自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » マツ(パイン材)の家 » マツが使用されている家

マツが使用されている家

パイン材を使った自然素材の家の施工事例

味のあるレトロなピアノ室併用住宅

床に使われているのは無垢のパイン材ですが、どの部屋もシックな暗めの茶色で統一されており、非常に落ち着いた雰囲気を生み出しています。塗装はオーナー自身の手によるもので、パイン材は塗装・着色しやすいとはいえ見事な仕上がりとなっています。ダウンライトを多く用いたり壁の色を工夫したりして暖かみのある仕上がりに。

窓の位置やクロスなどにもこだわりが見えます。ピアノ室はもちろん防音仕様です。

オーナーからひと言

営業の方が熱心で、他の工務店より誠実な感じを受けました。価格はもちろんデザインや内装にもこだわりたかったので、色々な注文に答えてくれそうな工務店を選びました。納得いくまで何度も打ち合わせを重ねてもらえ、満足のいく仕上がりとなりました。

健康に配慮した開放感のある住まい

アレルギーをお持ちのご家族のため、自然素材にとことんこだわりました。ご家族が集う1階の床はパイン材、天井はスギの無垢材、壁に漆喰など、すべてに自然素材を取り入れています。

また、開放感ももう一つのポイントです。玄関・LDK・水回りなどどれも大型でゆとりを持たせ、リビング横の和室は引込戸とすることでリビングと一体化できる工夫もしています。さらに吹き抜けを設け、窓やサッシを大きく取ることで明るく、より開放感の増す造りにしつつ、家事動線や収納を多くとるなど、快適な生活に欠かせない部分を意識した配置になるよう心がけています。

開放的空間で心地よく暮らすためには断熱対策が欠かせないので、吹付ウレタン断熱や内窓を取り入れるなど様々な工夫をしています。

オーナーからひと言

家族が増えたため注文建築を検討しており、一番自分たちの理想を現実にしてくれそうな石田工務店さんにお願いしました。素材から外壁まで様々なこだわりがあったのですが、わがままを聞いてもらえ、理想の家が出来上がり満足しています。

あたたかみを感じるアンティーク空間

そこにいるだけでほっこり気分になれる住まいです。勾配天井やオーナー自ら手配したキッチンに加え、床から天井までをほぼ自然材とすることでアンティーク風味が溢れる家になっています。また、内装だけでなく構造躯体に檜の無垢材を使うなど、家そのものも自然素材で造られています。

キッチン作り付けの棚、洗面台などにも木材を用い、扉や窓の造り、壁紙など随所に工夫を凝らすことで暖かみをさらに増しています。吊るすタイプの照明にもオーナーのアンティークに対するこだわりが見られます。

2階のロフトに向かう階段は同時にしゃれた収納棚としての機能を持っています。ロフトには2階の各部屋から行けるよう繋がっており、使い勝手もばっちり。内装だけでなく外壁にレンガ調のサイディングを採用することでトータルコーディネートがされています。

広々LDKのぬくもりに満ちた家

この家のメインといえるLDKは実に21帖を超える広さです。床材に用いたのは檜で、パイン材より強度があり、一味違う造りとなっています。無垢のフローリングは年月を経て使い込むごとに味わいが増してくるものですが、檜ならではの色合いの変化が楽しめるでしょう。

床材以外にも階段や建具の一部にパイン材、壁や天井は漆喰を用いるなど、自然材を多用したぬくもりのある住まいになっています。広いリビングで快適に過ごせるよう、造作カウンターを配置したり、空調の無駄を省くための階段部分への引戸を設置したりと工夫が見られるのも◎。

トイレや洗面所、風呂場も自然光の明るさを取り入れ、暖かで清潔な印象に。ベランダや外壁をレンガ調にすることで外から見ても暖かさを感じる家になっています。