自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう

正しい知識で自然素材の家をつくろう

自然素材の家をつくる前に知っておきたいこと

自然素材の家作りを考えている人は、年々増えているようです。しかし、自然素材に対して不安や疑問を持っている人も多いはず。家を建てるということは、一生で一番大きな買い物であり、快適な家にできるかどうかは、今後の人生にも大きな影響を与えることになりますから慎重になりますよね。

だからこそ、少しの不安や心配、疑問を残したまま家を建てることがないようにすべき。自然素材について気になるのであれば、まずは少しの疑問も残らないように知識をつけましょう。自然素材について知っておきたいことを詳しくまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

メリット

無垢材の魅力のひとつは、木目にあります。大きく切り出す無垢材は、その板ひとつひとつにオリジナルの木目があり、それが温かなぬくもりを感じさせてくれます。これは経年とともに変化し、味のある飴色になっていきます。これを楽しみとする方も少なくありません。

自然素材のメリットを
より詳しく見る

デメリット

無垢材は呼吸を続けており、経年とともにどんどん乾燥していきます。それが強度を高めることにもなるのですが、集成材と比較するとひび割れや反りがでやすくなってしまいます。床材として使用した場合、隙間ができてしまうことも。定期的なメンテナンスや補修が欠かせません。

自然素材のデメリットを
より詳しく見る

国産材と輸入材の違い

木材には国産材と輸入材があるのはご存知でしょうか?食べ物もそうだし、なんとなく国産のほうがいいのでは?と思う人も多いかもしれませんが、国産材にもデメリットはありますし、輸入材にもメリットがあります。国産材と輸入材の特徴やメリット・デメリットをまとめています。

国産材と輸入材の
違いを詳しく見る

気密性

家にとって気密性は重要なポイント。熱が逃げず、冷気が入ってこないため、断熱性を求めるのであれば、高気密が必要となります。しかし、低気密にも良い面があります。自然素材の気密性はどうなのか、それによって家にはどのような影響があるのかを紹介しています。

自然素材の気密性を
より詳しく見る

耐震性

木造住宅は地震に弱いというイメージがありますよね。しかし、耐久性が高く、しなやかで軽い無垢材は、実は地震に強い素材だと言えます。それでは、どうして地震に強いのか?建物の倒壊を防ぐ工夫や、耐震等級・耐震への配慮など、詳しくまとめています。

自然素材の耐震性を
より詳しく見る

自然素材の偽物に注意

自然素材の家にしたくてこだわっていたつもりが、実は無垢材のメリットをダメにしてしまっている場合があります。それを自然素材の偽物と考えています。一見自然素材だけれども、その恩恵にあずかることのできない状態の素材のことです。そうならないために、どのような点に注意すべきでしょうか。

偽物に注意する方法を
より詳しく見る

工務店の選び方

快適で住み心地の良い家をつくるためには、自然素材を採用し、しっかりと扱えるような工務店を選ぶことが大切。「選択肢を与えてくれるか」「デメリットの説明があるか」「快適さを追求してくれるか」など、信頼できる工務店を選ぶためのポイントをまとめています。

工務店の選び方を
より詳しく見る

疑問を解消するQ&A(メンテナンス編)

自然素材の家をつくるうえで気になるのが、メンテナンスですよね。採用するのはいいとしても、その後、自分で維持するのが大変なのではないかと心配する人も少なくないようです。そこで、自然素材の家に施すべきメンテナンスはどのようなものなのか、ご紹介します。

自然素材のQ&Aを
より詳しく見る

自然素材の家ならではの特徴を4つご紹介

自然素材を使用した家作りが人気となっています。なんとなく人や自然に優しそう、という印象は持っているものの、何が人気の理由なのか詳しくはわからないという方も多いのではないでしょうか。

