自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » 自然素材の家でペットと暮らす

自然素材の家でペットと暮らす

ペットと暮らすなら、快適な住まいを建てよう

最近ではペットを飼っている人も増えてきて、家を建てる際にペットと暮らせるようなつくりにするケースも多く見られます。ここでは、ペットと暮らすうえで大切なポイントと、自然素材がオススメな理由をまとめました。

ペットと一緒に暮らすために重視すべきポイント

ペットと暮らすなら、ペットの体調や過ごし方にも目を向けることが重要です。特に室内で飼う場合、放し飼いとは違った注意点があります。

湿度・温度の調節

犬や猫など種類によりますが、床付近で過ごすペットは人間より気温や湿度の変化に弱いことがほとんどです。そのため、負担をかけないように調湿効果のある無垢材や漆喰を使った住まいにするのがベター。

特に無垢材は断熱効果が高く、室内の温度管理にも役立ちます。合板よりも断熱性に優れているため、ペットの健康を考えるなら無垢材を使った住まいが良いでしょう。

湿度の高さによって暑さ・寒さの感じ方は変わるので、寒暖差が激しい夏・冬も適した自然素材を使うことでペットが過ごしやすい環境をつくれます。

ニオイの消臭

ペットを飼っていて、ニオイが気になるという方もいるかもしれません。その場合、消臭効果のあるクロスや消臭剤を使うのも良いですが、自然素材の塗り壁にするのも一つの手です。

下手に消臭剤や芳香剤などを使うと、ペットのニオイと混ざって悪臭になってしまうケースもあります。そのため、しっかり検討したうえで購入してください。

珪藻土の塗り壁は耐久性もクロスより高く、消臭機能を備えている点がメリット。壁そのものに消臭効果があるので、汚れたり傷がついたりしても取り換える手間がなく楽ちんです。

アレルギー予防

アレルギーは人間だけでなく、ペットにも起こります。床で近いところで生活するため、床材に使われている接着剤や塗料、ワックスなどの影響を受けやすく、むしろ人間よりもアレルギーになりやすいと言っても過言ではありません。

もし床や壁の素材に有害物質が含まれている場合、アレルギー性皮膚炎を引き起こすリスクが高まります。そのため、接着剤が含まれる合板や集成材などは使わないほうが無難といえるでしょう。

ペットの健康を維持するためにも、化学物質がほとんど含まれていない自然素材を使うことをおすすめします。

ひっかき傷の対処

犬や猫などのペットを飼っていると、家の中にひっかき傷ができるのは避けられません。対処として硬い素材を使ったり、カーペットにするといった方法があります。

しかし硬い素材はペットの体に負担をかけやすいため、柔軟性を持つ素材を選びましょう。たとえば無垢材やカーペットなどはやわらかく、ペットも歩きやすい床材として用いられます。

無垢材を使う場合は傷が付きにくいナラやブナ、ウォールナットなど硬い広葉樹がぴったり。無垢材特有のやわらかさも持ち合わせているので、一石二鳥です。カーペットを検討しているなら、毛やホコリの掃除がこまめにできるタイルカーペットがおすすめ。なるべくこまめに洗濯し、清潔に保ちましょう。

快適に暮らせる間取り

狭い場所で過ごすのは人間にとってもペットにとってもストレスです。ストレスがたまると毛が抜ける、少食になるなど悪影響が出やすくなります。間取りや部屋の構造を考えることで、お互いにとって過ごしやすい環境を実現しましょう。

家の中で飼うなら、共用スペースはある程度の広さを保つ、ペットが通れる扉を付けるなどの配慮も欠かせません。窓や日光浴ができるスペースなど、ペットも快適なつくりにすることで長く健康に過ごせるのです。

自然素材の家がペットと暮らすのに向いている理由

無垢材や漆喰、珪藻土といった自然素材は、調湿や消臭などの点から、ペットと暮らす家を建てる場合に適した素材といえます。

加えてアレルギーの原因となる化学物質をほとんど含んでいないことから、ペットの健康にも良いといえるでしょう。

素材選びを間違うと手間が増えることに

自然素材を使った住まいはペットと暮らすのに適していますが、素材選びを間違うとメンテナンスの手間が増えてしまうことも。

たとえば床材はひっかき傷ができやすい場所ですが、広葉樹より柔らかい針葉樹の無垢材を使ってしまうと、あっという間に傷だらけに。糞や尿をこぼすと傷から入りこんでダメになってしまうケースもあります。

また、珪藻土は単体で固められないためつなぎに糊や接着剤が使われています。化学合成の接着剤が使われている珪藻土の壁材を使うと、せっかく他を自然素材にしても意味がありません。含有量を見て、なるべく珪藻土の割合が多いものを選びましょう。

ペットのことを考えて適した素材を選ぼう

自然素材の家は、健康面や性能面で優れた効果を発揮する住まいです。ペットと一緒に暮らすのであれば、自然素材をふんだんに使った家を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、素材選びを間違うと逆にペットへ悪影響を与えたり、メンテナンスの手間が増えたりします。適した素材を見極めて、快適に暮らせる住まいを建ててください。

自然素材の家に関する
Q&Aをもっと見る

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る