自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 椹(さわら)の家 » 椹が使用されている家

椹が使用されている家

木の香りに包まれた豊かな暮らしの実現

自然素材を活かし木をたくさん利用した空間

木造3階建てのお家は、家族全員が寛げる空間をコンセプトにしています。特にこだわっているのは、家族全員が集まるリビングダイニング。ウッドデッキや椹を使用したお風呂の設置を行いました。

夏にはウッドデッキで友人を招いて、バーベキューなどを楽しめます。3階建ての各お部屋のスペースを最大限に活かし、木の優しさを感じるようなリラックスできる空間へ仕上げています。

リビングダイニングには、ウッドデッキが見えるようになっており、そこからの日差しが部屋の中に清々しく入ってきてくれます。全体的に穏やかな気持ちで過ごせる木に包まれた住宅となっています。

無垢フロアや椹の羽目板を使用したナチュラルな住宅

さまざまな木を活用した落ち着きのある空間

杉の無垢フロアや椹の羽目板などの自然素材を使用したナチュラルな住宅です。外観は、街並みに合わせた色調で落ち着いたダークブラウンで和の印象に。

家の中は、杉無垢フローリング、天井は椹の羽目板を使用し、上品さを感じさせてくれます。団欒は畳スペースで、天井が吹抜けになっており、開放感のあるお部屋となりました。

階段とスキップフロアの下のスペースを活用し、奥行きがあり、大収納を可能にしたファミリークロークは何でも入る大きさで重要なスペース。さまざまな種類の木を活用し、デザイン性のある変化を与え居心地の良い空間を提供してくれます。

M字型の異型地に建つヒノキやサワラを活用したお家

内装の統一感を大事にした清潔感のあるオシャレな住まい

複雑な資金計画とエリア限定の土地探しから始まった家づくり。家を建てるにあたり重視したポイントは、明るさと通風、そしてプライバシーのある住宅設計にすることです。

外装には定番のガルバリウム鋼板小波貼りに高耐久性のマニルカラをデッキや目隠しに採用。内装には廻れる動線を生かして床暖房対応の桧フローリングとさわら天井板を。

珪藻土やオガファーザー等の自然素材なども活用した家づくりとなっています。キッチン脇の小上がりの畳コーナーは、ほっとできる寛ぎ空間に。特注で設置したキッチンはシンプルでありなが広々と家事ができるとっておきのスペースとなっています。

椹の無垢板を使用した爽やかな壁と薪ストーブのある住まい

平家のスペースを最大限に利用した優しいお部屋

自然素材へのこだわりとシンプルに暮らせる住まいの提供を行うために、平家で離れの家が完成しました。シンプルで居心地のよさを強調するためのポイントが薪ストーブ。

白漆喰壁、桧腰板、楢無垢フローリングを使用したことでリビングスペースが穏やかで家族全員が集まれる場所に。また、リビングの横に琉球畳とじゅらく壁を利用した和室を完備。

和室からは、お庭を眺めることができ、穏やかな時間を過ごすことができます。蒔ストーブの横にはテレビ棚を設置し、細かな収納も対応できるようになっています。椹の無垢板がアクセントになった壁からは、爽やかな印象を感じさせてくれます。

外壁には国産のサワラを利用したコントラストのある外壁

こだわりぬいた外観から感じるオシャレな佇まい

外壁には国産のサワラを利用しています。珍しく自然スタイルの玄関が完成し、家の入口から爽やかを感じます。モダンさとサワラを活用した外壁の自然スタイルが調和され、オシャレな印象を与えてくれるお家となっています。

左官吹付の屋根はガルバリュームで仕上げ、コントラストのある雰囲気に。またプライバシーを考慮し、家の前をカバーするように木で作った塀を設け、自然スタイルを維持しています。

玄関のドアは同じ木の素材でも違うデザインに見える木を使用することで、同調しすぎないようなドアを設置。玄関のドアを見るだけでほっとして、いつでも帰ってきたくなるような優しい雰囲気に仕上がっています。

木のつくりを活かした快適に暮らせる自然素材の家

自然の恵みを取り入れた設計で暮らしやすい

日差しや風などを意識し、自然の恵みを取り入れた設計にしたのがこのお住まい。ご夫婦が在宅で仕事をするスペースを考慮した住みやすい空間を実現しています。

また、家事・子育て・仕事を効率的にできる導線を考えたキッチンスペース。家の中に自然スタイルを多く取り入れるために、ポイントとなったのがサワラのフローリング。

家全体を優しく包み込んでくれるような居心地の良さが溢れています。また、広々したリビングの上は吹抜けにすることで、空間の広さを表現。リビング前に外が見える大きな窓を設置することで、たくさんの光が入り、気持ちよい空閑を演出してくれます。

まとめ

椹とは、ヒノキ科の針葉樹で、岩手県以南の本州~四国、九州地方までに分布しています。ヒノキよりも軽く、やわらかいのが特徴。自然素材の家を意識したときに、明るく優しい印象に仕上げるには使いやすいのが椹の魅力でもあります。

最近では、フローリングや壁などに使用されることが増えており、柔らかい色合いで、温もりある家というコンセプトにぴったりの材木です。

また、水や湿気に強く、防ダニ効果もあり、実は水まわりでも重宝され、浴室や浴槽のほか、桶にも使われることがあります。椹のもつ独特な爽やかな印象が、水まわりを清々しく彩ってくれるはずです。