自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 無垢の家 » 価格帯

価格帯

無垢の家、価格は高いの?

無垢材の家を建てるにはどのくらいかかる?

ナチュラルな見た目にメリットの多い無垢材の家。一度は憧れるでしょうが、どうしても高くなってしまうことで候補から外す人も多いはず。そこで、無垢材の家を建てるにはどのくらいの予算が必要なのか、具体的な例をご紹介します。

3種類の無垢材を使い分けたこだわりの住まい

無垢材を使った自然素材の家を建てたいと考えていた施工主の意を汲み、3種類の木材を使って作られた住宅です。1階リビングには島根、秋田、三重の杉材、支柱となる大黒柱には吉野檜を使い、木の質感を楽しめるつくりに。家に入ると木の香りがただよう空間に仕上げています。そのほかカウンターキッチンやギターかけなど、あらゆるところに木材を使用したこだわりの空間です。外装はアイボリーと茶色のシンプルテイスト。あたたかみを出しながらも清潔感のある家になっています。

無垢材と薪ストーブでアンティーク調にまとめた家

自然素材の良さを活かすつくりと、薪ストーブやレトロな小物などが相まって落ち着きのある空間になっています。肌触りが良く心地よい仕上がりの無垢杉材をふんだんに使ったLDKが特徴。冬場は薪ストーブと合わせて部屋をやさしく温めてくれる仕組みです。畳スペースは扉を開けると玄関までつながる換気性の良い場所に設置。ドア一枚開けるだけで風通しが良くなります。窓も多く、採光性も高いので家の中が明るく保たれるのもポイントです。

価格は高めだが品質を求めるならピッタリ

自然素材の中でも無垢材は高くなりがちな建材ですが、その分性能も安全性も折り紙付き。化学合成の建材を使った家よりも長持ちしやすく、子どもが口に入れても健康を害することがありません。また、塗料やメンテナンスを工夫することで、ランニングコストも抑えられます。

また、初期費用を新建材と無垢材で比べると、ほとんどの場合、新建材のほうが安くなります。量産できる新建材は価格を抑えられるのに対し、無垢材は手間をかけて切り出すため、どうしても値段は高くなってしまうのです。

しかし無垢材には、自然が生みだした木の個性やクセがあり、表情があります。無垢材をふんだんに使うことで、木の表情を最大限に活かした床板や柱が他にはない住まいの表情が出るように。品質の高さやオンリーワンの仕上がりを求めるなら、無垢材の家がおすすめです。

無垢の家の特徴を
より詳しく見る