自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » マツ(パイン材)の家 » マツ(パイン材)のメリットデメリット

マツ(パイン材)のメリットデメリット

マツ(パイン材)の家のメリット・デメリット

日本の住宅で誓われるマツには国産のものもありますが、いわゆる「パイン材」として洋風住宅や輸入住宅によく使われるマツは輸入されたマツ科の木材を指します。明るい色と独特の木目が特徴のパイン材は、ナチュラル感を醸し出すフローリングの床材としてとりわけ人気があります。

パイン材を住まいに使う場合のメリット・デメリットを以下に紹介します。

パイン材の家のメリット

冬温かく、夏は涼しい

無垢のパイン材を裸足で踏んでみると、温かさを感じます。熱伝導率が小さくて体温を奪われることがないうえ、自然の木の感触が心地よいので、床材に使うと冬でも裸足で過ごせます。そして外からの熱伝導も低いので夏はひんやりと涼しいのです。

柔らかく衝撃を吸収

パイン材は比較的柔らかな素材で、衝撃を吸収してくれます。床に使えば足腰の負担の軽減効果が期待できますし、加工しやすいのでカントリー風味の家具にもよく用いられます。ただし国産の地松はパイン材と違い、硬く丈夫な木材なので、施工の際に間違えないよう気を付けましょう。

香りがよい

どの木でも無垢材は木の良い香りが特徴ですが、パイン材の香りにはリラックス効果を与える「フィトンチッド」という成分が含まれており、森林浴のようにさわやかな雰囲気の中で過ごせるでしょう。

価格が安い

パイン材は無垢材の中では比較的流通量が多く安価なので、自然材をふんだんに使いたい場合におすすめです。ただし近年では輸入材の値上がりなどもあり、希少性が高まっています。

パイン材の家のデメリット

キズがつきやすく、変形の怖れあり

柔らかでよくしなり、加工がしやすいというパイン材のメリットは、同時に表面にキズが付きやすいというデメリットと背中合わせになります。自然材の呼吸が感じられるのは魅力ですが、これは言い換えると吸水率が高いということ。膨張や収縮がしやすく、変形してしまう怖れがあるのです。強度が必要な部分には使用しない方がよいでしょう。

シロアリ対策が必要

やわらかく変形しやすいパイン材はシロアリの大好物です。同じ無垢材でも檜の芯材はその香りからシロアリ予防に一定の効果があると言われていますが、パイン材を住宅に使う際はシロアリ対策が欠かせません。建築時に工務店にしっかり確認しましょう。

なお、パイン材の家具でもシロアリ被害の可能性があるので注意が必要です。

色の変化は避けられない

パイン材の明るい木の色が気に入って床材などに取り入れる方は、色が次第に変化していくことを頭に入れておきましょう。使用するにつれ、年月を経るにつれ、パイン材の色は次第に濃くなり、飴色に近づいていきます。自然材ならではの味わいとも言えますが、色にこだわる方にはデメリットとなりそうです。

自然の中で暮らしているようなパイン材の家

香りがよく、温かく、比較的安価なので、無垢材に囲まれた住まいを実現したいときにはパイン材がおすすめです。パイン材の特色はメリットにもデメリットにもなり得ます。家づくりで重視することは何かを考えて素材を選ぶことが大切です。