自然素材の家について、すべての情報を紹介

TOP » 正しい知識で自然素材の家をつくろう » 国産材と輸入材の違い

国産材と輸入材の違い

国産材と輸入材はどう違うの?

国産材と輸入材

木材には、国産材と輸入材があります。国産だから品質が良く、輸入材だから劣っているということはありません。それぞれメリットもあれば、デメリットもありますので、それを把握したうえで、目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。

輸入材の特徴

輸入材の一番の良さは流通の多さにあります。随分国産材も流通が増えつつありますが、全体の8割は北米や東南アジア、ヨーロッパなどからの輸入材です。流通が多いということは、安価で手に入りやすいため、欲しいときにすぐに確保できるという大きなメリットがあります。

外国の広大かつ温暖な気候ですくすくと育った輸入材は、数が多いために流通量も多いのですが、大きく育つために年輪も大きくなります。年輪が大きい場合、乾燥によって変形してしまうリスクが大きくなってしまいます。

日本の風土と合わず腐敗することも

すべての輸入材が当てはまるわけではありませんが、日本の風土の中で育ったわけではない輸入材は、日本の風土と合わずに腐敗しやすい(湿度が高いため)ものも多く、シロアリには弱い傾向があります。そのため、長く住むことを考えると、国産材より耐久性が低い可能性がでてしまいます。

また、大きな問題となるのが、薬剤による健康被害のリスクです。輸入材を運ぶ際には、船で時間をかけて輸送する必要があるので、その際に腐敗や傷みが起こらないように防腐剤が施されている可能性が。また、輸入の際に消毒処理が行われます。しかし、それに関しては、公表する義務はありません。そのため、確認のしようがないのです。それが一番のデメリットかもしれません。


国産材の特徴

国産材は、流通している木材の約2割程度しかありません。なかなか入手しづらいということです。日本の狭い土地で育つ樹木は、径が小さめの原木や曲がりの多い樹木が多く、必要な寸法を満たした木材を入手するのが難しいのです。

建材として使用するためには、しっかり乾燥させるなどの手間をかけなければいけないので、とても大変なのです。この流通の少なさが国産材の一番のデメリットと言えます。

耐久性が高く、寿命が長い

メリットとして挙げられるのは、国産材は日本の気候風土ですくすくと育った樹木ですので、建材として使用するにも日本の風土に合っている点です。風土に合っているということは、耐久性が高く、家の寿命が延びますので、安心して暮らすことができます。

また、国産の無垢材を採用する場合、メーカーによっては使用する樹木を実際に見に行くプランを提供していることも。国産材であるからこそ、どこで育った原木かを知っておけば、自分の家で使われている木材の故郷に足を運ぶこともできるのです。とても魅力的ですよね。
国産材であれば、木材を使用する際に薬剤を使用する必要もないため、健康へのリスクもなく、小さい子どもにも安全で快適な家となります。

5つの素材の魅力を分析!
自然素材の家を詳しく見る