自然素材の家について、すべての情報を紹介

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » 快適な家をつくるポイント

快適な家をつくるポイント

快適な家をつくるポイントを解説

マイホームを建てるなら、なるべく快適な家にしたいもの。しかし、家づくりでは重視すべきポイントが多く、優先すべき事項がわからなくなることがあります。ここでは快適な家にするためのポイント、快適ではないと感じるポイントを踏まえて、住み心地の良い家をつくるために重要なことをまとめています。家を建てた方が失敗したと感じるポイントも紹介しているので、参考にしてみてください。

快適な家とは

快適と感じるポイントは人それぞれなので、基本は住む人がリラックスして過ごせる住まいこそが、快適な家といえます。そこで、快適と感じるポイント、快適ではないと感じるポイントをリサーチしてみました。どんなことを快適と感じているのか、いろいろな方の意見を見ていきましょう。

快適と感じるポイント

快適と感じるポイントは、高断熱・高気密のほかに防音や家の耐久性などが挙げられています。過ごしやすい温度に保たれていることや、音漏れがないこと、ニオイがこもらないことなどは、家の素材によって大きく異なるもの。素材選びからこだわることで、快適な家を建てられる可能性が上がります。杉や檜といった無垢材、漆喰などは消臭や調湿などの効果を得られるので、家の機能性を重視するなら自然素材を使ってみても良いでしょう。

また、実際に住んだときに重要になる家事導線や広さ、収納なども快適に感じるポイントの1つとして考える方が多いようです。家事導線は設計や家具の置き方によって大きく左右されるので、建築前に施工会社とじっくり打ち合わせしたり、モデルハウスで家具を置く場所をチェックしたりすることをおすすめします。

快適ではないと感じるポイント

過ごしやすさに関係する熱さ・寒さや風通しなどは多くの方が快適ではないと感じるポイントです。特に冬場の寒さはヒートショックを引き起こしやすく、命に関わります。間取りや設計も、天井が高すぎたり棚の位置が高かったりと建ててから気づくことも多く、改善しにくい点といえます。ニオイや防音に関しては後から対策することもできますが、住みにくさを感じることは否めません。

失敗したと感じるポイント

家を建てたあと、どんなところで失敗したと感じるのでしょうか。実際に家を建てた方の声から、不便な点や失敗談を紹介していきます。

まとめ

快適な家を建てるためには、断熱性や気密性といった家の性能のほか、間取りや家事導線にも目を向けないといけません。たとえば洗濯機は1階なのに干す場所は2階だと、毎回洗濯物を運ぶ手間がかかります。できるだけ過ごしやすく、リラックスできる家をつくるためにも、自分が快適と感じるポイントを建築会社と相談したうえで施工してもらいましょう。