自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » ローコストな自然素材の家

ローコストな自然素材の家

自然素材の家に憧れているけれど、予算の都合で二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。ここでは、ローコストな自然素材の家を叶えるためのポイントをまとめました。

自然素材の家はローコストでも建てられる?

自然素材の家でよく使われる無垢材や漆喰などは材料費が高いため、自然素材の家=高額な費用がかかるというイメージを持っている人もいるでしょう。けれど、依頼する工務店や建築のポイント次第で、1,000万~2,000万円前後の予算でも自然素材の家を叶えられます。

住み心地の良いローコストな自然素材の家を実現するために、知っておきたい工夫やポイントを見ていきましょう。

ローコストに抑えるための工夫やポイント

無垢材を扱う地元工務店に依頼する

ローコストで無垢材を使った自然素材の家を建てるなら、無垢材の家の建築に強い地元の工務店に依頼するのがおすすめ。無垢材の家を多く手掛けているということは取引量が多いため、安く仕入れることができ、建築費のコストダウンにもつながります。また、建築実績が豊富な工務店は建築費を抑えるノウハウも把握しているケースが多く、コストダウンを図りながら快適な住まいを実現できるのが強みです。

地元の工務店のなかには、大手のハウスメーカーに負けないように中間マージンを減らしたり企業努力に取り組んだりとコスト削減を叶えているところもあり。そういった工務店を選ぶことが、自然素材の家の建築費をローコストに抑えるポイントです。

シンプルなデザインにする

家のつくりが複雑になるほどコストがかかってしまうため、ローコストに抑えるなら正方形に近い間取りや片流れ屋根などシンプルなデザインにしましょう。また、平屋だとある程度の土地面積が必要になるので、2階建てや1.5階建てにすると建築費を抑えられます。その際、なるべく上下階の大きさを同じにし、デコボコとした部分をなくして外壁量を少なくするのもローコストで自然素材の家を建てるポイントです。

スペースの無駄をなくす

床面積を減らすとその面積分の材料費や施工費をカットできるため、無駄なスペースがないかを確認しましょう。たとえば廊下や玄関ホールをなくす、バルコニーを必要以上に大きくしないなど、床面積を節約することでコストダウンを実現できます。

こだわりたいところのみお金を使う

ローコストで自然住宅を建てる際に大切なことは、こだわりたいポイントをしっかり検討することです。お金をかけるポイントを絞り、そのほかの部分は作りこまずにシンプルな設計にすることで、費用を抑えながら理想の住まいを叶えられます。家づくりはあれもこれもと欲張りになってしまいやすいため、こだわりたいポイントを整理するところから始めてみましょう。

実際にローコスト自然素材住宅を建てた事例

コストダウンへの工夫が光る1.5階建て住宅

「なるべくお金をかけずに、質の高い本物の木材を使った家を建てたい」という夫婦の希望をもとに建てられたローコスト自然住宅の事例。杉板のなかでも上質なものを床材に使用しながらも、ローコストの住まいを実現できた理由の1つが「1.5階建て住宅」にしたこと。2階建てにするよりも予算を抑えられ、限られた土地で空間を最大限利用できるのが特徴です。また、建物の形をシンプルにし、流通量の多い規格寸法の木材を使用したことでコストダウンを実現しています。費用を抑えられるところは抑えて、こだわりたいところにお金をかけるといった工夫により、依頼主の希望を叶えた住まいが完成しました。

愛犬にとっても快適なこだわりの自然住宅

夫婦と愛犬2頭が暮らす自然素材の家の事例。愛犬との快適な暮らしを叶えるためのこだわりが散りばめられており、ウッドデッキの横には愛犬用としても使えるシャワー設備を設置。床は愛犬の爪で傷がつきにくいオーク材が採用されています。また、すべての壁や天井を脱臭効果のある漆喰塗りにしたことで、ペットの臭いも気にならないとのこと。ローコスト住宅や自然素材の家づくりに強い工務店を選んだことにより、2,000万円以内で愛犬と気持ちよく過ごせるマイホームを実現しています。