自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 自然素材の家を建てる魅力とは » 神奈川県・相模原市で建てられた自然素材の家特集

神奈川県・相模原市で建てられた自然素材の家特集

神奈川県・相模原市の自然素材の家を紹介しています。他にも相模原市で自然の家を建てたオーナーの声を掲載しているので、チェックしてみてくださいね。

事例1:自然素材にこだわった高性能な住まい

無垢材を多く使った温かみのある住まいは、ホール部分を小さくして生活導線が短くなるよう工夫されています。部屋ごとの内装にもこだわり、シンプルなフローリングの部屋からホワイトとグレーをバランスよく取り入れた部屋などに施工。建物自体も気密性・断熱性の高い壁材を用いることで、全体的な性能を上げています。

相模原市の自然素材の家

たくさんの無垢材を使った木のぬくもりを感じられる空間

1階には床や天井だけでなく、カウンターにも無垢材を使っているのが特徴。部屋のテイストに合わせ、無垢材で統一したあたたかな空間です。窓が多く取りつけられているので、光を取り込みやすく明るい部屋に。床下収納もあり、キッチン小物や調味料などの保存にも困りません。

事例2:アメリカンなデザインの無垢檜住宅

西アメリカのカントリー調を再現したデザインの住宅は、無垢檜を使った自然素材の家です。木造在来工法で施工されており、耐久度も高めに作られています。吹き付け式の高断熱・高気密な壁材を使い、長く住むために必要な施工が施されているのもポイント。部屋ごとにクロスを変えてモダンや和風などの印象を与えているので、住宅内でも全く違った趣を楽しめるでしょう。

相模原市の自然素材の家2

檜の無垢材をふんだんに使ったリビング

無垢檜の建材を使用した1階フロアーは広々とした間取りで、ダイニングキッチンのそばには2階への階段を設置。サッシ周りはインセットモールでまとめ、外側からはアメリカン風に見えるよう仕上げています。内装はホワイトカラーに統一しており、照明が少なくても明るく見えるように。和室とも続き間になっているため、時間があるときは部屋を移動してくつろげます。

ダイニングキッチンはクロスでアクセントを

ダイニングキッチンのクロスはブロック地で、檜の床やホワイトの内装にアクセントを与えてくれる存在。単調な部屋になりがちなリビングフロアをオシャレに魅せてくれます。木製の棚も備え付けられており、収納スペースにも困りません。

事例3:厳選した素材でアンティーク調な家に

相模原市の自然素材の家3

施工はこだわりの自然素材で統一

アンティーク風の内装デザインが素敵な住まいは、施工主が手配した照明やキッチン設備、洗面台などを設置したこだわりの住宅。収納と一体化した階段や各部屋からつながるロフトなど、快適性も重視しています。屋根は軽量瓦、外壁はレンガ調のサイディングを用いてイメージ通りの洋風建築に近づけています。

構造体に檜の無垢材、床・建具はパイン材、勾配天井の部分には杉材と、随所に自然素材を取り入れています。壁や天井にはアクセントクロスを貼り、使用している建材と調和するよう工夫。細かなところまでこだわった室内ができあがっています。

事例4:木の香りが広がる天然素材の住まい

無垢材を床や天井に使い、木の香りが広がる住まいに仕上げた相模原市の住宅。ウォークインクローゼットや小屋裏収納など、収納の多さも魅力です。2階には大きなバルコニー。眺めの良さはもちろん、洗濯物も干しやすいスペースになっています。寝室にはアクセントクロスを使い、オシャレな印象に。天然素材をうまく生かした空間となっています。

相模原市の自然素材の家4

こだわりの無垢材で統一した空間が魅力

檜のフローリングや建具、杉の天井など、要望をできる限り叶える形で天然素材を使った肌触りの良さや香りが魅力。家族みんなが集まるLDKには無垢の化粧柱を設置し、皆がくつろげる場所を整えています。無垢材の良さをしっかり感じられる住まいになりました。

時間によって表情が変わる無垢材のLDK

無垢材が多く使われたLDKは、朝や夕方など時間帯によって与える印象が変わります。朝は日当たりが良く明るい空間、夕方はオレンジの明かりが映えるあたたかみのある空間など、ライトや日光の当たり方によって変わる表情を楽しめる空間に。無垢材の良さを最大限に味わえるのがメリットといえます。

