自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 無垢の家 » 無垢材と集成材を比較

無垢材と集成材を比較

自然素材の家に用いられる無垢材と多くの住宅で使われている集成材。2種類の建材についてまとめました。

集成材との比較

性能

1本の木から切り出す無垢材は、水分の吸収や乾燥を行なう「呼吸する木材」です。そのため、高い調湿作用を持っています。また時間が経ち乾燥が進むにつれて、強度が高くなるのも無垢材の特徴のひとつ。スギであれば、強度が最も高くなるのは伐採してから100年後になるのだそうです。対して接着剤で固めている集成材は、時間が経つにつれて劣化し、強度が弱まります。

しかし無垢材は、乾燥するにつれて中の水分が減り、反りや割れなどの変形が起こりやすいという問題点も。集成材の場合は複数の木の年輪が互い違いになるように接着します。乾燥しても木同士で変形しようとする力を打ち消し合うため、反りや割れはあまり起こりません。

価格

1本の木から形を変えずに切りだす無垢材は、1本の木からつくれる数に限りがあります。しかし集成材の場合は、木材を継ぎ合わせるので1本の木からより多くの木材をつくることが可能です。そのため、コスト面で優れているのは集成材だと言えます。

なかには集成材よりも安い無垢材もありますが、その場合は水分を多く含んだ反り・割れが起こりやすい木か耐久性の低い若い木を使っている可能性が。家の素材として長期間使うのに適さないので、注意が必要です。

健康面

集成材を繋ぎ合わせる際に使用する接着剤には、ホルムアルデヒドをはじめとしたシックハウス症候群の原因となる物質が含まれています。そのため体質によっては、集成材を使った家にいると気分が悪くなったりアトピー・アレルギー症状があらわれる可能性が。

ただ、集成材=体に害を与える、というわけではありません。有害な物質を含む集成材が家に使われないように、安全基準が設けられています。

しかし、集成材をつくるうえで化学物質を含む接着剤は必ず必要です。アレルギーやシックハウス症候群の原因を可能な限り取り除き、快適な生活を送りたいなら、化学物質を含む接着剤を使わない無垢材を選ぶのが良いでしょう。

価格で選ぶなら集成材・
性能面で選ぶなら無垢材

コスパで選ぶなら、多くの住宅で使用されている集成材を選ぶのが良いでしょう。しかし集成材には体への悪影響を及ぼす可能性のある接着剤が使われている点で不安が残ります。安さで素材を選んでしまったがために、長い時間を過ごす我が家がシックハウス症候群・アトピー・アレルギーの原因になるのは避けたいもの。

家族の健康を考えるなら、1本の木の性質・形をそのまま生かした無垢材を選ぶのがおすすめです。調湿作用を持っているため、季節に合わせて快適な温度を保ちやすいのも無垢材の特徴。時間が経つにつれて強度が増していくので、年々劣化していく集成材とは違い耐久性が高まっていきます。