こちらのページでは、自然素材を使用した家の特徴を4つご紹介。環境に優しい、肌触りがいい、結果的にローコストとなる、素材一つ一つで質感が異なるという4つの特徴を詳しく解説します。自然素材の家に興味を持ち始めていろいろ知りたいという方はぜひ参考にしてください。

自然素材の家ならではの特徴4つを
より詳しく見る

「自然素材の家」の種類を3つの素材別に紹介

こちらのページでは、自然素材の家に取り入れられることが多い3つの素材別に、その特徴を解説します。断熱性に優れているものの費用が高く、持続期間が短い「セルロースファイバー」、断熱性・防音性などに優れているものの変形、日焼けしやすい「コルク材」、抗菌性が高く扱いやすいものの匂いが気になる「天然リノリウム」。自分の理想、譲れない条件などを考慮しながらぴったりな素材を選びましょう。

自然素材の家ならではの特徴3つを
より詳しく見る

自然素材の家は健康の観点からもおすすめ

あなたは自然素材の家にどんなイメージを持っていますか?「何となく健康に良さそう、住みやすそう」くらいには思っていても、どんなところが健康に良いのか詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか。長年住む家だからこそ「なぜ健康に良いのか」という点を理解しておくことは大切です。ここでは、自然素材の家が健康に良い理由を3つご説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自然素材の家を健康の観点から
より詳しく見る

自然素材の家づくりにおける注意点4つ

自然素材の家に対して、「とても住みやすい家、心地のいい家」というイメージを持つ人は多いでしょう。実際に体験談などを見ても、自然素材だからこそ実感できるぬくもり感などを高く評価する声が目立ちます。しかし、自然素材は「加工して同一規格に仕上げた素材ではない」というものだからこそ、それぞれにクセや個性があります。そして、そうした特性・クセ・個性に対して気をつけなければならない点もあります。ここでは、そんな注意点についてお伝えします。

自然素材の家づくりにおける注意点4つを
より詳しく見る

自然素材の家に対する体験談

昔と比べて家の素材の選択肢が数多くある今も、自然素材の家は根強い人気を誇っています。「自然素材の家はどんなものなのか」を知るための大きな参考となるのが、実際に自然素材で家を建てた人や、住んでいる人の体験談です。こちらで実際の体験談をいくつかピックアップしましたので、「なぜ自然素材の家を建てよう、住もうと思ったのか」「自然素材の家の仕上がりや住み心地はどうなのか」などのポイントをみてみましょう。

自然素材の家に対する体験談を
より詳しく見る

自然素材の特性に合わせた選び方

自然素材には無垢材や珪藻土、漆喰や和紙などさまざまな種類があります。また天然木のなかにも檜や杉、ケヤキやカラマツなどさまざまな樹種があります。素材によってそれぞれ特性が異なるため、家のどのエリアにどの自然素材を選ぶかは重要なポイント。水回りに適した素材や傷に強い木材などを選ぶことで、より快適で長持ちする自然素材の家づくりを行えるでしょう。

自然素材の特性に合わせた選び方を
より詳しく見る

木材の香りによる影響

芳香剤や入浴剤でも人気があるように、木の香りは多くの人に好まれています。木の香りに包まれるとリラックス効果がありますが、実は木にはフィトンチッドという成分が含まれており、フィトンチッドが人の心や体に影響を与えていることがわかっています。そこで、木材の香りが心身に与える影響について解説しています。

木材の香りによる影響を
より詳しく見る

自然素材の家が子供に与える影響

自然素材の家に住むと、子供に良い影響を与えると言われています。そこで、自然素材の家が本当に子供の成長に良い影響を与えるのか、効果や経年変化、コンクリート住居との違いからまとめました。化学物質によるシックハウス症候群やアレルギーについても説明しているので、参考にしてみてください。

自然素材の家が子供に与える影響を
より詳しく見る

自然素材の家に使われる断熱材

自然素材の家と言っても、素材によってその価値は変わってきます。ここでは自然素材の家で使われる断熱材についてご紹介。断熱材は家の快適さを決めるうえで大切な要素となる素材です。せっかくほとんどが自然素材でも、中身が化学合成素材では本末転倒。見た目だけで住まいを決めないよう、見えない箇所の素材も把握しておきましょう。

