自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 無垢の家 » メンテナンス

メンテナンス

無垢の家のメンテナンス法とは?

無垢材は、汚れやすいという特性があるので塗装することが多くなります。塗装すると、見た目はナチュラルのまま保て、無垢材を守ることもできます。塗料によって、性質が異なりますのでしっかり把握して選ぶ必要があります。浸透性塗料であれば、呼吸も妨げず、無垢材本来の良さが活かされるのでおすすめです。

日常のメンテナンス

無垢材のお手入れの基本は「乾拭き」となります。もちろん、掃除機やほうきなどでほこりを取り除いてあげるのもOK!

無垢材の美しさを長持ちさせるメンテナンス

固く絞った雑巾で水拭きするのは1~3ヶ月に1度ほど。仕上げに乾拭きしてあげましょう。また、半年~1年に1度は汚れ落としを使って大掃除してあげましょう。汚れ落としには、強酸性や強アルカリ性の洗剤は絶対に使ってはいけません。撥水性が悪くなってきたと感じたら、再塗装を行います。

気になる汚れ・キズはどうやって戻す?

コーヒーや醤油など、食品の汚れ

水分や油分(マヨネーズやソースなど)の汚れも、放っておかずにすぐに乾いた雑巾や固く絞った雑巾で拭いてあげれば落とせます。

原因不明のシミ

気付いたら黒いシミが…ということもあるかもしれません。原因はわからないけれどカビの可能性も。対処法としては、水拭きを行い、それでも落とせなければ汚れ落としを使ってみましょう。それでもダメなときは、サンドペーパーで削ります。削ったあとは、必ず塗装しましょう。

ささくれ

天然の木だからこそ、ささくれが起こることがあります。ついつい剥きたくなってしまうでしょうが、根本の近くでカット(はさみやカッターで)し、気になる場合はサンドペーパーで削ります。その際は、必ず再塗装を行います。

自分でやるのが難しいと感じたら業者に頼もう

無垢材は比較的セルフメンテナンスができますが、自然素材の中では汚れやすい素材です。忙しくてメンテナンスの時間が取れなかったり頻繁に汚してしまったりするのであれば、思い切って業者に頼むのも良いでしょう。業者によっては施工後のアフターサポートとして、汚れやキズの修復を対応してくれます。塗料の塗り直しが発生することもあるので、無理に自分でやるよりも、熟練のプロに任せるのがおすすめ。ただしキズの修理は無料・有料があるので、先に確認しておいてください。

無垢の家の特徴を
より詳しく見る