自然素材の家について、すべての情報を紹介sponsored by 石田工務店

自然素材の家を建てる!TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 自然素材の家に関するQ&A » ナチュラルインテリアとは

ナチュラルインテリアとは

ナチュラルインテリアとは

ナチュラルインテリアとは、無垢材などの自然素材を活かしたシンプルなインテリアのこと。木の温かみなどの素材の持ち味を大切にし、華美な加工や過剰な装飾は行わないのがポイントです。
素朴で温かみがあり、明るくリラックスできる空間をつくれるのナチュラルインテリアの魅力。飽きのこないデザインのため、何年経っても心地よい空間を演出してくれます。

ただ自然素材を活かしたデザインとはいえ、ホワイトの壁に木製の家具、シンプルな装飾をすればおしゃれに見えるとは限りません。おしゃれなナチュラルインテリアを実現するにはセンスが問われるため、ナチュラルインテリアにするコツをチェックしておきましょう。

ナチュラルインテリアにするコツ

アースカラーでまとめる

アースカラーとは地球上にある大地や植物、海などの自然をイメージした色のこと。ホワイトやアイボリー、ベージュ、ブラウン、グレーやグリーン、テラコッタなどがあります。パステルカラーやビビッドカラーのような明るさはないものの、落ち着いた暗めのトーンが心地よい空間を演出してくれます。

とくに天井や壁などの面積が広い部分はアースカラーで統一するのがおすすめ。また、いくらアースカラーだからといって複数色を空間に詰め込んでしまうと、落ち着かない空間になってしまいます。ホワイトとベージュを基調にアクセントカラーを一色プラスするなど、3色程度を目安にテーマカラーを決めることでまとまりが生まれます。

無垢材の家具を置く

無垢材はナチュラルインテリアにぴったりの素材です。木が本来もつ温かみや質感を活かせるため、ぜひ無垢材の家具を取り入れましょう。
無垢材にはさまざまな種類がありますが、ウォールナットやブナ、ナラ(オーク)、マツ(パイン材)など無垢材の木目や色合いによって空間に与える印象が異なります。そのため、好みのテイストに合った無垢材を選びましょう。

使う木材は3種類までにする

床や柱などを含め、空間に使用する木材は3種類までに抑えましょう。無垢材などの自然素材でも、複数種類を取り入れるとまとまりのない空間になってしまいます。「床や柱、梁、ダイニングテーブル、シェルフなどに使用する木材は多くても3種類までにする」と覚えておきましょう。

ファブリック製品は木綿や麻がおすすめ

カーテンやソファ、クッション、ラグなどのファブリック製品は、木綿や麻などの天然素材がおすすめ。ナチュラルインテリアの自然な雰囲気とマッチするため、空間に一体感が生まれます。とくに面積の広いカーテンやラグなどは、鮮やかな色よりも落ち着いたアースカラーを選ぶと良いでしょう。

過剰な装飾はしない

小物などで空間を過剰に装飾してしまうとごちゃごちゃした印象に。リラックスできる空間どころか落ち着かなくなってしまうため、ナチュラルインテリアの装飾はシンプルを心がけましょう。あえてスペースを残すような装飾がおしゃれに魅せるポイントです。

生活感を出さないよう、収納を充実させる

ナチュラルインテリアでは生活感が出てしまうとおしゃれな空間とは程遠くなってしまいます。プリントや文房具、日用品や衣類などは見えないように収納し、片付けておきましょう。

シンプルな空間をキープするコツは、物の収納場所を決めること。使うときにストレスなく取り出せるよう、収納場所を工夫しましょう。なお、収納グッズなどを増やすと空間が圧迫されてしまうため、ナチュラルインテリアにしたい場合は十分な収納スペースを確保しておくことをおすすめします。

無垢材で実現するナチュラルインテリア

ナチュラルインテリアには床や天井、吹き抜け、家具などに無垢材を使用するのがおすすめ。なお、無垢材の種類によって空間に与える印象が異なります。

ナチュラルインテリアにおすすめ!北欧デザイン家具

ナチュラルインテリアと並んで人気が高いのが北欧デザイン。ナチュラルインテリアと北欧デザインは相性が良く、上手く取り入れることでセンスの良い空間を実現できます。

北欧デザインは、ホワイトを基調とした空間にアクセントカラーの鮮やかな色と遊び心のあるデザインが特徴。ナチュラルインテリアに北欧デザインを取り入れるときはホワイトやベージュ、ライトグレーといった明るめのアースカラーを基調とし、アクセントカラーは全体の1割程度に抑えましょう。

北欧デザインにはソファや椅子、ダイニングテーブルや装飾品などさまざまなものがありますが、コーディネイトに自信がないときは椅子やクッションから挑戦してみると良いでしょう。

外観からこだわる!ナチュラルな家とは

ナチュラルテイストを内装だけではなく外観にも取り入れるのがおすすめです。たとえば無垢材を使用したドアや外壁、漆喰の外壁など。ホワイトやベージュなどの明るい色味にすることで、よりナチュラルな雰囲気を演出できるでしょう。また、植栽にもこだわるとナチュラルでおしゃれな外観になりますよ。