自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家とは » 住宅におけるSDGsの取り組み

住宅におけるSDGsの取り組み

住宅に関わるSDGs

SDGsはすべての人類に関わるものであり、政府や大企業だけが取り組む目標ではありません。住宅をつくる・住む人にも関連しており、特に以下のゴールは住宅に深く関わっているといえるでしょう。

たとえば、住宅建築において環境問題への取り組みは欠かせません。CO2排出量の削減や森を守る取り組みなどが挙げられます。また、人々が健康的に暮らすために、アレルギーなどを発症しにくい自然素材の家を選ぶこともSDGsに貢献していると考えられます。ゴール12にある「つくる責任 つかう責任」は家づくりを行う人にも関連しており、環境や健康に配慮した家を選ぶことが大切です。

参考:外務省HP「JAPAN SDGs Action Platform」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html)

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ/ Sustainable Development Goals)とは、「持続可能な開発目標」のこと。2015年9月に開催された国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されており、SDGsは17のゴールと169のターゲットから構成されています。

SDGsはより良い世界を目指すためにつくられた目標であり、その取り組みが持続可能であることを前提としています。

また、SDGsでは地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っており、先進国も途上国も含めた人類すべてが公平で幸せに暮らせる世界をつくることを意味しています。

SDGsの前身はMDGs

SDGsには17のゴールがありますが、ゴール1~6は旧来のMDGs(ミレニアム開発目標)に関わるものです。
MDGsは2000年9月の国連ミレニアム・サミットで採択されており、発展途上国の社会課題解決を目指す内容がメインでした。しかし気候変動や格差拡大は途上国だけの問題ではないことから、発展国も含めたすべての国が地球を守るための目標としてSDGsが採択されました。

SDGsの17のゴールとは?

ゴール1~6(MDGsに関連)

ゴール7~11(豊かさに関連)

ゴール12~15(環境や地球に関連)

ゴール16、17(平和やパートナーシップ)

住宅業界のSDGs導入の動き

SDGsへの取り組みはすでに住宅業界でも始まっています。SDGsには「住宅メーカーはこう取り組まねばならない」というルールは決まっていないため、SDGsへの取り組み状況や内容は工務店やメーカーによって異なります。

たとえば自然素材の家で健康に配慮した家づくりを行ったり、ZEH住宅によって環境問題へ貢献したリ。地震に強い家づくりを行うことも「⑪住み続けられるまちづくりを」に関連していると考えられるでしょう。
なお、SDGsへの取り組みを公式HPなどで積極的に発信しているメーカーや工務店もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

工務店・ハウスメーカーがSDGsに取り組むことによる施主へのメリットは?

SDGsに取り組む工務店やメーカーで家を建てることは、「施主自身もSDGsに貢献できる」「快適な暮らしを実現できる」などのメリットがあります。 たとえば工務店やメーカーは、SDGsへの取り組みとして自然素材の家やZEH住宅などを導入しています。自然素材の家はシックハウス症候群などのリスクを減らせますし、ZEH住宅は光熱費削減などにもつながります。SDGsに取り組む工務店やメーカーを選ぶことで、施主自身も大きなメリットを得られるでしょう。