自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 漆喰の家

漆喰の家

漆喰の家の施工事例1
漆喰の家の施工事例2
漆喰の家の施工事例3
漆喰の家の施工事例4
漆喰の家の施工事例1 漆喰の家の施工事例2 漆喰の家の施工事例3 漆喰の家の施工事例4

「漆喰を使用した家」の
施工事例をみる

漆喰っていったいどんな素材?

漆喰といえば、白くてどんな部屋にもマッチする、素敵な壁!というイメージに加え、調湿性能が優れている!と思っている人が多いようです。しかし、漆喰は実は調湿作用に関しては、その性能は決して高くありません。昔は調湿性能が良いと言われていましたが、それはあくまで下地が土壁であった時代です。

現代は下地に石膏ボードを使用していますから、そうなると漆喰の調湿作用は優れているとは言えません。調湿作用だけに視点を当てれば、珪藻土のほうがはるかに優秀です。

とはいえ、漆喰は世界遺産や国宝にも使用されているくらい耐久性の高い素材で、自然素材の中でもおすすめの素材です。こののように、さまざまな特徴をもつ漆喰に興味はあるものの、いろいろと疑問や不安がある…という方に向け、知っておくべき漆喰の知識をまとめています。

メリット・デメリット

調湿作用については前にも記述しましたが、高い作用は期待できませんが、全く調湿作用がないわけではありません。JIS規格には満たないのですが、多少は調湿作用をもちます。過度な期待は禁物だということです。

ゆっくり石灰石に戻っていく漆喰は、その過程でホルムアルデヒドを吸着、分解してくれるので、シックハウス症候群やアレルギーの心配なく暮らすことができます。どんなスタイルの家にも合うシンプルさも人気の理由です。

しかし、施工が難しいために、高い技術力をもつ職人の腕が必要であったり、施工に時間がかかるなどのデメリットがあります。ほかにもさまざまなメリット・デメリットがありますので、詳しく紹介していきます。

漆喰のメリット・デメリットについて詳しくみる

メンテナンス

漆喰は静電気を溜め込まない性質をもつため、ホコリなどもつきづらく、汚れづらいので、基本的にはメンテナンスフリーとなっています。しかし、真っ白な漆喰は汚れが目立つのでは?と気になる人も多いはず。軽い汚れであれば、消しゴムや紙ヤスリで対処可能です。ただし、傷は残ってしまいます。もし傷が気になったとしても、DIYはおすすめできない素材ですので、自分で対処するのはやめましょう。他にも、詳しいメンテナンス法や業者に頼んだ場合のメンテナンス費用なども紹介しています。

漆喰のメンテナンスについて詳しくみる

価格帯

漆喰を使用すると家を建てるのにどのくらいの予算が必要なのか、気になるところですよね。そこで、実際に漆喰を使用して家を建てた例を取り上げ、こだわりの場所や広さとともに価格を紹介しています。

漆喰の価格帯について詳しくみる

オーナーの声

漆喰を取り入れた家を建てご家族のお話し。家の素材に漆喰を使用した経緯と、ご家族の家に対する思いを紹介します。

オーナーの声について詳しくみる

サイト運営

家づくり55年

石田工務店

石田工務店キャプチャ

私たち石田工務店は、檜を中心とする国産無垢材を取り入れた家づくりを得意としています。ここ数年、自然素材の家の人気が高まっていることを受け、住宅を検討している方が正しい情報をもとに判断できるように、サイトを通して情報提供をしています。家づくりに関するご相談は、お気軽にお問合せください。

そもそも漆喰とは?どんな効果があるの?

漆喰

漆喰(しっくい)とは消石灰(石灰石)に水やノリを加えた建材です。似た建材に珪藻土がありますが、珪藻土は植物性プランクトンが原料の土。石からできているか土からできているかという違いがあります。

塗ったあとに、空気中の二酸化炭素と反応してどんどん固まっていくのが特徴です。固まりきるまでには100年ほどかかるとも言われています。その間に、使用したノリが徐々に消えていくため、多孔質に変化します。

F☆☆☆☆(エフフォースター)ってなに?

F☆☆☆☆(エフフォースター)とは、告示対象建築材料のこと。F☆☆☆☆が付いている漆喰は、化学物質が含まれています。☆が多いほど、安全性が高いのですが自然素材の漆喰ではないということになるので、建材を選ぶ際はチェックしてみてください。

漆喰にはどんな効果がある?

ホルムアルデヒドの分解

漆喰は固まっていく過程で空気を取り込みます。その際にシックハウス症候群の原因である化学物質のホルムアルデヒドを取り込み分解する働きがあります。

防汚効果

漆喰は静電気を帯びないため、細かなホコリがくっつきません。掃除が楽になるのはもちろん、ハウスダストアレルギーの人にも嬉しい効果です。

耐火・耐久性

もともと、耐火性を期待して作られた建材で、火に強い特徴があります。また、日本の古い建物が残っていることから分かるように、高い耐久性も持っています。

殺菌効果

アルカリ性である漆喰は、ウイルスやカビ、ダニなどを寄せ付けない効果があります。見た目は固まっていても、空気と反応し続けているため効果も持続します。

調湿効果

漆喰の下地に塗るものによっては、調湿効果を発揮するものがあります。また、塗ったあとに調湿作用のある孔(あな)が生まれるため、住めば住むほど快適になっていくでしょう。

