自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 自然素材の家の暑さ対策

自然素材の家の暑さ対策

自然素材の家づくりをする上で、夏の暑さ対策も気になるところ。自然素材の家ならではの暑さ対策や、意識しおくと良い点をまとめました。

住まいが暑くなる原因

夏に住まいが暑くなるのは、外から入る太陽の熱が家にこもるからです。自然素材の家に限らず、夏は部屋に熱がこもります。家の設計の仕組み、窓の位置や風の通り道などを計算しながら家づくりを進めると◎!

近年では平均気温が全国的に上昇傾向にあり、猛暑日を記録することも増えました。夏を快適に心地よく過ごすためにも、家電製品だけでなく、家の設計から暑さ対策を考えましょう。

自然素材の家も熱のたまりやすさは同じ

一般的な住宅でも自然素材の家でも、熱は家の中にこもりやすいのが現状です。素材ではなく構造の問題でもあります。外からの光を取り入れようと、窓を大きくする=太陽光が届きやすい分熱がこもるということです。素材の問題ではないので、間違えないようにしましょう。

構造や設計部分ではなく、自然素材の家ならではの良さを生かした暑さ対策はたくさんできます。効率よく取り入れて、真夏の暑さ対策をしましょう。

自然素材の家の暑さ対策

自然素材の家でできる暑さ対策は、以下の通りです。

一般的な住宅でも効果的な対策ですが、自然素材の良さを取り入れた家づくりができるのは、自然素材の家にとって強みです。効率的に取り入れてみましょう。

調湿効果のある自然素材を使うのも手

フローリングや壁紙などに、調湿効果のある素材を使うと、梅雨時期のジメジメした暑さ対策ができます。カラッと爽やかな空気を家中に送れるため、夏の不快な暑さを感じにくいでしょう。

漆喰や無垢材など、人が集まりやすいリビングに導入するのもおすすめです。標準仕様で調湿できる素材を導入していたり暑さ対策などにも力を入れていたりなど、施工会社を選ぶ基準に”暑さ対策に力を入れているか?”も判断材料として取り入れてみましょう。

暑さ対策は家を建てる前の段階でチェックしておくとよい

家の中が暑く感じられるのは、太陽光による熱がこもるからです。断熱対策に力を入れると、快適に過ごせるので、素材選びはもちろん構造にも目を向けましょう。

上記のように家を建てる前にも、採光性や風通しを細かくチェックしておくと◎!デザインだけでなく、機能性や効率も意識した家づくりを進めましょう。