自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 椹(さわら)の家 » 椹のメリット・デメリット

椹のメリット・デメリット

色味が薄くさっぱりとした印象を与えてくれる椹。その色味と同様にクセのない木材のもつ特徴を活かした加工品などでも使用される機会が多いです。ここでは、椹のメリットとデメリットを紹介していきます。

椹の家のメリットとは?

爽やかな色合い

椹はクセのない木材として有名で、さっぱりしていることから、水周り、浴槽、風呂桶などに利用されていました。

ヒノキの風呂桶が有名ですが、それに比べると値段も手頃なのが魅力。木材もアッサリした印象の色合いなので、室内に利用することで、さっぱりとした爽やかな印象を与えることができます。

水に強い

耐湿性があり、酸類などの腐食にも強い木材として知られている椹。ヒノキよりも成長が早いけれど、小さく軽いので強度を必要とする柱などには不向きだといわれています。

椹の特徴を活かし、最近では浴室内んどに活用されることが多くなっています。浴室内は、湿気などで天井がカビが生えてしまうことが多いため、あえて椹を浴室内の天井にすることで、そのダメージを防ぐ住宅のアイデアで活かされています。

ピシフェリン酸を含む

椹には食品の酸化による腐敗を防ぐピシフェリン酸という強い抗酸化物質が含まれています。このピシフェリン酸類は、室内に生息し喘息やアトピーを引き起こすもとになる塵ダニ類の繁殖も抑えることができると証明されています。

アレルギー体質の家族のために自然素材を活用し、体の負担を抑えるなどの目的で利用することもできます。

椹の家のデメリットとは?

強度がない

高級木材といわれるヒノキの代替とされる椹ですが、ヒノキほどの強度はないといわれています。そのため住宅建築で、柱や梁などののように大胆に使用するには不向きと言われています。

そのかわり、軽くてやわらかく加工がしやすいことがポイントとなるため、家づくりでは欠かせない木材とされています。

樹脂によるしみが出やすい

椹は、水、湿気に耐えることができる木材として注目されていますが、樹脂によるしみが出やすい欠点があります。加工時にきちんとした対策を行えば問題ありません。

心材はくすんだ黄褐色、紅色をおびた黄褐色です。おひつなどでも使用されることがありますが、しみが出やすいため、使用と共に、白っぱい色味から味のある色味に変わっていきます。

水に強く高級な強度のある木材

ヒノキ風呂などとして浴槽として活用さえるヒノキは、水に強く高級な強度のある木材として知られていますが、一般ではなかなか手に入れることができないことも。

そのヒノキの代用品としても使用されることの多い椹は、水周り、浴槽、風呂桶などに利用されることが多く人気の木材です。椹の木は水に強く、湿気にも強いため、浴室周りには大活躍します。

また、加工もしやすいため、フローリングに使用することも容易で、住宅建築でもさまざまな場所で椹を活用することができます。ただし、強度はないため、家の柱のような支える木材としては、使用しないほうがよいでしょう。