自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 椹(さわら)の家

椹(さわら)の家

お魚のようなネーミングですが、実は私たち日本人の生活の中で昔から使われてきたなじみ深い木であることは、あまり知られていません。そんな椹(さわら)について、また、建築材としての椹(さわら)のメリットなども、あわせてご紹介しています。

椹(さわら)っていったいどんな素材?

椹(さわら)は、ヒノキ科ヒノキ属。日本を代表する林業用樹種として有名なヒノキとは同属で形態的にもよく似ています。日本固有種で、北海道と沖縄、四国を除く岩手県花巻市を北限とし、九州の熊本県を南限として日本各地の山地に自生し、樹高は通常 30~40m、大きいものでは約50mにもなります。

ヒノキと見分けにくい見た目ですが、ヒノキよりも成長が早く柔らかいため加工もしやすく狂いも少ないため、木材として扱う事は容易ですが、建築材としては構造用に用いられず、ヒノキのように住宅の柱として使われることはありません。

しかし、椹(さわら)は、社寺仏閣の屋根に多く使われ、世界遺産として有名な京都東山の銀閣寺の屋根材としても使われ、近年では桂離宮、金閣寺の修復にも使われています。

色調は、はほぼ白色で心材は淡黄褐色。ヒノキやヒバと違い強い香りがないの
が特徴の針葉樹です。こうしたヒノキやヒバとは違う「匂いがない」という特性を逆に活かし、古くから匂いがつくとよくないとされる、お米に関連した飯台や御櫃(おひつ)、水桶などの日常の道具に使用されてきました。

他には彫刻、下駄、かまぼこ板、家具などの和の製品の材料としても利用され、殺菌作用があるため、松茸など食品の下の敷物として使われることも多いようです。

椹(さわら)の家ってどんな家?

木の種類によって、その性質や用途は異なります。しかし、そうした木の種類や性質に関しては、なかなか素人ではわかりにくいもので、用途に合わせて最適な木材を熟練した大工さんや信頼できる工務店さんにお任せするしかありませんが、同じ木でも、製材方法や、木のどの部分を使うかによってずいぶん雰囲気が変わりますので、部屋の雰囲気や使う場所にあわせた木材を選びたいものです。

住宅建設では多くの場合、施主が選ぶことができるのは、床材や壁材になりま
すが、特に床(フローリング)に関しては、毎日触れる場所なので、性質をよく確かめてから決めるのがよいでしょう。

椹(さわら)は水回りに最適で、水や湿気に強く、耐久性もあります。防ダニ効果もあるといわれているので、浴室や浴槽の材料として使われることが多いようです。

【メリット・デメリット】

メリット

自然素材の一番の特徴は素材感。製品の合板フローリングは夏場など湿度の高い季節は素足ではペタペタして吸い付くような感触になりますし、冬場はヒヤ
っとした冷たさが足元から感じることがあります。

しかし、椹(さわら)のフローリングは「木材」そのものが呼吸し湿度を適度に調整しているため、湿度が高い季節でも、さらっとした感触です。また、冬でもヒヤっとした冷たい感じにはなりません。季節に左右されず素足でも心地よく過ごせることは大きなメリットでしょう。

デメリット

椹(さわら)に限らず、ぬくもりのある空間づくりには欠かせない自然素材ですが、いくつかのデメリットもあります。例えば、キズがつきやすいという面があります。特に、無垢材をフローリングに採用した場合、椅子の足や車輪のついたおもちゃなどによるキズが付きやすいでしょう。また、水に強い素材ではないため、床の上に水が長時間放置された場合も傷みやすくなります。

木の家を作る際のデメリットの一つが、「シロアリ」だと言われています。 放置すると家全体の寿命を縮める深刻なトラブルであるにも関わらず、
椹(さわら)は、防シロアリ効果の高い木材と言われていますが、シロアリはぬれた木材を好んで食べるため、湿気のたまりやすい場所にはシロアリ対策することが大切です。

メンテナンス

自然素材は既製品のように、洗剤を使ってゴシゴシというわけにはいきませんが、きちんとお手入れをすればきれいに長持ちさせることができます。

デニムや革素材のように育てていくことが出来るのが自然素材の魅力です。例えばフローリングなら、普段は水拭きをせず基本は乾拭きをします。もちろん汚れがついた場合には、堅く絞った布で水拭きができます。もしキズがついた場合は、市販のペーパーヤスリで軽く滑らかにするとキズは消えまた平坦な表面になります。

価格帯】
椹(さわら)の家を建てるにはどのくらいかかる?

日本では建材として最高品質のものとされるヒノキ、日本人好みの強い芳香があり正しく使われたヒノキの建築には1,000年を超える寿命を保つものがあるとさえいわれています。そんなヒノキに近い建築材として手の届く椹(さわら)の家を建てるには、どのくらいの予算が必要なのか、具体的な例をご紹介します。

価格は高めだが品質を求めるならピッタリ

自然素材の中でも椹(さわら)材は高くなりがちな建材ですが、子どもやお年寄りが健康を害することもなく、健康被害の心配がありません。初期費用を新建材と椹(さわら)で比べると、ほとんどの場合、新建材のほうが安くなります。量産できる新建材は価格を抑えられるのに対し、椹(さわら)材は手間をかけて切り出すため、どうしても値段は高くなってしまうのです。

しかし椹(さわら)をふんだんに使うことで、木の表情を最大限に活かした床板や柱が他にはない住まいの表情が出るようになります。品質の高さやオンリーワンの仕上がりを求めるなら、椹(さわら)の家がおすすめです。

どんなところに使われているの?

ヒノキが建築材として使われ、よく知られているのに比べ、椹(さわら)は一般的にほとんど知られていないかもしれません。天然に生えている木も区別するのは難しく樹形も葉も似ています。

しかし、ヒノキの代用品として意外なことに昔から身近なところで使われてきました。今はプラスチックになっていますが、昔は風呂桶や浴槽、樽などにも使われていました。建築材としてはヒノキ同様、水にはとても強い特性から、浴室の壁材や天井の材料に使われます。しかし、構造材としての強度はヒノキよりも劣るため、構造材として使われることはあまりありません。

心材の色、辺材の色は若干ヒノキより黄色がかっているものの、ほとんどヒノキと見分けがつかないほどヒノキに似ているため、床材としても使われることもあります。