塗り方によって仕上がりは千差万別

塗り方によって、漆喰の持つ表情を変えられます。漆喰の壁というと、真っ白で均一な厚みがあるイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。いろいろな仕上げパターンを紹介します。

コテ波仕上げ

コテで塗った跡を残す仕上げ方法。残った跡が波のように見えるのが特徴です。跡の残し方で個性を発揮できます。

扇仕上げ

コテを使い、跡が扇模様になるように塗っていく方法です。コテ波仕上げよりも均一の模様を描くようにするとキレイに仕上がるでしょう。

ハケ引き仕上げ

ブラシやハケを使って、表面に模様をつけるやり方です。使う道具により異なるパターンになります。

コテバケ仕上げ

ハンコのようにコテを押し当ててパターンを描いていく方法です。使う道具や押し当てる場所・角度などにより多彩な表現ができます。

ローラー仕上げ

ペンキを塗るようなスポンジローラーやゴムローラーを使う方法です。模様の付け方はカンタンな部類なのですが、下地がきちんとしていないと不格好になるので注意しましょう。

スパニッシュ仕上げ

海外の城壁を思わせる不規則なエッジを利かせたパターン。なかなかの技術が必要なので、DIYでは難しいかもしれません。

スタッコ調仕上げ

西洋のお城の壁のような岩感のある模様をつける方法。熟練の技術が必要ですが、手作り感も出しやすいパターンです。

マーブル仕上げ

2色の漆喰を混ぜながら塗っていく方法。高級感のある雰囲気に仕上げられます。しかし、難易度が高いので職人さんにお願いしましょう。

DIYで行うなら、素手や食器用のスポンジを使ってパターンをつけてみるのも楽しくておすすめ。特別な道具が必要ないので、初めて壁塗りする人でもチャレンジしやすいでしょう。

DIYでも対応できる?漆喰の塗り方

自宅の壁を漆喰にと考えている人の中には、自分の手でやってみたい!という人もいるでしょう。壁を塗りかえるのに必要な工程は以下のようになっています。

  1. スケジュールを立てる
  2. 道具や漆喰を揃える
  3. 養生する
  4. 下地づくり
  5. 下塗り
  6. 仕上げ塗り
  7. 片付け

1:スケジュールを立てる

まずはスケジュールです。塗り替えは作業する人が塗れる面積と乾燥させる時間が必要。初めて壁を塗りかえる人は、仕上げるまでに3日ほどかかると見ておいた方がいいでしょう。

2:道具や漆喰を揃える

塗るための道具だけでなく、掃除や養生(汚さないようにすること)などの道具も必要です。使用する漆喰を近場で購入するのかネット通販にするのかで、タイムラグが変わってきます。スケジュールがズレないように注意しましょう。

3:養生する

いよいよ塗り始めます。まずは、大事な下準備です。漆喰を塗らない場所や汚れたら困る場所を保護する養生を行いましょう。マスキングテープやビニールなどを使います。

4:下地づくり

塗り替えたい壁の汚れを落としたり、剥がす必要のあるクロスを取り除いたりします。壁紙の上から塗る場合は、剥がれないように大きなホチキスのような道具を使って留める必要もあります。

5:下塗り

コテを使って下地剤を塗っていきます。上塗りの滑りを良くしたり下地が透けないようにしたりする役割りがあります。初めて壁を塗りかえる人は練習にもなりますよ。

6:仕上げ塗り

漆喰を塗ります。漆喰は強アルカリなので肌に付かないよう注意してください。パターンをつけたい場合は、塗る前に決めておきましょう。塗り終わったら、壁が完全に乾く前に壁側に施した養生を外します。

7:後片付け

用した道具は漆喰が乾かない内にキレイに洗いましょう。乾くとカチコチになって取れにくくなります。また、壁が乾いたら養生を完全に外します。

DIYで漆喰を塗るときは、計画をきちんと立てておくのがコツです。慣れない作業のため、工程を飛ばしてしまったり塗る当日になって分からないことが出てきてしまわないようにしましょう。

漆喰の壁って費用が高いのでは?

高いか安いかは一概に言えません。一般的には、ビニールクロスの施工費用の3~5倍ほどかかるようです。倍率が幅広いのは、材料と職人さんの手間賃がいろいろと異なるため。漆喰と一言でいっても、自然素材の無垢な漆喰もあれば、人体に影響のない程度の化学薬品を含んでいるものもあります。もちろん、自然素材の方が高額でしょう。

また、職人さんの手間賃はその人の技術や住んでいる地域などにより変わってきます。不確定なものが多いため、一概に●●円くらいです、と言えないのです。その他の要素も合わせてまとめると、以下のようになります。

材料費

使用する漆喰やその他の建材の費用

・材料の入手費用
原料メーカーと施工会社間でのやり取りに関する費用

・施工費用や職人さんへの手間賃
壁を塗るためにかかる費用。いろいろな道具の価格も含まれる。

・塗り替えたい壁の状態
状態が悪いと別途料金がかかるケースがある

このように、いろいろなところで費用が発生するため相場がなかなか出せません。1つの業者だけでなく、いくつかの会社で見積もりをとることをおすすめします。また、最初から予算を提示して、どんな漆喰を使用するか・何日くらいかかるのかを聞いてみるのもいいでしょう。時間や手間を惜しまないのであれば、DIYに踏み切ってみるのもいいかもしれません。