自然素材の家に使われる断熱材を
より詳しく見る

自然素材で作るバリアフリー住宅

長年住む家なら、先々のことを考えてバリアフリーに対応したいもの。ただし自然素材でバリアフリー住宅を建てるなら、メリットとデメリットもきちんと把握しておくべきです。ここでは価格帯や注意点などをまとめているほか、自然素材を使って建てたバリアフリー住宅の事例も紹介しています。

自然素材で作るバリアフリー住宅を
より詳しく見る

自然素材の家の10年後をチェック

自然素材と言っても、何年か経つと劣化してしまうのでは?と考える方もいるでしょう。しかし、自然素材は時間とともに頑丈さが増すものや味わいのある風合いになるものなど、時間の経過でダメになることは少ないと考えられています。実際に10年後どうなっているのか、コンクリート住宅と何が違うのかを知ることで、より良い自然素材の家を建てましょう。

自然素材の家の10年後を
より詳しく見る

カビが生えない自然素材の家

調湿性能の高い無垢材や珪藻土を使った自然素材の家はカビが生えにくいと言われています。しかし、日々のお手入れを怠っていては、カビの生えにくい自然素材の家でも普通の家のように床や壁にカビが生えてしまうでしょう。

カビの生えにくい自然素材の家を建てるには、カビを抑える施工や対策をしてくれる業者さんに建築を依頼することも大切です。ここでは、カビが体に及ぼす被害や、カビを生やさないための対策について紹介しています。

カビの生えない自然素材の家について
より詳しく見る

自然素材の家にかかる費用

自然素材の家を建てるなら、通常の家を建てるよりも費用が高額になることはなんとなく予想が付きます。家を建てる費用はどのような内訳になっているのかを理解していなければ、どの部分の予算を多めに見積もるのか判断もできません。

ハウスメーカーの広告などでよく目にする坪単価も、できるだけ抑えたいと思うでしょう。ここでは、自然素材の家を建てるためにかかる費用の内訳と坪単価を抑えるポイントについて開設しています。

自然素材の家にかかる費用を
より詳しく見る

自然素材の家のおすすめ設備

調湿効果に優れ、耐久性も高い自然素材の家。せっかく素敵な家に住むからには納得の設備を導入したいもの。おすすめの設備を活用できれば、毎日の暮らしがより快適になるでしょう。とはいえ家の設備にはさまざまなものがあり、食器洗い乾燥機や浴室乾燥機、タンクレストイレやウォークインクローゼットなど人気の設備も多くあります。

ただ、新築時にはあれもこれもと設備を導入したものの、住んでみたらあまり使わない機能だった…ということもしばしば。おすすめの設備が家族の暮らしに必要なものかどうか、導入するメリットが大きいかなどしっかり検討したうえで導入しましょう。

ここでは、自然素材の家におすすめの設備について紹介します。それぞれどんな設備なのか、導入することでどんなメリットがあるかなどを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

自然素材の家のおすすめ設備を
より詳しく見る

燻煙乾燥木材とは

日本の昔ながらの藁ぶき住宅で自然に行われていた木材の燻しから着想された燻煙乾燥木材。構造材のそりや割れが少ないのが特徴です。木材を燻すことで防カビ・防腐の効果をもたらし、より建材としての性能を高めています。

また、低温で燻すことで人工乾燥の木材よりもひび割れしにくく、長持ちするのもメリット。まだまだ研究の余地が多い木材で、自然乾燥木材のように効果や性能についての評価が少ない点には注意しておきましょう。

