自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 自然素材の家を建てる魅力とは » 埼玉県・飯能市で建てられた自然素材の家特集

埼玉県・飯能市で建てられた自然素材の家特集

埼玉県飯能市で自然素材を使った家の施工事例を紹介しています。木の良さと技術を活かしたデザイン性にも注目です。

事例1:光を存分に取り入れた開放感のある家

開口部を複数設け、光をふんだんに取り入れる設計になっています。外光が木材に反射し、あたたかみと開放感を両立した空間に。アクセントのクロスは木肌の美しさを際立たせる色選びがされています。全体のデザインも木の質感を活かして、やわらかな印象で統一。シンプルに見えて、実は細部までこだわり抜かれた、飯能市の自然素材住宅です。

飯能市の自然素材の家

画像引用元:石田工務店公式サイト(https://ishidakoumuten.net/custom/3008/)

事例2:モダンな色遣いが空間を引き締める家

檜無垢を内装に使用した住宅。キッチン・リビング・和室と、異なる機能の空間が違和感なく連なっており、広々とした印象を与えます。キッチン壁の黒ストライプはリビングのアクセントになりつつ、家全体の雰囲気を引き締める効果も発揮。木材を多く使った自然素材住宅ながら、モダンな印象に仕上がっているのはデザイナーさんの高い技術力あってのことでしょう。木材の可能性を感じさせてくれる住宅です。

飯能市の自然素材の家2

画像引用元:石田工務店公式サイト(https://ishidakoumuten.net/review/4118/)

飯能市の住みやすさ

豊かな自然が住民の心を落ち着かせる町

飯能市は豊富な自然に囲まれていることで知られています。飯能市が打ち出している市のコンセプトは「水と緑の交流拠点 森林文化都市はんのう」。緑の豊かさがうかがえるキャッチコピーですね。

実際に、飯能市の北西側には伊豆ヶ岳が、西側には秩父多摩甲斐国立公園が広がっており、緑に囲まれた町だと言えます。山間部ではキャンプや川遊び、釣りなども可能。「自然の中で子どもを育てたい!」と考えるファミリーが住むにはうってつけの町です。

駅周辺には商業施設が多数

緑に囲まれた飯能市ですが、駅周辺には暮らしに便利な商業施設も揃っています。飯能駅の駅ビル「PePe」にはテナントでユニクロ、ダイソー、ABCマート、スターバックス、くまざわ書店などが入居。都心部に出るまでもなく、さまざまな生活用品が入手可能です。駅に直結したボウリング場「スポルト」は地域住民の憩いの場となっています。

駅北口側は商店が立ち並ぶエリア。「飯能ぎんざ商店街」へ通じているのも駅北口側です。商店街には地元密着型のカラオケやバー、居酒屋などがあります。

都心部・池袋まで1時間ほどかかるアクセスが飯能市のネックと言われていますが、暮らしていくのには充分な商業施設があるようです。

住宅街は閑静な雰囲気

飯能駅の南側は閑静な住宅街。入間川が流れ、住む人が心穏やかに過ごせる環境です。美杉台ニュータウンのあたりまで来ると、スーパーやドラッグストアがあります。急ぎで必要なものはここで入手可能です。

オーナーの声

飯能市の補助金制度

家を建てたい場合は費用負担を少しでも抑えるために、補助金制度を確かめるようにしましょう。全国区で適応されるものだけでなく、その市独自の制度を整備している場合もあるので要チェックです。ここでは、飯能市で家を建てる時に知っておくべき補助金制度を紹介します。

飯能市の「住まい」に関わる補助金制度

飯能市には、住まいに関する診断や工事に適応される補助金制度がいくつかあります。

中でも、「飯能住まい事業補助金」は、定住のために市外から飯能市へ転入してきた方を対象に交付される補助金で、基本額のほか「市外からの転入か」「子育て世帯か」といった条件に応じて加算された額が支給されます。「飯能住まい」制度については、飯能市での子育てや交通アクセス、住宅建築についての情報をまとめた特設サイトも。制度についてわかりやすく解説されているので、飯能市への移住を伴う住宅建設を検討している方は是非チェックしてみてください。

申請の注意点について

飯能住まいの制度に則って住宅を建て、定住を目的とする移住をする場合にのみ適応されます。その他にも、

ことが条件となります。

基本額として10万円、転入者加算や年齢加算、子育て世帯加算などいくつかの加算例があり、補助の上限額は100万円。交付申請の期限は「飯能住まい」制度を利用して建てた住宅に住所を置いた翌日から90日以内です。

飯能市の評価や口コミ

ここでは、飯能市の子育て環境や治安、利便性についての口コミを紹介します。

子育てに関する口コミ

大人も子どもも、のびのびと身体を動かせる

穏やかな空気の流れる町でありながら、都心へもそう苦労なく出かけられます。また、サッカーやテニスなどができる運動公園があったり、ハイキング・登山が楽しめたり、大人はもちろん、子どもものびのびと遊べる場所があるのがお気に入りポイントです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/saitama/hanno/review/)

個人病院の数に心強さを感じる

個人運営の病院が多く、子育てに関する相談にも親身になって対応してもらえたり、予防接種についても種類や接種時期を踏まえて教えてくれたりしました。子育て世帯として助かっています。病院の数が多いのは心強いです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/saitama/hanno/review/)

治安に関する口コミ

駅から離れると、夜道が暗くなるエリアも

アウトドアには事欠かない自然豊かな町ですが、駅から離れると街灯の数が減っていくのが少々不安なポイントではあります。コンビニのような夜中まで明るいお店も少ないため、帰り道が暗い場合がありました。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/saitama/hanno/review/security/)

田舎の風情が感じられる

自然いっぱいで、川遊びやバーベキューにもぴったり。良くも悪くも田舎の空気が流れており、駅近辺から離れていくほど落ち着いていきます。買い物に少々不便を感じる場合もあるかもしれません。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/saitama/hanno/review/security/)

利便性に関する口コミ

都心部と程よい距離をとれる

八高線、西武池袋線が通っており、秩父までも1本で行けます。始発なので座れる可能性も高く、ちょっとお得に感じています。都心部からある程度距離があり落ち着いた町ではありますが、東京へも気軽に足を延ばせる、不便でないくらいの利便性がちょうどいいです。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/saitama/hanno/review/)

池袋、立川へもアクセスしやすい

池袋まで45分と、思いのほか都心に近い立地が魅力だと思っています。西武池袋線だけでなくJRも走っているので、立川へもアクセス良好です。
参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/saitama/hanno/review/)

通勤通学でのメリットも

西武池袋線の終点なので、個人的には通勤通学のメリットが大きいと感じます。急行でも特急でも始発で乗れるので、都市部へのアクセスについて不満はありません。自然が多くのどかな土地なので、刺激に欠ける面はありますが、喧噪を離れて落ち着いて過ごしたい人には向いているエリアだと思います。
参照元:Rooch(https://blog.ieagent.jp/eria/hannou-sumiyasusa-113758)

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る

サイト運営

家づくり55年

石田工務店

石田工務店キャプチャ

私たち石田工務店は、檜を中心とする国産無垢材を取り入れた家づくりを得意としています。ここ数年、自然素材の家の人気が高まっていることを受け、住宅を検討している方が正しい情報をもとに判断できるように、サイトを通して情報提供をしています。家づくりに関するご相談は、お気軽にお問合せください。