自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » 自然素材の家は火事に強い?

自然素材の家は火事に強い?

無垢材や漆喰、珪藻土などさまざまな種類がある自然素材。木材が含まれることから火事の際に不安だと敬遠する方も多いようですが、実際の耐火性能はどうなのでしょうか。ここでは自然素材の家を種類ごとに分け、耐火性能を調べてみました。

自然素材の家の耐火性能

自然素材といっても、木材や漆喰、珪藻土はそれぞれメリットデメリットがあります。特に、耐火性能は素材によって大きく異なる部分なので、建てる前にチェックしておくと良いでしょう。

無垢材・杉・檜・珪藻土・漆喰の5つをもとに、素材の耐火性能についてまとめました。どの素材が燃えにくいのか、素材ごとの特徴を踏まえて適した素材を考えていきましょう。

無垢材

無垢材をはじめとする木造住宅は火事に弱いと思われがちですが、そんなことはありません。木材は燃料として使われるので燃えるイメージはあります。しかし、実際に木を燃やすとなると酸素が必要ですし、木の水分が邪魔になり、燃えにくいのです。表面はすぐに黒くなりますが、中まで燃えることは珍しいと言われています。

家を建てるための木材は太さが10cm以上もある柱です。太い木は表面が燃えると炭の層ができて空気を遮るので、内側が燃えにくくなります。加えて無垢材は天然木を使用しているため、建てた後も調湿性を保てるのが特徴。中の水分が延焼を防ぐため火事の際も柱が残りやすく、逃げるのに十分な時間を稼げます。そのため、火事が心配なら無垢材を骨組みや柱に使うのがおすすめです。

杉も無垢材、集成材ともに燃えにくい素材です。近年、東京農工大学では杉の耐火集成材を開発し、大手メーカーでも杉を使った耐火集成木材を使用し始めました。また、耐火建築物で杉製材を用いているところも多いようです。このことからも、杉の耐火性能が高いことがうかがえます。杉は調湿作用も高いため、水分を中に溜めこみ燃えにくくなっているのも関係しているかもしれません。

ただし、集成材は接着剤が使われているため、日常生活での影響や燃えたときの懸念を考えると、無垢材を使うほうが良いでしょう。耐火性能を高めた集成材には劣るかもしれませんが、無垢材でも一定の耐火性能を実現できます。建てたい家の条件を考えながら、素材を選ぶようにしてください。

強度の高い檜は耐火建築物の屋根や構造体として使われることも多く、耐火性能は十分です。加えて無垢材なら調湿効果を持つため、建てた後に水分を取り込み、より燃えにくくなることも考えられます。集成材でも一定の強度と耐火性を実現できるのは大きなメリットといえるでしょう。

しかし、水分の含有率が多い木材が良いかと言われるとそうではありません。水分が多いと建ててから乾燥し、反りやひび割れの原因になります。そのため、建てる際は水分含有率が20%以下のものを選ぶことが大切です。檜で家を建てようと考えているなら、強度と調湿性、耐火性能を兼ね備えた木材を探しましょう。

珪藻土

他の素材よりも調湿性能に優れている珪藻土は、快適に暮らすために欠かせない建材です。不燃性で、その耐火性能から七輪やコンロの材料として使われているのが特徴。純粋な珪藻土は鉱物や土などからできているため、焦げるだけで燃えません。空気も含まれていため、熱も伝わりにくいといわれています。

気を付けてほしいのが、珪藻土を固めるために化学樹脂や接着剤などを使っていないか。少しでも含まれていると、火事になったとき有毒ガスが発生します。逃げる前にガスで意識を失ってしまうことも考えられるので、家を建てる際は注意しましょう。

漆喰

壁材に使われることが多い漆喰は、燃えにくい素材として知られています。建築基準法の中でも不燃材料として認められており、火が燃え広がりにくいのが特徴。混ざりものがほとんどない漆喰なら、燃えても有毒なガスを発生させにくく、二次被害を防げます。

火事の多い地域では貴重品を入れておく蔵や家の壁などを漆喰を塗った土壁にすることで、中の品物を守る役割を果たしていたとのこと。漆喰を塗った土蔵造りは大きな火事でも無事なことが多く、漆喰の耐火性能を裏付ける一因となっています。

まとめ

主要な自然素材について耐火性能をまとめたところ、自然素材だからといって火事になりやすいわけではなく、むしろ耐火性能は高いということがわかりました。家事の際も燃え広がりにくい、有毒ガスを発生しないという点では、化学合成素材よりも優れていると言えるでしょう。

家を建てるなら、耐震性や気密性、デザインはもちろん大事ですが、災害が起こった時の備えも万全にしておきたいもの。万が一のときもしっかり対処できる住宅に仕上げることが大切です。

ただ、素材は耐火性能だけでなく、こだわりたいポイントを吟味したうえで選ぶべき。理想の家を建てるためにも、自然素材のことを知って、住宅づくりに役立ててください。