自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 無垢の家 » 無垢材の種類

無垢材の種類

無垢材が活躍する場所は、それこそ家屋全体と言っても良いほど。価格帯は木の種類や部位によって差があり、使う場所を選ぶことによってコストダウンが図れます。

そんな無垢材にはどんな種類があるのか、調査しました。

住宅建築で使われる無垢材の種類

広葉樹や針葉樹といった分け方がポピュラーです。それぞれの特徴をまとめました。

広葉樹

針葉樹

住宅建築で使われる無垢材の産地

無垢材は世界中で産出されていて、地域の環境によって強度や材質が大きく変わるものもあり、環境が変わることで本来持っている特徴が生かされないこともあります。

国産無垢材の特徴

国産の無垢材は輸入材と比べると、年輪が狭く見た目が美しいのが特徴です。建材に使われるものは木目がまっすぐな木材が多く、その分変形リスクが少ないとも言われます。

流通量が少ないことがデメリットで、その原因は狭い土地で育つこと。径が小さな木や曲がって伸びてしまう木材が多く、建材に適さないことからまっすぐで太い木材は入手困難です。

また、芯の割合が高く、外側と内側では乾燥度合いが異なるのも扱いにくい点。大切な木材を適切な方法で乾燥させる技は、日本国内の業者だからこそできるものなのかもしれません。

せっかくの美しい木材なので、加工にはそれなりの技術が必要なのもポイントです。その分の技術料もあるので、どうしても価格が高くなってしまいます。

その風土で育った木材である

四季の変化が美しい日本は、その分気温や湿度の差が激しいことが家造りのポイントでもあり、使う材木選びに気を使うところ。国産の無垢材を選ぶなら、気温差や湿度差といったポイントをクリアできる家造りが可能でしょう。

外国産無垢材の特徴

輸入材とも言われている外国産木材。国産に比べて流通量の多さが特徴のひとつです。

産地のほとんどは北米や東南アジア、ヨーロッパといった森林の多い国。比較的安価に手に入るため、同じような材質で建材を揃えやすいのがメリットでしょう。

風土に合わず腐敗する場合がある

産地によっては日本の環境と大きくかけ離れたところがあります。湿度の違いに対応できず、腐敗してしまう木材もあります。安価だからといって採用するのはとても危険。輸入経路をたどれる書類(産地証明)ほかを確認し、できるだけ日本と似たような産地の木材を選びましょう。

使用されている薬剤にも注意が必要

輸入木材で気にしたいポイントはほかにもあります。それは「どんな薬剤が使われているか」というところです。

なぜ薬剤を使用するのかというと、木材を運搬する経路の長さにあります。木材は海路で輸入されるため、その間に腐敗しないように防腐剤が使われている可能性があります。しかし防腐剤の使用は国によってスタンスが違うため、産地を確認するのをおすすめします。

また、木材に寄生する害虫から守るために防虫剤を散布する国があります。さらに輸入される時点で検疫を受け、その際に消毒剤が使用されているため、材木店に届く時点でかなりの薬剤が散布されていると言えるでしょう。

それらの薬剤から考えられる心配はシックハウス症候群や薬剤アレルギーが挙げられます。過敏な人にとってはかなりの問題なので、住まわれる方の健康状態も考慮して選ぶと良いかもしれません。

無垢材の種類や産地は大切な情報

一口に無垢材といっても数多くの種類と産地があり、それぞれに特性や特徴があります。もちろんその安全性については使う側(材木店や工務店、ハウスメーカーなど)がしっかり吟味しているのがほとんどです。

その特徴や特性を活かした使い分けで、コストパフォーマンスの高い木材選びができます。工務店と相談しながら、納得できる家を造りましょう。