自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » カラマツの家

カラマツの家

日本で唯一の落葉する針葉樹であるカラマツ。針葉樹と言えば、一般的には常緑樹で、冬でも緑色の葉を落とさないものですが、このカラマツは秋になると葉が黄色に染まり、針葉樹なのに広葉樹のように落葉することから「落葉松」と書いてカラマツと読むこともあります。そんなカラマツについて、生態や木材としての特徴と用途などをご紹介します。

カラマツっていったいどんな素材?

カラマツは寒冷地に多い種類で、冷涼な気候でも成長が早いのが特徴。

北海道や東北、長野県に並木や防風林として多く植林された木材で、育林の歴史は長く、明治時代から各地で造林され、明治中期はカラマツ造林の全盛期であったと言われています。

さらに第二次大戦の終戦後、将来の需要を見込んで、特に冷涼な気候である北海道や東北、長野県などに多く植えられ、降雪が多く、ヒノキの生育に適さない場所でも、力強く育つ雪国の代表的な人工林樹種として植えられました。

しかし、カラマツは割れや狂いが出やすく、板材としては使いにくいため、電信柱や工事で使う坑木などとして使用する予定だったと言います。
そして戦後に植林されたカラマツが、現在、伐採期(収穫期)を迎えていますが、坑木としての用途は無くなり、電信柱にはコンクリートや鋼材など別の素材が使われるようになり、時代に取り残された木材として植林当時の役割を無くしてしまいました。

ところが、最近の木材の加工技術の進歩により、カラマツの欠点が克服されるようになったことから、比較的安く、強度のある木材として積極的に利用されるようになりました。そんなカラマツの木材としての特徴を生み出しているのが豊富に含まれる「ヤニ」だと言われています。ヤニは強力な樹脂で、乾燥するとカチカチになるため建築材として避けられることもあります。

しかし、このヤニがあることで木材の表面がコーディングされ、艶やかに仕上がり時間が経つほど飴色に美しく経年変化するのです。

また、この樹脂は本来、カラマツが環境に適応し身を守るためのもので、防腐や防虫の効果を発揮します。このように厳しい環境に耐えられるように進化してきたカラマツの特徴の一つは高い強度にあります。また強度がある一方で、ねじれながら成長するという特徴から木材として使うときは曲がったり反ったりしやすいという性質があり敬遠されてきましたが、近年では乾燥や製材の方法によって、ねじれを克服する技術も発達しています。

カラマツの家ってどんな家?

カラマツ年輪や木目は色の赤みが濃く、力強い印象を受けます。そのため、くっきりした木目や色は、カントリー風から和風まで様々な空間によく合うと言われています。また、カラマツに含まれる樹脂成分に耐久性があるので、潮風の当たる海辺の街の外壁材に使われることも多く、湘南などで人気があるそうです。

長野県の大鹿村役場では、カラマツを建築用材として、素材の魅力を広く知ってもらうために、カラマツをふんだんに使用した村営賃貸住宅「大鹿カラマツの家」を建設しました。村内の森林の多くを占めるカラマツの間伐材を有効利用し、土台以外のほとんどの木材に大鹿産のカラマツを使用しています。その他にも、北海道産のカラマツで建てた「カラマツの家」を専門に施工している建築会社などがあります。

カラマツは古くから木杭等の土木用材として使われてきたことからも分かるように強度に優れ、また、経年変化により独特の赤みと艶が増す美しい木目が特徴で、優れた断熱性や調湿効果などたくさんのメリットがあるそうです。

メリット・デメリット

メリット

カラマツは、針葉樹の中では重きて硬いグループに属し、スギ材とヒノキ材の中間くらいの性質を持っており、耐湿性や耐久性に優れています。一般的に針葉樹は細胞が単純な構造をしており、肌触りがやわらかいと言われていますが、カラマツも肌触りが優しく、木の暖かみを肌で感じられるほか、特有のほのかな香りによって気持ちをやわらげてくれます。

また、ダニの発生を極力抑えるのでアトピーや喘息の予防にも効果があります。

デメリット

カラマツ針葉樹で杉と同様に比較的に傷がつきやすいといえます。絶対してはいけないことは、濡らしてしまうこと、または濡れたまま放っておくことです。濡れることが避けられない箇所などへは、あらかじめワックスは掛けておいた方が無難です。

メンテナンス

きれいに保つための日頃のお手入れは、掃除機や薬剤のついていないモップ、乾いた雑巾などを使ってホコリを除去してから乾拭きするのが基本です。水ぶきはおすすめできません。汚れがついた場合には、堅く絞った布で水拭きができます。もしキズがついた場合は、市販のペーパーヤスリで軽く滑らかにするとキズは消えまた平坦な表面になります。

価格帯

カラマツの家を建てるにはどのくらいかかる?

日本では建材として最高品質のものとされるヒノキ、日本人好みの強い芳香があり正しく使われたヒノキの建築には1,000年を超える寿命を保つものがあるとさえいわれています。そんなヒノキに近い建築材として手の届く椹(さわら)の家を建てるには、どのくらいの予算が必要なのか、具体的な例をご紹介します。

価格は高めだが品質を求めるならピッタリ

自然素材の中でもカラマツ材は高くなりがちな建材ですが、子どもやお年寄りが健康を害することもなく、健康被害の心配がありません。
初期費用を新建材とカラマツで比べると、ほとんどの場合、新建材のほうが安くなります。量産できる新建材は価格を抑えられるのに対し、カラマツ材は手間をかけて切り出すため、どうしても値段は高くなってしまうのです。しかしカラマツをふんだんに使うことで、木の表情を最大限に活かした床板や柱が他にはない住まいの表情が出るようになります。品質の高さやオンリーワンの仕上がりを求めるなら、カラマツの家がおすすめです。

どんなところに使われているの?

カラマツは戦後、とくに電柱用材として植林されましたが、時代とともに用途は変わっています。住宅建設では、柱や梁(はり)、垂木(たるき)などのほか、床材や壁材にも使われます。赤身(あかみ)や節が多いため、味わいのある仕上がりが魅力です。用途別の生産量を見てみると、約半分が製材用として使われているようですが、近年では特にカラマツを使った集成材が増えました。

同じマツでも、いわゆるパインと呼ばれるものは、北欧産のアカマツを指すのが一般的で、女性に人気の北欧家具にもこのパイン材が使われています。