自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 自然素材の家の塗装とは » リボス

リボス

リボスの特徴

リボスは、人の健康と環境への配慮を追求するドイツの塗料会社。1972年に創業して以来、徹底して自然素材にこだわり続けてきた姿勢が、今や世界から高く評価されるにいたりました。

もともとリボスが塗料を開発した経緯は、学校からの依頼によるもの。家では元気でも学校にいると気分が悪くなる、という子供たちが多かったことから、学校の依頼でリボス社がその原因を探りました。調査の結果、当時は知られていなかったホルムアルデヒド(シックハウス症候群の原因物質のひとつ)等の化学物質が、子供たちの体調不良の原因であることを究明。以後、リボス社は子供たちの健康のため、自然素材からなる人に無害の塗料の開発を始めました。

当時のリボス社の精神は、現在もなお脈々と継承中。その精神の中から、各種の自然と両や天然漆喰、ワックス、ウッドチップ壁紙など、さまざまな商品が開発されています。

リボスの機能

リボスが持つ主な機能を4つほど見てみましょう。

調湿機能

一般的な塗料とは異なり、リボスは塗布した木材の表面に塗膜を張りません。そのため木材は、常に呼吸を継続。湿度の高いときには湿気を吸い、湿度の低いときには湿気を吐くことをくり返します。リボスが塗られた室内には高い調湿機能が働く、ということです。結露の防止効果も期待できるでしょう。

抗アレルギー機能

冒頭でも触れたとおり、リボスが塗料を開発したきっかけは、子供たちのシックハウス症候群を解消することでした。

リボスの塗料は、現在もなお当時の精神を継承しています。シックハウス症候群などのアレルギー反応がある方の体に対して、やさしい塗料であると考えて良いでしょう。

汚れ防止

リボスの主原料である亜麻仁油は、分子構造が非常に小さいことで知られている物質。木材にリボスを塗布することで、この小さな亜麻仁油の分子が木材の細部まで浸透します。

その結果、大きな分子構造の物質が木材に入り込めなくなることから、表面に塗膜がないにも関わらず高い撥水性を発揮。汚れの分子も木材に入りにくくなるため、汚れ防止効果も期待できるようです。

リボスの健康・建物・環境への影響

リボスの健康への影響、建物への影響、環境への影響について確認してみましょう。

健康への影響

リボスは、もともと人の体への安全性を主眼に開発された自然由来の塗料。創業以来、「自然界に存在するものであったとしても、体に有害なものは一切配合しない」との信念が貫かれた塗料なので、健康への影響は限りなく少ないと考えて良いでしょう。

なおリボスは、塗料に配合している成分の種類をすべて開示しています。

建物への影響

リボスの主原料は亜麻仁油。油にふくまれる栄養素を壊さないよう、低温で時間をかけて油を抽出しています。塗料に含まれる豊富な栄養素は、塗布された無垢の木に深く浸透。建築資材としての木の健康を守ります。

またリボスの塗料は木の呼吸を妨げないことから、耐久性の維持にも貢献するとのことです。

環境への影響

自然環境から生まれた塗料だからこそ、自然環境に悪影響を及ぼすことはないと考えて良いでしょう。

なおリボス社は、エコロジカルな取り組みにとても熱心な会社。塗料の製造過程で生じた亜麻仁油の搾りカスすら廃棄せず、牧畜のエサや断熱材の原料として再生させているそうです。