事例5:効率的な家事導線が魅力の自然素材を使った住宅

水回りからキッチンまでの導線をしっかり引き、家事のしやすさを考えた間取りが特徴の住まいです。帰宅後の浴室への導線や洗濯物の干しやすさなど、暮らしやすさを第一に設計されていて家事が苦にならないつくりに。また、リビングには節のある木材を使用し、味わいのある空間となっています。淡い色合いの素材を使い、ホワイトカラーの壁とのコントラストであたたかみのある空間に仕上げました。

相模原市の自然素材の家5

細かな部分に木材を使用

床だけでなく、さまざまな部分に木材が使用されているのも特徴です。収納扉や階段の手すり、和室付近などの部分に木材を用いているので、家のどこにいても木のあたたかみを感じられます。アクセントクロスやタイルなどをうまく合わせることで、スタイリッシュとカントリー感を融合させているのが魅力的です。

空間を有効活用した設計

設計段階からこだわり、固定階段式の小屋裏収納や開放感をもたせる連動式の扉など、あらゆる部分を有効活用しているのが特徴。水回りやキッチンの導線だけでなく、収納や部屋ごとの建具にも気を配っており、暮らしやすくするための工夫が凝らされています。収納スペースも十分に設け、家族が増えても片付けしやすく邪魔にならないつくりになりました。

事例6:淡色で自然な雰囲気を演出した家

相模原市の家の施工事例6

白だけが「解放感」じゃない

グレーの外観に、内装も所々に濃い色を配置。また、ドアは木材そのままの色を生かすなど、白を基調とした家とはまた違った「自然」な雰囲気となっています。タイルを採用したり、凹凸に対しては窓を設置したりすることで、立体感を演出。効果的に窓やドアを配置することで、解放感のある住宅が実現しています。

「解放感=明るい色=白」というイメージも強いかもしれませんが、白だけにこだわるのではなく、窓やドアの設置場所、カラーリングのコントラストを上手く考えることで広々とした空間を演出しているのが魅力です。

特に顕著な部分がキッチンでしょう。流行のキッチンは白を基調にしたシステマチックなものですが、白ではなく木材の良さを出した茶と濃いカラーリングがポイントです。一見、部屋を狭く感じさせてしまうのではと思うかもしれません。しかし、他の部分との立体感やバランスまで考慮されているので、決して狭さを感じさせない造りとなっているところに設計者の「こだわり」が感じられます。

事例7:上質感のある住宅

相模原市の家の施工事例7

落ち着いた雰囲気が決め手

外見だけで判断すると、昨今よく見かける先鋭的・個性的なデザインだと感じるかもしれません。しかし、中は板の目を採用することで上質で落ち着きのある雰囲気を感じさせてくれます。白を基調にしたデザインが人気を集めている昨今の注文住宅。白は清潔感もさることながら解放感もあるので、敷地以上に家の中を広く見せる効果があります。

こちらは内装のほとんどを白にするのではなく、板の目や木材をそのままアピールしている部分とのメリハリが生きた住宅です。長く住み続ける家として、落ち着ける環境が用意されています。もちろん、広く見せるための工夫が随所にあるのは言うまでもありません。

カラーリングに頼らない分、階段は吹き抜けタイプとすることで重厚感ではなく軽さを演出しています。階段の位置も家の中央ではなく、リビングの隅にすることで他の部分への影響を最小限に食い止めているのもポイントの1つ。デザイン・アイディアによって、上質感と解放感を両立させたクオリティの高い住宅となりました。

事例8:ペットとも暮らせる高気密な住宅

相模原市の家の施工事例8

吹き抜けが解放感を演出

30.18坪と決して「物凄く広い土地」ではないものの、家の中に入ると数字以上の広さを感じさせてくれます。吹き抜けを採用することで、気持ちのいい解放感が生まれました。また、木材をむき出しにしていることで、「自然感」も同時に演出。解放感はもちろんですが、人工感のない、自然な雰囲気を堪能できます。

基本的には白を基調にしつつ、枠は木材をそのまま活用。決して「不自然なほどの白い内装」ではなく、木材が活きる空間を完成させています。窓も多めに配置して採光面もしっかりと計算することにより、明るさと解放感の双方をもたらしているのもこの住宅の美点です。

また、愛猫との生活をとのリクエストから、猫が遊べるようにとの配慮も。壁面にステップカウンターを設置することで、猫の遊び場を増やしています。フローリングやクロスには猫のひっかき傷に強い商品を採用。人間だけではなく、猫にとっても快適な空間となりました。また、防音ルームを作るなど、随所にこだわりが見られます。

