自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 耐震性

耐震性

無垢材住宅の耐震性はどうなの?

木造住宅は地震に弱いから心配だと思っていませんか?しかし、実は地盤と基礎を強くした木造住宅は、とても地震に強く、倒れにくいのです。ただし、どんな木材でも良いわけではなく、地震に強い家になるように選ぶ必要があります。

無垢材は圧縮強度が高く、地震に強い

木造はどうしても耐震性の低い建築物だと思われがちですが、自然素材を活かして建てられている法隆寺「五重塔」は1400年もの歴史を持っていますし、寺院や神社など、多くの木造建築物が崩壊することなく何百年も維持されています。

無垢材は、調湿作用があり、常に湿度を一定に保ってくれます。そのため、木材がかびる、腐敗するという心配もなく、耐久性の高い素材となっています。さらに、無垢材は軽いという特徴があるうえ、圧縮強度が高く、曲げや引っ張り強度がコンクリート以上だと言われています。そのため、非常に耐震性の高い建材なのです。

地震に対する準備は必須

最近では、耐震性の高い建築物が増えましたが、それは1981年に新耐震基準が設けられたから。それ以前の建物は既存不適格建築物とされており、阪神大震災では全壊・半壊した家屋の95%ほどがそれに当てはまったそうです。そのため、多くの人が自宅の崩壊によって亡くなったのです。そんな事実があるからこそ、今では多くの人が「耐震」について高い関心を持っているのでしょう。

「耐震等級」でより地震に強い家に

建築基準法でも耐震基準が設けられていますが、それと耐震等級の「等級1」が同じとなっています。これは「数百年に一度発生する地震の地震力に対して倒壊、崩壊等しない程度」と定められています。(数百年に一度の地震とは、東京では震度6強~7くらい)等級2はさらに1.25倍、等級3は1.5倍となっています。

建物の倒壊を防ぐ工夫

この耐震等級における評価基準とは、主には「耐力壁」の量。つまり、木造の家を建てる際に、壁に「筋交い」や「たすき掛け」と呼ばれる木材を入れるのです。つっかえ棒のように、斜めに部材を設置することで、建物の倒壊を防ぐ働きを持たせます。こうした工夫によって、木造建築物をより一層地震に強くすることができます。

耐震等級とは関係ありませんが、接合部にステンレス製のボルトなどを使用することで、より強くすることもできます。ただ、金属を使用していない木材同士だけの部分も熱伝導率の差がなく、結露やサビの心配がないため、劣化せずに経年とともに強度が増していきます。そのため、木造は他の建築物と比較しても、強度の高い建築物と言えるのです。

建物以外の耐震への配慮

家に限らず、土台が不安定な上に、どんなに強度の高いものを乗せても不安定ですよね。建築物においてもそれが当てはまります。地盤や基礎の強さは、家の強さに密に関係してきます。地盤調査で地耐力を確認し、地盤改良をしっかりと行いましょう。

新しい技術を取り入れるのも大切ですが、歴史のある、長年培ってきた従来の方法も検討しつつ、できる限り地震に対して強くなる工法を採用することが大切です。
無垢材に関しては、事前にしっかりと乾燥させたものを使用することで、より強度が高まり、安心して暮らせる耐震性の高い住宅にすることができます。

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る