的に、人に良い素材は虫や菌にも住みやすい場所なのです。そのため、適切なメンテナンスをしないとあっという間にダメになるケースもあります。

「人にやさしい」=「虫が暮らしやすい」?

暮らしやすさを重視した「人にやさしい素材」の家は、同じように虫にも暮らしやすい環境です。そのため、掃除やメンテナンスを怠ると虫が繁殖することもあり得ます。できるだけキレイで暮らしやすい環境を保つなら、掃除は欠かせません。

逆に言えば、虫が寄ってこない素材は漂白剤や防カビ剤などの薬剤が使われている可能性があります。薬剤は人にも悪影響があるものの、使う量によっては症状が出ません。とはいえ健康には良くないので、なるべく使わないほうが良いでしょう。

防虫処理をしていない素材には虫が付きやすい

虫が付きやすい理由の一つとして、防虫処理をしていないことが挙げられます。建材として出荷する前に殺虫することがほとんどですが、切り出してそのまま乾燥させた天然無垢材は、防虫処理をせず流通することも。そのため、一般的な木材よりもシロアリやキクイムシなどが付きやすくなっています。

「絶対に虫が出ない住宅」はない

自然素材の住宅で虫除けをする場合、対策は2パターンに分かれます。健康面を考えるなら虫除け効果をもつ自然素材のほうが適していますし、より強い防虫効果を求めるなら薬剤を使うべきでしょう。

ただ注意してほしいのは、家の素材選びからこだわっても完全に虫除けができるわけではないこと。そのため、完璧に虫除けをしようといろいろなものを使うよりも、素材の特徴を理解して、適した場所に使うことが大切です。

薬剤も自然素材もそれぞれデメリットが存在します。虫が住めない住宅は人間にも多少影響が出るので、快適で住みやすい住宅になるような対策をとりましょう。