事例9:憩いの場になる畳コーナー

相模原市の家の施工事例9

1つの空間が素敵なアクセントに

フローリングや扉は木目調にすることで、木のぬくもりや安らぎを感じさせるものとなっています。ただし、すべてを木目調にするのではなく、壁は白を基調に、あくまでも扉やフローリングを木目調とすることでコントラストを鮮明にし、木目調の良さを演出するに至っています。

このように、落ち着きのある家ですが何よりもこだわって造られているのは動線です。住みやすさを追求した住宅は、人だけではなく風の流れまで計算したものとなっています。どうすれば快適な空間となるのかしっかりと考えられているのも、地元に根付いた業者だからこそです。

カウンタータイプのキッチンに加えて、隅に設けた和室は3畳が良いアクセントになっています。決して広くはないからこそ、住む人のアイディア次第で様々な用途に活用できます。家族の誰もが利用できる憩いの場として、のんびりと過ごせる空間は生活に豊かさをもたらしてくれるでしょう。工夫を凝らしたい時は、LDKの一角に畳間を設けるのも良いかもしれませんね。

事例10:家事にこだわった住宅

相模原市の家の施工事例10

敷地を最大限に利用して生みだした住み心地

27.55坪の敷地を最大限に活用。とにかく「大きく感じるように」との配慮が、随所に見られる造りとなっています。例えばLDK。普段は広々とした家族団らんの場となっていますが、来客時には個室としても活用できます。白と木目のコントラストは、自然な雰囲気を演出。明るすぎず、ほど良い安らぎを覚えるようなありのままのスタイルは、長年住むにピッタリの雰囲気です。

さらにこだわりを見せたのは家事をする場所。家事は毎日行うものだからこそ、家事がしやすいようにとのこだわりが反映されています。

動線、キッチンの位置など、細かい部分にこだわりを持つのは毎日使う部分だからこそ。些細なストレスも蓄積してしまうと大きなストレスになり、マイホームに対しての想いが薄れてしまうかもしれません。そんな不安を解消してくれるキッチン以外にも、収納が多めに用意されている工夫もワンポイントとして輝いています。

事例11:どこか「非日常感」のある住宅

相模原市の家の施工事例11

清潔感と上質感が新しい景色を見せてくれる

将来設計までしっかりと考えられたこの住宅は、白を基調にした内装で清潔感と上質感を両立しています。また、一部の扉は木目調を採用してデザインに一工夫を加えているのが魅力的。フローリングも1階は白に統一しつつ2階は木目調と、同じ家で違った雰囲気が楽しめます。

また、屋根は瓦にする独自のこだわりもあれば、将来的には子供の部屋にとの考えから2部屋に分けられる設計となっているのが特徴です。カウンターキッチンがもたらす機能性に収納など、済みやすさを長期的ビジョンにて追求。夫婦二人ではラグジュアリー感を楽しみつつ、子どもができたらより実用的にとのビジョンが形となっています。それだけに、家の中を様々な形で活用できるよう工夫されているのが見どころです。

二部屋に分けられる点はもちろん、子どもができた時のことを踏まえての動線やリビングの解放感など、いずれ必要になるであろうコミュニケーションや実用性まで考えられています。

第三者機関も呼んでしっかりとチェックを受けているので、細かい部分にまでこだわって作られた住宅の安全性を証明してくれるでしょう。

事例12:レトロさとおしゃれが融合された住宅

相模原市の家の施工事例12

デザイン力の高さが◎

あえてパイン材の無垢素材を使った、こだわり溢れる自然素材の家です。パイン材をそのままではなく塗装することで、ヴィンテージ感のあるおしゃれな空間に仕上げました。塗装もオーナー自身が施したのだとか。プロの職人技ではなく、オーナーが想いを込めて丁寧に仕上げた、味のある空間が魅力的に感じる住まいです。リビング以外の部屋もアクセントクロスで部屋の雰囲気を変え、それぞれの居室ならではのこだわりを大切にしています。床材だけでなく、ドアの素材にもこだわり、自然素材ならではの良さが洗面に感じられるようになっているのが特徴。照明もレトロなデザインを取り入れるなど、夢や理想が詰まった住宅に仕上がりました。

