自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » 自然素材の家で考慮すべき擁壁について

自然素材の家で考慮すべき擁壁について

自然素材の家であれ、普通の家であれ、高低差のある土地に家を建てるときは擁壁について考慮しなければなりません。ここでは、擁壁とはなにか?擁壁の種類や工事費用、トラブルも含めて詳しく解説しますので、チェックしてみてください。

擁壁とは

擁壁(ようへき)とは、坂道や山の斜面など高低差のある土地に家を建てる場合、斜面の土地が崩壊するを防ぐために施工する壁状の構造物です。コンクリートやブロック等で斜面全体を壁のように覆い、土砂崩れから建物を保護する役割を担います。

高低差のある土地に家を建てる場合、土地の高い部分に建物の荷重がのしかかり、その荷重により下の斜面の土が崩れてしまうリスクがありますが、あらかじめ頑強な擁壁を築いておくことで、崩壊リスクの防止と建物を保護することが可能です。東京では八王子や多摩エリアに高低差のある丘陵地帯が多く、擁壁を備えた家が多く建てられています。

擁壁の種類

擁壁の種類は素材や工法により、「コンクリート擁壁」「間知ブロック擁壁」「石積み擁壁」の3つに大別することができます。種類によって特徴や強度、工事費用等が変化するため、それぞれの違いを知っておく必要があります。

コンクリート擁壁

コンクリート擁壁は、文字通りコンクリートを用いて擁壁を構築する手法です。コンクリート中に鉄筋を組むか否かによって2つのタイプに分かれ、鉄筋が組まれたものは鉄筋コンクリート擁壁、組まれていないものは無筋コンクリート擁壁となります。

コンクリート擁壁の特徴は、強度が高く土地の有効活用がしやすいことです。垂直施工が可能なため、擁壁の構造物を家に対して垂直に建てることができ、見た目もすっきりさせることができます。L型・逆T字型・逆L型・重力式など、土地形状に合わせて適切な工法を選択することも可能です。他の施工方式と比べて費用が高いのがデメリットになります。

間知ブロック擁壁

間知ブロック擁壁は、間知ブロックと呼ばれるコンクリートブロックを積み上げて擁壁を構築する施工法です。垂直施工は不可能で、擁壁は斜めになりますが、その分工事費用を比較的安く抑えることができ、一定の基準を満たすことで、高低差5mの擁壁を施工することも可能になります。高さのある場所で、価格を抑えた擁壁を構築したい場合に適した工法です。

石積み擁壁

石積み擁壁は、コンクリートを使わない、昔ながらの石を積み上げて擁壁を構築する手法です。1950年代から1960年代にかけて多く使用された「大谷石積み擁壁」や、石を積み上げただけの簡素な造りの「空石積み擁壁」といった施工法がよく知られています。

いずれも現在の建築基準法に適合していないため、強度や安全性に関しては注意が必要であり、既存の擁壁に対する損傷のチェックや、新設の場合は基準を満たす強度を確保するための対策が必要です。

擁壁の工事費用

擁壁工事にかかる費用は採用する施工法によって変わりますが、新設工事の場合、概算で数百万~数千万円が必要になります。工事費用の単価は「1m2(平方メートル)」を基準とするのが一般的で、この基準による一般的な擁壁工事の単価相場は30,000円~50,000円程度です。

実際の工事費用は工事内容によって変化します。価格の変動要因には、採用する施工法、擁壁の高さ、使用するコンクリートブロックの大きさや量、掘削工事(土工事)の範囲などがあります。

いずれにしても擁壁工事の費用は非常に高額であり、設置工事に際しては、十分な資金計画と予算計画を練る必要があるでしょう。

※参照元:徹底解説 擁壁工事の単価が変動する要因|比較biz

擁壁によるトラブル

擁壁をめぐるトラブルに関しては、既存擁壁の劣化に注意する必要があります。例えば、家を建てるために購入した土地が相場より安い場合、その土地の擁壁は老朽化している可能性があると見ていいでしょう。擁壁の劣化分が価格に反映されて、相場より安くなっている可能性があるのです。

このような土地を購入して家を建てる場合、仮に土地価格が安くても、擁壁が古く劣化しているため、家を建てる前に擁壁を施工し直す必要が出てきます。そうなると、新たに実施する擁壁工事の費用と合わせて、総費用はかなり高くなってしまいます。

価格の安い土地を購入する場合は要注意です。そうした安い土地で擁壁が残されている場合は、劣化状況やきちんとした構造で作られているかどうかなど、既存擁壁の状態を事前に確認しておくことをおすすめします。

土地探しでも工務店・ハウスメーカーとじっくり話し合うべき

自然素材の家を建てるために擁壁が残された土地を購入する場合、既存擁壁の状態を確認することや、土地の特性に合わせて予算内で施工できるか否かを検討することはとても重要です。しかし、これらの判断や検討をオーナーが単独で行うことはおすすめできません。むしろ、擁壁工事に関して専門的な知識や経験のある工務店やハウスメーカーと事前に話し合って土地選びを行う方がいいでしょう。擁壁に詳しいプロとじっくり話し合うことで、余分なトラブルやコストが増えるのを防ぐことができます。