燻煙乾燥木材について
より詳しく見る

天然石を用いた自然素材の家

天然石を住宅用の建材として使用すると、重厚感があり落ち着いた家に仕上げることができます。天然石は耐久性や耐火性に優れ、家自体を丈夫にするだけでなく、その美しさからデザイン性の高い住宅にもなるでしょう。初期コストが高いといえますが、アクセントとして使用することも考えられます。ここでは、天然石を住宅建材に用いることについてまとめました。

天然石を用いた自然素材の家について
より詳しく見る

自然素材の家の屋根・外壁

家の屋根や外壁に自然素材を使用することは、住環境を清浄に保つことが可能です。自然素材は、耐久性や防火性に優れている素材も多いため、家を丈夫にすることにも有用です。また、自然素材はデザイン性が高いものも多く、家を美しく仕上げてくれます。ここでは、自然素材を屋根や外壁に使用することについて紹介しています。

自然素材の家の屋根・外壁について
より詳しく見る

住宅におけるSDGsの取り組み

2015年9月の国連サミットにてスタートしたSDGs。SDGsとは「持続可能な開発目標」のことであり、発展国・途上国に関わらずより良い世界をつくるためのもの。17のゴールと169のターゲットで構成されており、住宅業界も大きく関わっています。ここでは、住宅業界のSDGsとの関りや導入の動き、工務店・ハウスメーカーがSDGsに取り組むことによる施主へのメリットなどを紹介します。

住宅におけるSDGsの取り組みを
より詳しく見る

住宅産業研修財団とは

「くらしの基本となる住まいの充実」を目的として設立された一般財団法人住宅産業研修財団(JAHO)。日本住宅を品質向上や豊かな住生活を実現させるため、工務店ネットワーク「優良工務店の会(QBC)」や大工向けの人材育成制度を設けています。住まい手に向けた各種制度紹介もおこなっているため、公式HPをチェックしてみることをおすすめします。

住宅産業研修財団とはを
より詳しく見る

畳を用いた自然素材の家

イ草や藁などでつくられた天然畳は保温・断熱性や弾力性、吸音性などに優れており、どこか懐かしい香りに癒されます。ただ、天然畳は自然素材の家と相性が良いものの、近年では人工素材を使った畳もあるため素材選びが重要です。ここでは、畳の構造や素材、住宅で使われる種類のほか、畳のもつメリット・デメリットなどを紹介します。

畳を用いた自然素材の家を
より詳しく見る

自然素材のナチュラルインテリア

自然素材を活かしたシンプルでナチュラルなデザインが魅力のナチュラルインテリア。無垢材はもちろん北欧テイストの家具とも相性が良く、おしゃれで心地よい空間を実現できます。また、ナチュラルインテリアは流行に影響されず飽きがこないのも魅力的。ここでは、ナチュラルインテリアにするコツを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

自然素材のナチュラルインテリアを
より詳しく見る

自然素材の家の塩害対策

海沿いの地域にある家では、塩害対策が必要です。塩害を受けると金属などが錆びて腐食してしまい、大規模な修繕が必要になってしまうことも。そのため、屋根や外壁には塩害に強い素材を選びましょう。ここでは、塩害に強い素材や塩害対策におすすめの屋根や外壁材を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

自然素材の家の塩害対策を
詳しく見る

自然素材の家の和室

近年では和室をもたない家も増えているため、「自然素材の家に和室は必要?」と迷っている方も多いでしょう。和室は汎用性が高く、小さい子どもからお年寄りまで幅広い年齢層が活用できるメリットがあります。デザイン次第では洋風住宅にもマッチするため、和室の汎用性に魅力を感じる場合は和室を設置するのがおすすめです。

自然素材の家の和室を
より詳しく見る

複合フローリングとは

複合フローリングとは、集成材や合板などの上に薄い木材や化粧シートを貼ったフローリングのこと。傷や汚れ、温度や湿度の変化に強い点が特徴です。無垢フローリングよりも低価格でメンテナンスもしやすいですが、木のぬくもりは感じにくく安っぽくなってしまうこともあります。