事例13:木材の良さを全面に出したこだわり住宅

相模原市の家の施工事例13

ひだまりが家族をつつむ

フローリングや扉はもちろん、室内インテリアにも自然素材をふんだんに取り入れた、こだわりあふれる自然素材の家です。大きな窓から差し込む太陽光が、家の中を明るく包みこみます。吹き抜けを取り入れ、家全体が開放感のある空間であるため、のびのびと過ごせそうなのが魅力。内装だけでなく、外構にもこだわった住宅です。バリアフリーにもこだわり、車いすでもスムーズに移動しやすい導線や広さを実現した住まいに。移動の際に負担にならないよう、玄関の外にスロープもつけています。リビングだけでなく各居室に自然素材を取り入れ、どの部屋にいても落ち着きを感じられる、過ごしやすい住まいになりました。まるでモデルルームのような贅沢な空間を取り入れています。

事例14:ナチュラルさを全面に出した明るい住宅

相模原市の家の施工事例14

居心地のよい空間づくり

ホワイトと明るめの木材を基調にした、機能性も重視した自然素材の家です。思わずゴロゴロしてしまいたくなるほど、木材の心地よさを全面に取り入れています。リビングと居室の使用木材に変えているのも、オーナーならではのこだわり。畳スペースを取り入れ、限られた空間も工夫してデザインしています。L字空間を生かし、デッドスペースもうまく活用しました。風通しと機能性を充実させているため、家族みんなが過ごしやすい場所になっています。クロスもホワイトだけでなく、子どもたちが喜ぶようなデザインを採用。家の随所に愛情と温もりを感じます。家と一緒に家族の歴史や思い出がどんどん増え、大切な場所となるような、温かみのある住宅です。

相模原市の住みやすさ

自然豊かな街

相模原市は自然豊かな街なので、自然を魅力だと感じることができる人にとってピッタリの街です。市の西部は大半が山岳地帯、平野部には山間部から流れてくる相模川があります。相模川の流域は河川敷もあり、歩いているだけでも楽しめるのが素敵なポイントです。

平野部の賑わいとは裏腹に、相模川流域は自然環境をこれでもかと感じられる雰囲気が流れています。公園も多く、自然環境という点では恵まれているエリアです。

自然のレジャーも盛沢山

相模原市は、自然のレジャーも多いのが魅力の1つです。自然そのものも多々ありますが、神奈川県内でも登山者から人気を集めている丹沢は相模原市にあります。他にも県立津久井湖城山公園、さがみ湖リゾートプレジャーフォレストなど自然を楽しめる施設が多数あるのがメリットです。自然を楽しみたい気分を満たしてくれるスポットが複数あります。

また、このような自然が相模原市にとって特別ではありません。平野部であれ、日常生活の中で当たり前の様に山間部が視界に入ります。見るだけで楽しめる景色は、生活に彩をプラスしてくれるでしょう。

静かに暮らせるのも相模原の魅力

相模原市は東部の平野部、西部の山間部に分類することができます。基本的には、静かな街です。国道16号線は交通量が多いものの、それ以外のエリアに関しては比較的静かであるといえます。

それもそのはず、国道16号線の交通量が多いのは相模原市に用事があるからではありません。横浜方面から西東京、あるいは山梨エリアへと移動する通り道として利用されています。静かに暮らしたい人にとっては、ある程度物が揃いつつ、静かな環境とあって住みやすいエリアだと感じるでしょう。

オーナーの声

相模原市の補助金制度

相模原市で、家を建てるときにもらえる補助金をチェックしましょう。全国で施策されている制度以外の給付金や、独自の制度を取り入れている可能性があります。

勤労者住宅資金利子補給制度

相模原市内に家を新築または購入する人を対象に、住宅ローンの利子を一部補助してくれる制度です。すでに住宅を所有している人は対象外ですが、増築する場合に借り入れた住宅ローンは補給制度の対象となります。

条件を全て満たす人は、対象となります。借入額は100万円〜600万円で、600万円を超える場合は条件にのっとって金額が決定します。

申請の注意点について

利子補給期間は返済を始めた月から24ヶ月以内なので、できるだけ早く申請しましょう。また、申請時には以下書類が必要です。

申請先は相模原市役所ではなく、融資を受けた中央労働金庫です。どこの金融機関でも受付しているわけではありません。指定された金融機関で借入れをした人のみ受けられる補助金なので注意が必要です。

また、利子補給額は、借入利率(上限3%)に応じて市が算出します。実際に支払った金額の1/2と比較して低い方が給付対象です。利子全額補助されるのではないため、よくチェックしておきましょう。

住宅用スマートエネルギー設備等導入

温室効果ガスの削減やエネルギーの効率的利用促進のため、スマートエネルギー設備を設置した場合、奨励金が交付されます。第1期・2期と申請期間が設けられ、設備設置完了後に申請。2つのコースのうち、該当する方どちらかのみ申請できます。

