自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 自然素材の家の塗装とは » アレスダイナミックトップ

アレスダイナミックトップ

アレスダイナミックトップの特徴

アレスダイナミックトップは、関西ペイント株式会社から販売されている塗料です。

特徴として付着力が高く、水回り付近や日陰など、従来塗装が難しいとされていた湿潤面への塗装ができます。水性塗料なので、臭気が少ないのも特徴です。人体や環境に配慮して作られています。

劣化の原因である物質「ラジカル」に着目して開発されており、「高性能シリコンレジン」で紫外線劣化を阻止。「UVトラップ」で紫外線を無害化します。「ラジカルバリヤコート」でラジカル発生を抑制、「HALSラジカルキャッチャー」で発生したラジカルを無害化と、4つの技術を駆使して紫外線から外壁を守ってくれるのがメリットです。

初期費用は若干高めになりますが、長い目で見るとコストを抑えられるでしょう。耐久年数が長く人体や地球環境にもやさしい、優秀な塗料です。

アレスダイナミックトップの機能

アレスダイナミックトップの機能を4つ見てみましょう。

湿潤面への塗装が可能

アレスダイナミックトップの特徴的な機能といえば「湿気に強い」という点です。独自の技術により高い吸着力を発揮し、別塗材「アレスダイナミックフィラー」「ダイナミック強化剤」と組み合わせることで、これまで難しいとされていた湿潤面への塗装を可能にしました。

外壁塗装の大敵といえば「雨」。作業中に雨が降ってしまうと、塗料が流されてしまったり外壁が乾くまで作業ができなかったりと、作業が中断されてしまうことも。国土交通省などでは「気温5度以下、湿度85%以上、結露等で乾燥が不適当」な場合は、塗装を行わないという施工管理も定められています。

この施工管理を無視して作業をしてしまうと「塗装の持ちが悪くなる」「塗装の機能が発揮できない」「きれいに塗装できない」など問題が発生。完成が遠のいてしまうでしょう。

その問題をクリアし、高湿度な環境や湿潤面への塗装も可能にしたのが、アレスダイナミックトップです。高い吸着力を持ったアレスダイナミックトップなら「梅雨時期の施工」「高湿度になりやすい場所」にも使用できます。悪天候による工期の遅延も防げるでしょう。

参照元:公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)
(https://www.mlit.go.jp/common/001281873.pdf)

塗装が長持ちする

外壁は、紫外線によって日々ダメージを受けています。紫外線が外壁に与える影響は「変色」「ワレ」「はがれ」「摩耗」「風化」などです。紫外線の攻撃を直接受ける外壁は、常に厳しい環境にさらされています。

塗装を長持ちさせるために着目されたのが「ラジカル」です。ラジカルとは、塗料の主成分である「酸化チタン」に紫外線が当たることで発生する物質のことを言います。ラジカルによって、塗膜が破壊され劣化が促進されるため、できる限り発生を防止しなければいけません。アレスダイナミックにはラジカルの発生を抑制する機能が備えられているため、紫外線から外壁を守り、塗装の維持が期待できます。

外壁は定期的に塗り替えが必要ですが、その期間を長くすることで、外壁の塗装にかかるトータルコストを抑えられるのがメリットです。

水性塗料で人と環境に優しい

塗料には「水性」と「油性」がありますが、アレスダイナミックトップは臭気の少ない水性塗料です。油性塗料を使用する場合、シンナーの強い臭いが気になりますが、水性塗料は希釈に水を使用するため、強い臭いを抑えられます。

化学物質の使用量が少ないことから、超低汚染で地球環境にも優しいともいわれているのがポイントです。

維持コストの低減

耐久性の高い塗料を使用することにより、長期的にみればコストの低減につながります。従来のウレタン樹脂塗料の場合、塗り替え周期は約8年です。一方、アレスダイナミックトップの塗り替え周期は15年。35年間で見ると、ウレタン樹脂塗料の場合4回塗り替える必要があるのに対して、アレスダイナミックトップは2回で済みます。

耐久性が高いということは、維持コストの低減にもなるのです。

アレスダイナミックトップの健康・建物・環境への影響

メリットだけでなく、どのような影響があるのかを把握しておくのも大切です。アレスダイナミックによる影響ついても、確認してみましょう。

健康への影響

アレスダイナミックトップは水性塗料です。水性塗料は水で薄めて使用するため、油性塗料と比較すると低刺激で、安全性が高いといわれています。

塗料の種類によって異なりますが、一般的な塗料の中には「イソプロピルアルコール」「メタノール」「シンナー」という有害物質が含まれているで注意しましょう。これらの有害物質は吐き気やめまい、頭痛など健康被害を及ぼす可能性があります。

アレスダイナミックトップは「VOC(揮発性有機化合物)」の含有率が少なく、低刺激な塗料であるといえる塗料です。施工中の臭気を抑えることができ、近所の方への臭い対策や臭いに敏感な方、ペットを飼っている方も使用できます。シックハウス症候群のような健康被害も防げるのがメリットです。

建物への影響

耐久性が高く、長期的な保護が可能なアレスダイナミックトップ。独自の技術で開発された塗料が、紫外線による劣化から外壁を守ります。

紫外線は、雨の日や曇りの日もなくなることはありません。オゾン層の破壊など地球環境の悪化により、年々紫外線は強くなっているといわれています。紫外線から守ることこそが外壁の劣化防止につながる以上、常に強い紫外線にさらされている状態は改善が必要です。

アレスダイナミックトップはテクノロジーを駆使した技術で開発された上塗により、大切な外壁を紫外線から守ってくれます。

湿度に強く、カビや藻が付着しにくいというのも魅力です。カビや藻は、外壁が劣化する原因となります。特に日の当たりにくい場所や水回りなどには要注意です。そのカビや藻の発生を防ぐことで、外壁のよい状態を持続します。

環境への影響

一般的な塗料に含まれる商品の中には、「VOC(揮発性有機化合物)」という人体や環境に悪影響を及ぼす成分が多く含まれているものもあります。VOCは大気に排出されると、光化学オキシダントや浮遊粒子状物質の起因となり、人体や動植物への悪影響が大きいといわれている物質です。

アレスダイナミックトップはVOCの含有率が少なく、環境に配慮して開発されています。油性塗料がシンナーで薄めて使われるのに対し、水性塗料は水で薄めて使用されるため、大気汚染の原因にはならないといわれています。

近年は、大気汚染や環境破壊への関心が高まっていることから、水性塗料が注目を浴びているようです。アレスダイナミックトップは、地球環境の保全のためにもおすすめできます。

参照元:アレスダイナミックTOP(https://www.kansai.co.jp/alesdynamic/top/index.html)