自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 無垢の家 » 無垢材が利用されている家

無垢材が利用されている家

天井にも無垢材を取り入れた家

無垢の家の施工事例05

自然の温かみを感じられる

床や天井にふんだんに無垢材を利用した事例です。キッチンのカウンターや部屋の扉からも木材の温もりが感じられるつくりになっています。家のあちこちに設置された窓から差し込む光が、無垢材に当たって柔らかな温かみを創出。自然の豊かさを感じられる住まいです。廊下を少なくした設計で無駄なスペースをできるだけ削減しているため、家事の際の移動距離が少なく済み、生活導線がスムーズになっているのも特徴です。

オーナーからひと言

急なお願いだったにも関わらず、無垢材のキッチンカウンターを設置していただきました。完成を目にし、すごい良い雰囲気を出しているなと感じています。建物には「吹付け断熱アクアフォーム」という断熱材が使用されていて、高気密高断熱。機能性も高い家ができました。洗面台にも木材が利用されていて、家中から自然の心地よさを感じています。

大空間の床に惜しみなく無垢材を使用した家

無垢の家の施工事例06

家族が自然と集まれるリビングに

I型のキッチンを壁向きに取り付け、広々と確保したLDKスペース。その床材として無垢材をふんだんに使用している事例です。7人の大家族が生活する住宅で、家族みんなが集まれる場所になるように広い空間を確保しました。無垢材の床は冬でも温かみがあり、子どもからおじいちゃん・おばあちゃんまで快適に過ごせる環境を実現。体への負担が少なく、家族にやさしい住まいができあがりました。

オーナーからひと言

準二世帯住宅を建てようという話になったのですが、どこかに家族みんなで集まれる場所が欲しいと考え1階に広いリビングを持ってきました。温かみがあって心地よい無垢材。オール電化仕様にしたこともあって、光熱費削減に助かっています。家族7人が使ってもお湯がきれないように、エコキュートは460リットルの大容量!風通しも良くて快適な住まいになりました。

無垢材を取り入れ和モダンな雰囲気を醸し出す家

無垢の家の施工事例07

思わず寝ころびたくなる無垢材の床

床や天井、柱、扉など随所に無垢材を取り入れた事例です。リビングに続く扉は格子戸になっていて和風モダンな印象に。日中は大きな窓から木漏れ日が差し込み、無垢材の温かみがより一層引き出されます。リビング一面に敷かれた無垢材は心地よさ抜群。木材本来の温かみや柔らかさを感じられるでしょう。休日はついつい床に寝転んでしまいそうですね。

オーナーからひと言

家づくりにあたって、価格・土地・デザインなどさまざまな要素にこだわって業者を探していたところ、石田工務店さんにいきつきました。内装に無垢材を利用していて大工さんの技術に定評があったのが決め手です。細かい部分まで要望に応えてくださり、理想の無垢材ハウスが完成しました。本当に感謝しています。

無垢の家のメリットを
より詳しく見る