ZEHは15万円、自家消費コースは5万円一律支給されます。

申請の注意点について

ZHEコース自家消費コースどちらも、同一年度内に設置完了していなければ、奨励金は受け取れません。また、対象設備ごとに1回限りの申請が条件です。年間で受け入れ件数に限りがあるため、もし申請枠を超えた場合は抽選で決定されます。もし抽選に外れた場合、再申請ができないので、注意しましょう。

相模原市の評価や口コミ

ここではいくつか、相模原市についての評価や口コミを紹介します。

子育てに関する口コミ

保健師さんにお世話になりました

子育て支援も充実していて、育児ノイローゼになったときには保健師さんに相談に乗ってもらっていました。保育施設もあって、一時預かり保育もあるみたいです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/educate/)

他の場所にも出かけやすい

イイ感じで都会な部分と田舎な部分があって、気に入っています。横浜に行く際も近くてアクセスしやすいですし、渋谷や新宿にも行きやすいです。広い公園もいくつかあるので、子育てにもピッタリだと思います。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/)

公園や自然が多い

相模原市は大きな公園が多く入場無料の施設も充実しているので、小さい子供がいる家庭は毎週末楽しめるでしょう。特に隣接している麻溝公園と相模原公園がおすすめで、遊具やアスレチック、ミニ動物園などの動物と触れ合える施設もあり、子供たちが楽しめます。自然も多く、行政もしっかりした印象なので暮らしやすいです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/)

子育て支援に助けられた

保育施設が多くあって、保育園や学童保育施設の定員にも余裕がある印象でした。市営プールや公民館、児童館もあって便利です。また育児で悩んでいた時も保健師さんが相談に乗ってくれたりと、相模原市は子育て支援に力を入れているようで、子育てしやすい環境だと思います。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/?page=3)

治安に関する口コミ

のどかで過ごしやすい

田舎なところもあって、近所の人たちも温かい人ばかりと、のどかな場所です。学生もよく見かけますし、そういったところも住みやすい場所なのかなと思います。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/security/)

利便性に関する口コミ

電車アクセスもペット連れにもいい地域

私の住む橋本駅は、隣が八王子で茅ヶ崎にも電車一本で出られる立地です。相模線、横浜線、京王線が利用できて新宿へも30分程度とアクセスしやすいです。街中に住みながら緑にもすぐ足を伸ばせるところがいいです。またペット連れにもやさしい環境で、ペット同伴で食事ができるレストランに公園や緑地も多く、動物病院も多くあります。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/)

スーパーから八百屋さんまでなんでも揃う

淵野辺駅近くに住んでいますが、書店、ドラッグストア、100円ショップにお惣菜屋さんなど、ここは駅前になんでも揃っています。またスーパー激戦区のようで、チェーン系のお店から地元の八百屋さんまであり、選択肢が多いです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/)

何をするにも比較的便利

橋本駅から徒歩20分くらいのところに住んでいますが、コンビニやスーパー、ドラッグストアも徒歩圏にあり、買い物には困りません。駅前には百貨店や映画館をはじめ図書館や美味しいお店もあります。また相模川はレジャーに適していて、釣りやバーベキューも楽しめます。車での移動の場合も国道へアクセスしやすく、中央道や東名へも出やすいですし、ガソリンスタンドも近くに2店舗あります。この辺はほぼ平坦な道が多く、自転車の方でも移動しやすいと思います。電車も都心へは最速で40分ほど、横浜方面は1時間弱、湘南や八王子へもアクセスしやすいです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/)

車があるといっそう便利

番田駅が最寄りですが、物価も安くてスーパーも多い割に田舎だから住みやすいです。相模川にすぐアクセスできて自然も多いし、北里大学病院はじめ人口と比較して小さい病院も多くあるので、医療の面でも安心です。車があると町田、八王子、多摩などが近くなるのでさらに便利だと思います。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/sagamihara/chuo_ku/review/?page=2)

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る

サイト運営

家づくり55年

石田工務店

石田工務店キャプチャ

私たち石田工務店は、檜を中心とする国産無垢材を取り入れた家づくりを得意としています。ここ数年、自然素材の家の人気が高まっていることを受け、住宅を検討している方が正しい情報をもとに判断できるように、サイトを通して情報提供をしています。家づくりに関するご相談は、お気軽にお問合せください。