複合フローリングを
より詳しく見る

自然素材の家の暑さ対策

自然素材の家での暑さ対策としては、断熱性能の高い2重窓を取り入れることや、マイナスイオンが出る素材を使うこと、風の通り道を計算して設計すること、グリーンカーテンや植樹によって日光を遮断することが考えられます。調湿効果のある自然素材を使うことも一つの方法です。

自然素材の家の暑さ対策を
より詳しく見る

自然素材の家にリフォームする

自然素材の家にリフォームするときは、規模を決めることから始めることが大切です。壁紙やフローリング、リビングなど部分的にリフォームするのか、家全体やゼロから作り直すなど大規模なリフォームをするのかといったことを検討します。予算についても施工会社と相談しながら進めるとよいでしょう。

自然素材の家へのリフォームを
より詳しく見る

住宅展示場とモデルハウスの違い

住宅展示場は複数のモデルハウスが展示されている展示会場のことで、モデルハウスは一社の工務店やハウスメーカーが独自に公開している住宅のことです。比較検討したいときは住宅展示場へ、会社の特徴や強みを知りたいときはモデルハウスへ見学に行くとよいでしょう。

住宅展示場とモデルハウスの違いを
より詳しく見る

スローライフな家

スローライフとは、時間や情報に追われないゆっくりとした暮らし、もしくはその暮らしを楽しむという概念のことです。スローライフな住まいを実現するには、プライベートの時間を丁寧に過ごすことや仕事を見直すこと、住む環境や場所を変えることがポイントになります。

スローライフな家を
より詳しく見る

ログハウスのメリット・デメリット

ログハウスとは、丸太を積み重ねて作る家のことです。リラックス効果や調湿効果があり、耐震性が高い点がメリットですが、木の性質上建物が変化してしまうので、定期的なメンテナンスが必要になる点がデメリットとなります。

ログハウスのメリット・デメリットを
より詳しく見る

自然素材の家でも考慮すべき擁壁について

高低差のある土地に自然素材の家を建てる場合は、擁壁について注意を払う必要があります。擁壁は高低差のある土地で、斜面の崩壊を防止するのと土砂崩れから建物を保護するための構造物です。安全を確保するための重要な要素の一つになるため、正しい知識と情報を得ておく必要があります。ここでは、擁壁に関して知っておくべきポイントをまとめていますので、チェックしてみてください。

自然素材の家で考慮すべき擁壁から
より詳しく見る

自然素材の家でも重要な住宅の騒音対策とは

「自然素材の家でいつまでも快適に健康的に暮らしたい!」と思っている方も多いかもしれません。それを実現するためには、騒音対策を行うことがマストなポイントです。騒音は放置すれば近隣とのトラブルを招くだけでなく、本人にとってもストレスが高じるなどデメリットがあります。ここでは、自然素材の家で騒音対策をする場合のコツを紹介していますので、参考にしてみてください。

自然素材の家でも重要な住宅の騒音対策について
より詳しく見る

住宅見学会のメリット・デメリット・チェックポイントは?

住宅見学会は、開催する側にも参加する側にも双方にメリット・デメリットがあります。わざわざ時間と手間を割いて開催する見学会を有意義なものにするには、事前の準備と確認が必要です。参加者は守るべきマナーとチェックポイントを整理しておきましょう。開催者は納得できる条件で開催することが重要です。こちらでは、住宅見学会のメリット・デメリット、マナー、チェックポイントを紹介していますので参考にしてください。

住宅見学会のメリット・デメリット・チェックポイントを
より詳しく見る

サイト運営

家づくり55年

石田工務店

石田工務店キャプチャ

私たち石田工務店は、檜を中心とする国産無垢材を取り入れた家づくりを得意としています。ここ数年、自然素材の家の人気が高まっていることを受け、住宅を検討している方が正しい情報をもとに判断できるように、サイトを通して情報提供をしています。家づくりに関するご相談は、お気軽にお問合せください。