自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » LCCM住宅

LCCM住宅

LCCM住宅(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)について、名前は聞いたことあってもどのような住宅なのか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。ここではLCCM住宅についての紹介やメリット・デメリット、対象となる補助金・減税制度などについて解説していきます。

LCCM住宅とは

LCCM住宅は建築から廃棄に至るまで、住まいの一生においてCO2の収支をマイナスにすることを目指す住宅のことです。国の重要政策課題のひとつに地球温暖化があります。中でも住宅建設時に発生するエネルギー消費量は多く、これまでにいくつもの省エネ対策や省CO2対策を行ってきました。そんなこれまでの政策をさらに強化した対策として推進されているのがLCCM住宅となります。

具体的には、高性能断熱材や家庭用蓄電池、高効率給湯器、太陽光発電システムなどを使用することなどが挙げられます。長寿命であり、かつ一層のCO2削減を目標とした住宅として最終的にたどり着く目標が「LCCM住宅」ということです。

LCCM住宅の実現に向けた取り組み

LCCM住宅とは「ライフサイクル全体を通じてCO2排出量をマイナスにする住宅・建築物」になります。住宅のライフサイクルとは、住宅の建設段階から実際に居住している段階、廃棄段階まですべての段階を含んだ住宅の生涯ということです。

ZEH住宅と似ているようですが、対象となる期間や削減を目指す対象に違いがあります。ZEH住宅は「居住中」のCO2削減を目的としていますが、LCCM住宅では「建築・運用・廃業時」のCO2排出量にも配慮しています。

国で行っている取り組み

国では2050年のカーボンニュートラル実現に向け、経済産業省・国土交通省・環境省が連携して住宅の省エネ・省CO2対策に取り組んでいきます。LCCM住宅は、ZEH住宅を超えるエコ住宅として国が推進している事業です。政策の一部として、LCCM住宅建設によって補助金が受け取れる支援事業も実施されています。

LCCM住宅の認定基準

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)とは、建築物の環境性能で評価して格付けする手法のこと。建築物の環境に対するさまざまな側面を客観的に評価するという目的を持っていて、戸建住宅自体の環境品質と戸建住宅が外部に与える環境負荷の2つに分けて評価しています。

ライフサイクルCO2ランクとは、ライフサイクルを通したCO2の排出率によって決められたランクのこと。「☆」の数でランク付けをおこなっています。

LCCM住宅のメリットデメリット

メリット

LCCM住宅は、高性能断熱材や気密性が高い材料を使用して建てられた住宅のため、非常に断熱性が高いです。そのため、少ないエネルギーで夏は涼しく冬は暖かく一年中快適な住まいを実現。冬でも室内の温度を暖かく保つため、急激な温度変化によっておこるヒートショック対策としても有効です。

一年中快適ということは、冷暖房などを使用する頻度が減るということ。光熱費の節約にもつながるでしょう。また、LCCM住宅は建築から廃棄に至るまでのCO2収支をマイナスに抑えるため、人にも環境にも優しい住まいと言えます。

デメリット

デメリットは、初期費用が高額だということ。LCCM住宅では、CO2削減のために太陽光システムや高性能断熱材などさまざまな設備を導入する必要があります。そのため、どうしても一般的な住宅より初期費用が高くなってしまいます。ただし毎月の光熱費が安くなることや補助金を受け取れることを考えれば、長期的に見ればプラスになるでしょう。

また、LCCM住宅は近年になって推進され始めた住宅です。そのため、対応できる工務店や建設会社はまだ多くありません。地域によっては対応可能な会社が見つからない可能性があります。

対象となる補助金・減税制度・優遇など

LCCM住宅を補助するための支援制度には以下のようなものがあります。

LCCM住宅整備推進事業

国土交通省による支援制度です。住宅の脱炭素化を推進するために先導的な脱炭素化住宅であるLCCM住宅の整備に対して支援を行います。2050年のカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みとなります。建設・居住・修繕・更新・解体の各段階を通じたCO2排出量が、太陽光発電によるCO2削減量を下回ることを指定のツールを用いて評価し、基準が0以下の住宅が対象です。

主な要件

参照元:【PDF】ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス推進に向けた取り組み(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001474252.pdf)