自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » 自然素材で二世帯住宅を建てるなら

自然素材で二世帯住宅を建てるなら

二世帯で住める自然素材の家を建てるには

二世帯住宅を建てるときの選択肢の一つとして、自然素材をふんだんに使った家にしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。自然素材の家は健康に悪影響を与えない、耐久性が高いなどのメリットがあり、親や子供と暮らすならピッタリといえるでしょう。

しかし、違う世帯が一緒に住むため、気を付けないと家族間でもめてしまうことも。2世帯で仲良く暮らすための工夫や注意すべきポイントなど、二世帯住宅で欠かせない情報をまとめているので、二世帯住宅を検討中の方は参考にしてみてください。

二世帯住宅の種類によって注意点は異なる

自然素材で二世帯住宅を考えている場合、暮らし方や住宅の種類によって気を付けるところは変わってきます。ここでは住宅の種類別に、注意点を見ていきましょう。

完全同居型

完全同居型の住宅は親・自分たち・子どもが一緒に暮らすため、顔を合わせる機会が多くトラブルが起こる可能性も高めです。

たとえば玄関や水回りなど共有部分では、もし介護が必要になった場合に狭い・移動が困難といった問題が出てきます。そのため、将来のことを視野に入れたつくりにすることが重要。設計段階でバリアフリーやプライバシーへの配慮ができているかを踏まえ、間取りを考えましょう。

また、自然素材のにおいや見た目が気に入らないといった問題もあるため、建てる前によく話し合うことが大切です。

部分共有型

完全な同居型・分離型の住宅とは違い、一部を共有にしているのが部分共有型の二世帯住宅です。玄関のみ同じ、水回りやキッチンのみ一緒など、一定の距離を保って生活できるのがメリットです。

部分共有型の大きな問題は同居型よりコストが高くなること。光熱費や通信費は倍かかりますし、新築やリフォームの費用も使っている素材で大きく変わってくるようです。自然素材を用いる場合、住むエリアによって素材を変えるとその分コストは割高になります。

完全分離型

家の権利や登記を分け、生活空間をすべて別にしたタイプの二世帯住宅。隣り合った別棟型や1階と2階で玄関が別の外階段型など、住むエリアが分かれているためトラブルは少なめです。

完全分離型は同じ建物になっている外階段型や中階段で分かれる一軒家だと、生活音が気になるかもしれません。あまりにも生活リズムが違う場合、同じ建物にするのは止めておくのが無難です。また、コストも2軒分かかります。

自然素材の家に二世帯で住む!気になるポイントQ&A

二世帯で住む際、気になりやすいポイントをまとめています。名義や区分登記などのお金に関わる疑問や建てるときの素材について気になる方は、読んでおくと建てる前・建てた後の対策に役立つでしょう。

素材は変えられる?

部分共有型や完全分離型であれば、住むエリアが分かれているので使用する素材を変えられます。たとえば1階の壁は漆喰で仕上げて、2階は珪藻土で塗るといった調整も可能。好みに合わせてカスタマイズできるようになっています。

ただし、使う素材が増えればかかるコストも変わってきます。予算内に収まるか考えたうえで、使う素材を検討しましょう。

自然素材のにおいが気になる…

においが気になる場合、同居型か分離型かで対策が変わってきます。分離型であれば自分たちの居住空間だけをリフォームできますが、同居型だと一緒に住んでいる家族の同意も必要です。

建てる前であれば使う素材を変えてもらい、ストレスなく過ごせるようにすることをおすすめします。

二世帯でも暮らしやすくする工夫とは

二世帯でしっかり話し合う

二世帯住宅で暮らしやすくするためには、お互いに細かな部分まで話し合う必要があります。家族全員で建てる場所や資金、必要な手続きなどについて意見をまとめておきましょう。間取りについては専門知識が必要になるので、建設会社が決まってから相談するのも手。まずは自分たちで決められることを話し合っておくことが、暮らし始めてからの余計なトラブルを避けるポイントです。

将来を考えた間取りにする

長い目で見た間取りにするのも二世帯住宅には欠かせない点です。親が年を取って介護が必要になった場合、車いすや杖、介護しやすい広いスペースが要ります。

しかし、いきなり家を広くすることはできません。だからこそ、初めから介護を見越した間取りで建てることが大切です。

特に自然素材の家はリフォームにも費用がかかるので、設計段階で将来を考えて打ち合わせしておきましょう。

ポイントを踏まえて自然素材の二世帯住宅を建てよう

自然素材の家は素材選びが大変ですが、二世帯で住むとなるとより吟味する必要があります。だからこそ、のちのち揉めないように話し合ったうえで建てることが大切です。

紹介したポイントやQ&Aを参考に、満足できる自然素材の家を建てましょう。他のページでは自然素材の家造りに関するQ&Aをまとめているので、検討中の方はそちらも参考にしてみてください。

自然素材の家に関する
Q&Aをもっと見る

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る