自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 漆喰の家 » メンテナンス

メンテナンス

漆喰の家のメンテナンス方法とは?

さまざまな点でメリットの多い漆喰ですが、実際に漆喰の家で住むことになったら、その後のメンテナンスはどうしたらいいのでしょうか?詳しくご紹介していきます。

漆喰は基本的にメンテナンス不要

漆喰の原料は消石灰。この消石灰の特徴として、「静電気を溜め込まない」というのがあります。そのため、ホコリなどがつきづらく、汚れにくい性質を持ちます。実際に、お茶を漆喰壁にこぼしてしまった人が、数日後に真っ白な壁に戻っていて驚いた、という声もあります。

もちろん、すぐに拭き取る(ゴシゴシ拭くのではなくトントンと水分を取り除く)などの対処は必要ですが、漆喰自体も自分で綺麗になろうとする作用があるようです。

軽い汚れが気になった時は、消しゴムなどで消したり、細かい紙ヤスリで軽くこすることで対処できます。つまり、漆喰はメンテナンスフリーなのです。ただし、外壁の場合はまた異なります。外壁に漆喰を使用した場合、軒を深く作り、できるだけ雨から壁を守ることや、壁と塀や植木との間隔をあけ、風通しを良くするなどの対策を練る必要があります。

汚れた雨にさらされたり、湿気によってカビがはえたり、排気ガスによって汚れたりという環境から、できる限り漆喰壁を守ってあげましょう。汚れが石灰の中にまで染み込む前に、ほこりをよく掃除してあげることも大切です。

汚れが気になる時のメンテナンス法

漆喰は基本的に白色です。そのため、人によっては汚れが気になり、セルフメンテナンスをしたいと感じるかもしれません。漆喰壁に対するセルフメンテナンスは、掃除くらいしかありません。ほこりを落とす、消しゴムで汚れを消す、細かいヤスリで削る、中性洗剤を染み込ませた白い布でシミ抜きをするなどです。

漆喰は傷を防ぐことはできず、一度傷ができたら残ってしまいます。そのため、もっと本格的なセルフメンテナンスを望む人もいるかもしれませんが、自分でDIY施工することはおすすめしません。漆喰の原料である消石灰が目に入ると失明のリスクがあるからです。

粉から自分で作るのではなく、すでにできているものを塗るだけなら?と思うかもしれませんが、万が一手に付着したものが目に入ったことを考えると危険です。

漆喰のうえに同じように漆喰を塗ることはできないので、削る必要があったり、漆喰を薄める必要があったりと、素人には判断が難しく、プロのように綺麗に仕上げることもまず無理だと考えておいたほうが良いかと思います。

業者に頼むのが一番安心できる!

業者に漆喰を頼むと、下塗りから始まり、中塗り、上塗りと、何度も漆喰を塗り重ねます。これは、割れ防止などにもつながるわけですが、大変な作業の分、基本的に塗り替えの必要はありません。つまり、初期費用は高い分、ランニングコストはとても優れています。

それでも、業者にメンテナンスをお願いしたいという場合、その状態にもよるかと思いますが、まず漆喰を削るところから始めたり、床や天井など、施工しない部分を養生したりという手間が必要となるため、工賃は高くなります。漆喰塗りの工賃は1平米あたり4,500円~(材料や手間賃も含む)が相場らしいので、最低価格よりは高くなって当然だと考えておいたほうが良いでしょう。

漆喰の家の特徴を
より詳しく見る